筋萎縮性側索硬化症は、運動ニューロンが選択的に障害される予後不良の神経変性疾患です。筋萎縮性側索硬化症は、上位・下位の両運動ニューロンが系統的に障害される進行性の変性疾患です。発症は40〜50歳代に多く、男女比は2:1でやや男性に多い。ALS患者は現在全国に8000〜8500人存在すると考えられ、年間発症率は人口10万人辺り一人程度です。ほとんどは弧発性ですが、5〜10%は常染色体優性遺伝形式をとります。またグアム島、紀伊半島などALS患者が多発した地域が知られていますが、最近は以前ほどの傾向は認められません。原因は不明ですが、近年グルタミン酸、フリーラジカルなどによる神経毒性が病態に関わっていることを示唆する知見が増えつつあります。

四肢の麻痺は、通常一側の手指筋から始まり、他側上肢、下肢へと進行する場合が多いですが、四肢遠位筋から運動型のポリニューロパチー用の進行様式をとるものもあります。咬筋、顔面筋群麻痺による咬合、租借不全、さらに咽頭喉筋、舌(球筋群)の麻痺によって、講語、発声障害、嚥下障害が出現します(球麻痺)。こうした進行は週〜月単位で増悪し、通常発作から3〜5年で全身の随意運動筋群が麻痺し、自発呼吸が不可能となります。発症部位によって上肢型、下肢型、球麻痺型に分けられますが、球麻痺型には特に進行の速いタイプがあるので注意が必要です。一方、外眼筋は末期まで障害を免れることがALSの特徴です。

漢方では、病気の進行と共に裏寒虚証・気血両虚の症候が現われます。この場合気血双補の基本処方が効果的です。また、鹿茸などの補陽薬を併用すると病気の進行が遅れる傾向が見られます。これは、たんぱく合成系刺激作用や神経伝道物質のノルアドレナリンの増強作用が関係しているためです。

運動神経が選択的、変性消失していく原因不明の進行性の疾患です。主に中年以降に発症し、男女の比は約2:1で男性に多い病気です。

症 状

筋萎縮と筋力低下が主体で、進行すると肩、腕、手の機能障害、飲み込みの障害、呼吸障害などが生じます。

一般に感覚障害や排尿障害、眼球の運動障害は見られません。

発症の形によって次の3型

@肩や腕(上肢)の筋萎縮と筋力低下が主体で、足はけいれんを示す上肢型(普通型)
A言語障害、嚥下(飲み込み)障害などが主体となる球型(進行性麻痺)
B下半身、足から発症し、足の腱反射の低下や消失が早期から見られる下肢型

中医学では、

「気虚」=気とは身体の臓器や機関を動かすエネルギー

気を補い、血液の流れを良くする活血化於、骨や筋肉の力を補う補腎

れらの働きのある生薬を組み合わせる、

食べ物などの飲み込みがうまくできない場合や痰が多い場合などは、喉や消化器の働き
を高める薬を加えます。

足の筋力が弱り、力が弱ってくるような場合は、下半身の骨や筋肉を補う薬を加えます。

中医学では根本的な原因を考え、内臓のバランスを整え、機能を高める
この病気は難病です、漢方薬の服用によって、発病以前の状態に戻ることはなかなか難しい。
しかし、つらい症状を改善したり、病気の進行を遅らせたり、止めること、また身体の機能
を向上させることは可能。


Ads by Sitemix