インフルエンザ

ついに日本上陸
中国4000年の「秘伝書」に答えがあった
「新型インフルエンザは漢方で治る」 説が浮上

「まあ、この表を見てください」
横浜市立大医学部非常勤講師(漢方医学)の森由雄医師が示した臨床結果は、漢方の力を示していた。
表は2007年11月から08年3月まで、森医師が診察したインフルエンザ患者のうち、「タミフル」で治療した13人と、「麻黄湯」と呼ばれる漢方薬を与えた11人を比較したもの。高熱で来院した患者が36.9度以下の体温になるまでの時間を計測したところ、タミフルが平均25.38時間に対し、麻黄湯は14.09時間だった。
「これまでも大青竜湯などがタミフルと同等の効果があることが分かっていましたが、タミフルよりも効果があう漢方薬があることが分かったのです」

ワクチンは間に合うのか、タミフルは足りるのか?新型インフルエンザ上陸で不安が広がるなか、「漢方薬で治る」との説が浮上してきた。
映画「レッドクリフ」の時代である3世紀の中国で生まれた「秘伝書」に、すでに処方が描かれているという。意外な組み合わせだが、東洋の知恵が救世主となるのだろうか。

森医師の治療例を見てみよう。
【5歳の女児】 発熱の翌日にj受診。38.5度の熱とせき、寒気があり、A型インフルエンザ陽性だった。麻黄湯を服用すると午後に多量の尿が出て、翌朝解熱した。
【10歳の男児】 38度の発熱の翌日に受診。A型インフルエンザ陽性で、麻黄湯を服用すると夜中に発汗、翌朝解熱した。

ポイントは麻黄湯の服用量だ。通常、大人ならエキス剤1服(2.5c)を1日3回飲むところを、最初は2時間ごとに1服を3回飲み、以降は3時間ごとにして、解熱するまで続けた。結果、1日で通常の倍以上を与えた。「通常の服用量では効果がないのであきらめていたところ、服用回数を増やしてみたら効いたのです」
増量は副作用を起こすおそれがあることから、森医師は患者の同意を得たうえで、細かな経過観察をした。患者には自宅で2〜3時間おきに体温を測ってもらい、電話で病状を聞きながら服薬指導をしたという。


服用量を増やしタミフルしのぐ
そして、この頻回投与療法を思い立ったきっかけが、『傷寒論』と呼ばれる中国医学の古典だった。
「すべては今から1800年前に、すでに書かれていたことなのです」
『傷寒論』とは、紀元3世紀前半、後漢末期に中国の地方長官だった張仲景が、当時流行した熱病に対する治療法をまとめた医学書とされる。この熱病で自らも親族の3分の2を失ったことから、書き起こしたと伝えられる。
まだウイルスも免疫も解明されていない時代の経験に基づく治療法だが、極めて実用的で効果があった。
その後、原本は失われたがいくつかの写本をもとに復元され、日本へも伝わった。しかし、西洋医学が導入されるなかで、忘れられかけた存在となっていた。
それが近年、「SARS」などの新型ウイルスの流行で、日本や中国、韓国で、見直す医師が相次いだ。異常行動の危険性が指摘されているタミフルに代わる治療法としても注目を集める。
そして、新型インフルエンザについても有効性が期待されているのだ。
癌研有明病院で漢方サポート外来を担当する星野恵津夫・消化器内科部長によると、「傷寒論」に基づくインフルエンザ治療は以下のようなものという。
まず、服用量を通常の2〜3倍にする。
「急性疾患に対する場合と慢性疾患とでは、漢方でも治療法が異なります」
そのうえで、38度以上の高熱があって汗をかいてない場合はまず「麻黄湯」を投与する。強い発汗作用のある漢方薬で、体の免疫力を高め、ウイルスを撃退する。麻黄湯で効果がなければ