CSPHP


コレステロールが気になる方に、役立つ情報を満載してお届けします!
CSPHPニュース
CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)は、大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分です。


特集  コレステロール値が高めの方に朗報!大豆から生まれた、CSPHPの驚くべき効果。

血中コレステロール値が高め(220mg/dl以上)の成人男性を対象にして、協和発酵が実施した試験結果をご報告します。まず、試験参加者をグループ分けし、それぞれに(a)CSPHPを3g含む粉末飲料(b)CSPHPを6g含む粉末飲料を毎日摂取してもらいました。1ヵ月ごとに採血を行い摂取前の値と比較したところ、CSPHPを3gあるいは6g含む粉末飲料を摂取していたグループは1ヵ月目から効果が現れました。この時のLDL-コレステロールおよびHDL-コレステロール値の変化も調べたところ、低下したのはLDL-コレステロール値であり、HDL-コレステロール値はむしろ上昇するという、動脈硬化のリスクを下げる意味で非常に好ましい効果が確認されました。なお、別途行った試験データから、CSPHPがコレステロール値を必要以上に下げすぎないことも確認されたのです。

すこやかに毎日を過すために、コレステロール血症について正しく理解しましょう。

放っておくと恐ろしい高コレステロール血症。その原因や引き起こす病気について、あなたはどのくらいご存知ですか?

どうして高コレステロール血症になるの?
 高コレステロール血症とは、何らかの原因によって血液中のコレステロールの量が多くなっている状態のことです。その原因はいくつか考えられます。バランスの悪い食生活、あるいは運動不足などの生活習慣に問題がある場合。肥満や糖尿病などのある種の疾患に伴った症状として現れる場合。また生まれつきの体質や遺伝的な背景によって起こる場合もあります。さらに、これらの要因が複合的に関わっているケースもあります。中でも食生活などの生活習慣の乱れが影響している場合が最も多く、私たちが気をつけたいボイントです。そして最近の調査によると、日本人の30歳以上のほぼ3人に1人が高コレステロール血症、すなわちコレステロール値が危険域にあると報告されているのです。

高コレステロール血症ってそんなに危険なの?
 コレステロール値が高いと、なぜ危険なのでしょうか。それは高コレステロール血症が動脈硬化と密接な関係を持っているからです。動脈が硬化してくると心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患や、脳梗塞などの症状を引き起こしてしまう可能性が高いのです。血中コレステロール値、中でもLDL-コレステロール値が高まるにつれ、虚血性心疾患のリスクが高まることが明らかになっています。

コレステロールの基礎知識

そもそもコレステロールって何なの?あなたの疑問にお答えします。
〔体に大事な成分、でも摂り過ぎは禁物です。〕
〈コレステロール〉というと、とかく悪者扱いされがちです。しかし、本来は体を構成する細胞膜の成分、ある種のホルモンの原料、胆汁の原料であり、体にとって非常に重要な成分なのです。もちろん食品から摂取することもできますし、体の中でも肝臓などの臓器で合成することもできます。また肝臓にはコレステロールを分解して体外に排泄するなど、量を調節する機能も備わっています。しかし、生活習慣の乱れで体に変調をきたしたり、コレステロールを含む油分を摂り過ぎたりすると、肝臓の調節機能では処理しきれなくなり、コレステロールが体内にあふれてしまうことになりかねません。そのために十分な注意が必要なのです。

〔善玉、悪玉ってどういうこと?〕
 コレステロールは〈善玉コレステロール〉、〈悪玉コレステロール〉と呼ばれています。でも、コレステロール自体に2つの種類があるわけではありません。では、その違いは何なのでしょうか。コレステロールは血液にのって体中の各組織に運ばれて利用されます。しかし、コレステロールは油の一種ですからそのままでは血液には溶けません。そこで、リポタンパク質という運搬体に取り込まれ、血液中を運ばれるのです。このリポタンパク質は大きく分けて2つの種類があります。主に肝臓から組織に運搬していくLDLと、組織から肝臓に運び戻すHDLです。そして、LDLによって運ばれるのが〈LDL-コレステロール〉、HDLによって運ばれるのが〈HDL-コレステロール〉と呼ばれているのです。LDLは体に必要なものですが、多くなり過ぎると血管の内側にたまってしまい、動脈硬化の原因になるとされています。一方、HDLは体の余分なコレステロールを肝臓に戻して処理するため、動脈硬化のリスクを低減するとされています。このため、〈LDL-コレステロール〉=〈悪玉コレステロール〉、〈HDL-コレステロール〉=〈善玉コレステロール〉と言われているのです。つまり、単にコレステロール値の高い低いだけではなく、その内容をチェックすることが重要なのです。血液検査の項目に〈総コレステロール値〉と並んで〈HDL-コレステロール値〉が示されているのはそのためです。


大豆から生まれたCSPHPは、コレステロールを下げる強い見方!

CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)は、大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分です。

コレステロールを低下させる大豆タンパク質
 血中コレステロール値の管理が重要だという認識が定着するにつれ、食品素材によってコレステロール値をコントロールする試みが各方面でなされてきました。その中でタンパク質について新しい事実が明らかになってきました。キャロルという米国の研究者らがウサギを使って行った実験結果です。エサ中のタンパク質の種類によって血中コレステロール値の応答性に差があることが分かりました。そして面白いことに、卵や肉などの動物性タンパク質と比べ、豆類などの植物性タンパク質を食べたウサギの方のコレステロール値が明らかに低かったと報告しています。そこで、中でも最も身近な植物タンパク質源である“大豆”に着目して多くの研究がなされ、そのコレステロール低下作用が明らかになってきました。そして最近、アメリカの政府機関である食品医薬局(FDA)では多くの研究データをもとに、1日当り25gの大豆タンパク質を摂ることが心疾患のリスク低減に有効であると発表しています。

研究を重ねて誕生したCSPHP
 しかし、25gの大豆タンパク質というと豆腐にして約2丁(約600g)です。これを毎日食べるのはなかなか大変ですね。そこで私たち協和発酵では、この天然素材である大豆の機能を高めることによって、もっと手軽に日々の健康管理に役立てられないかと研究を重ね、CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)という食品新成分を開発しました。CSPHPを製造するには、まず大豆中のタンパク質を酵素によって分解します。分解することで大豆の持つコレステロール低下作用が高まります。そして得られた大豆タンパク質の分解物(ペプチド)に、リン脂質という成分を加え結合させることによって更にその作用を高めたCSPHPが得られるのです。このリン脂質もやはり大豆中に含まれるコレステロール低下作用をもつ有効成分として知られています。こうしてつくられたCSPHPは「大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分」なのです。

臨床試験が証明したCSPHP効果

コレステロールの多い食事を摂った場合でも、CSPHPが血中コレステロール値の上昇を抑えることが分かりました。
 健常な成人男性を対象として試験を実施。試験参加者をグループに分けて、それぞれに(a)CSPHPを含まない粉末飲料、(b)CPHPを3g含む粉末飲料を毎日摂取してもらいました。また、この試験では“コレステロール摂り過ぎ状態”のモデルとするために、試験期間中1日当たり2個分の卵黄も同時に摂取してもらいました。1週間ごとに採血を行い分析したデータは次の通りです。
CSPHPの入っていない粉末飲料を摂取したグループでは上昇したのに対し、CSPHP入りの粉末飲料を摂取したグループでは上昇が抑制されました。


コレステロールを上手にコントロール。
CSPHPの作用メカニズムをご紹介します。

血中コレステロール値を下げるCSPHP。
その働きぶりをご説明します。
 CSPHPはどのようにして「コレステロールが多い食事を摂りがちな方」や「血中コレステロール値が高めの方」のお役に立つのでしょうか?通常、食事中のコレステロールや中性脂肪などの油成分は、腸から吸収される際に胆汁液(胆汁酸やコレステロールなどが主成分)の作用を受けて、ミセルという状態になります。CSPHPはこのミセルに影響を及ぼし、食事に由来するコレステロール、胆汁液中に含まれるコレステロールや胆汁酸の吸収を抑え、糞便中に排泄する働きがあるのです。このようにして摂り過ぎによるコレステロール値の上昇を抑えたり、体内のコレステロール値を下げたりすることができるのです。

コレステロールが高くて動脈硬化が起きると、こんなコトに・・・

 脳では    ●血管がつまる→脳梗塞
 
 心臓では  ●血管が狭くなる→狭心症
         ●血管がつまる→心筋梗塞

コレステロールの基礎知識
胆汁酸を排泄すると、なぜ血中コレステロール値が下がるのでしょうか?
 胆汁酸は、消化液の一つである胆汁液の成分として、コレステロールを原料として肝臓でつくられます。通常は腸内で脂肪などの消化吸収を助けた後、その大部分は再び吸収されて肝臓に戻ってきます。この再吸収が抑えられると、足りなくなった分を補うために体内のコレステロールが使われます。その結果、血中コレステロール値が下がるのです。

体内におけるCSPHPの働き
 CSPHPは腸の中でコレステロールや胆汁酸が吸収されないようにしたり、排泄を促します。そのため、血中コレステロール値が下がるのです。CSPHPはコレステロールや胆汁酸の吸収を抑えて、便として体外に排出します。


ふむふむ、なるほど。コレステロールの豆知識

更年期を迎えたらコレステロール値の上昇に要注意!
 血中コレステロール値が高い日本人の割合を、男女別にまとめてみました。40歳代までは男性の方が若干多めですが、50歳代以降は女性の割合がグっと多くなっています。女性の閉経の時期は一般的に40歳代後半から50歳代前半と言われています。つまり、50歳代以降はいわゆる更年期にあたる時期だと考えられます。ホルモンバランスの乱れなどによる様々な体の変調が更年期障害だとされていますが、血液中のコレステロールや中性脂肪の値なども影響を受けて高まる傾向にあります。これら血中脂質値の上昇は自覚症状としてほとんど出てきませんので、更年期を迎えたら血液検査値のチェックが大切です。



癌と食養生 (2)

2.諸外国の食養生

 桜沢如一とほぼ同時代に生きたドイツ生まれで、後にヒットラーの台頭によりアメリカへの移民を余儀なくされた「マックス・ゲルソン(1881−1959)」も、有機農法による野菜と果物を中心とした食事療法の元祖としてよく知られています。彼も桜沢と同様、最初は自分自身の病気(偏頭痛)を治す為にこの療法を創成しました。当時は不治の病であった結核から、あのシュバイツアーの妻を奇跡的に回復させ、同時にシュバイツアーの糖尿病のコントロールにも成功して天才と賛美されました。
 彼の理論によると、癌は栄養不足と化学物質による水や空気等の環境汚染が原因で、身体の自然免疫力と治癒力を修復させ、全身の生理現象の均衡を図ることが重要とされています。その為には、

   @有害物質を排除する肝臓機能の強化
   Aカリウムを重視し、不足させない
   B新鮮な野菜と果物を中心とした食事

を基本とし、フリーラジカルを捉えるビタミンCやβ‐カロチン等抗酸化剤を多量に摂取することを勧めています。又、肝臓や甲状腺の抽出物、膵臓酵素、ヨウ化カリウムといった栄養補給剤も投与しています。一方動物性の蛋白質は最小限に抑えられ、肉は全く許しておりません。この療法の特徴の一つとして、亜麻仁油が採り入れられていますが、その働きがビタミンAの体内輸送を助けて、かつ血液の粘性を下げる必須脂肪酸に富んでいるので、癌の転移性を防ぐと説明しています。最近の研究でもビタミンAは、Cと同様に多量摂取が癌の成長を全体的に停止させたか遅くしたとのデータが提供されていますが、脂質に溶けるビタミン類(A、D、E、K)は過剰に摂取すると体内に蓄積されるとの理由から、一般医学では不必要であり、危険でもあると言われています。
 さらにコーヒーやお茶を飲むことを原則的に禁止していますが、重要な解毒法としてコーヒー浣腸が行われています。ゲルソンは、急激な解毒法を実施した患者の回復兆候が見られないのは、癌そのものが原因ではなく急速に分解されていく腫瘍の固まりから出る毒性の分解物を肝臓が吸収出来ないからと考えました。コーヒー浣腸は直腸から取り入れられたカフェインが肝臓を活発化し、胆汁の分泌を促進して有毒物の分解を早めると信じられ、かなり昔から多くの療法の中で使われてきました。そして吐き気が消失して食欲が出て来たとか、痛みも和らいだとの報告も多くありましたが、大腸炎を併発する場合があり、やり方には十分な注意が必要です。尚、解毒を速やかに行う為に、経口又は浣腸としてひまし油を摂ることも行われています。
 以上のようにこの療法は多面的で、素人が忠実に実行することは非常に困難ですが、白血病を除くほとんどすべての癌に反応するといわれ、ゲルソン研究所や提携している病院には日本人も多く訪れているそうです。

 ゲルソン療法と共通点の多い療法に「ウイリアム・ドナルド・ケリー」によるものがあります。彼は1980年に肺癌末期の俳優スティーブ・マックィーンの治療に係わって、広く知られるようになりました。私も大好きだったあの「大脱走」のマックィーンは、最後まで煙草は吸うし、ファースト・フードや菓子類も手放さない等ケリーの教えをあまり守らなかったそうですが、部分的に実行した結果、鎮痛剤の必要性がなくなったり、体重も増加する等の効果があったと言われています。いずれにしてもこれを契機にケリーと一般医学組織との対立は決定的なものになりました。
 ケリーの理論は、癌の根本原因を身体の蛋白代謝機能が正常に活動しないことにあるとし、これには膵臓の酵素の欠陥が関係するとしています。つまり膵臓の蛋白質消化酵素の活性は、抗腫瘍作用の役割を果たしていると信じ、又元来膵臓は消化酵素を小腸に直接分泌しますが、ケリーは血管内にも分泌すると主張し、癌の増殖因子も防御因子も共に血液によって体内を巡ると考えた訳です。そしてさらにミネラル代謝の不均衡が免疫系を破壊してしまうと断定しています。さらに解毒によって除去される老廃物の多くは酵素阻害剤であることから、浣腸は免疫系の活性化にも重要であるとして、ゲルソンと同じように毎日少なくとも1回のコーヒー浣腸を実行するよう勧めています。
 彼の療法の特徴は、やはり有機農法による野菜と果物を基本として、その消化に酵素が必要とし、蛋白質の摂取量を制限していることです。又、代謝を10種類に分類して、各々異なったタイプの人に合う食事プログラムが組まれています。そこには膵臓酵素やビタミン、ミネラルも処方され、さらにカイロプラティックや指圧等も組み込まれ、このような総合的な療法をケリー自身は「代謝生態学」と呼んでいます。

 桜沢、ゲルソンに並び称されるオランダの「コーネリス・モアマン(1893−1988)」は、食物繊維の多い食事と、ビタミンとミネラルを適切に補うことを主張し、まさに栄養剤の意義を確立した元祖と言われています。彼の癌に対する考え方は潜在的ウイルス説で、長期間にわたる悪い栄養状態の結果発病すると考えました。ウイルス説は彼が誕生する100年も前に発表されており、当時既に説得力に欠けるものであったと思われますが、今日では彼の食養生法はひとつの効果的な方法として認識され、特にオランダでは広く知られています。彼もゲルソンやッケリー同様、人生の大半を一般医学の権力組織から迫害を受けて過しました。
 モアマンの食養生法もゲルソンやケリーと同じように、有機農法による野菜と果物が基本で、水や他の飲料の代わりに野菜や果物のジュースを勧めています。穀物はあらゆるものについて全粒主義で、桜沢の一物全体と同じ考え方です。他の療法と比べて特徴的なことは、より多くの脂肪の摂取を認めていることで、バターやチーズも許可していますが、一方厳格に禁止しているものも多くあり、例えばゲルソン療法では主食になっているジャガイモや豆類(グリーンピースを除く)などほとんどものがその中に入っており、私自身理解に苦しむ点も多くあります。

 以上の他にもいろいろな人達の食養生法がありますが、専門家の見解には互いに矛盾する点もあり、素人が単独で厳密に実行するのは難しいと思います。大切なことは、若い頃より日常の食事に出来るだけ気を配り、その僅かな差が中年以降の健康に大きな差をつけるということを自覚すべきと思います。食物には本来いろいろな作用があり、そして当然大きな個人差もあります。又ほとんどの人にとって何か体に合わない食物が必ずあるはずです。それは単品であったり、何か他の物といっしょに食べたり飲んだりした時のみ発生したりさまざまです。要は自分の健康は自分で守るために、自分の体にとってそれは何かと気付くことです。あとは「バランスよく食べる」の一言に尽きますが、これが実に難しいと思います。突き詰めるとなるべく多くの食材を炭水化物を中心にして、蛋白質を“ほどほどに”、そして脂肪は極く少量摂ればよく、勿論野菜や果物は欠かしてはならないということになると思われます。


Ads by Sitemix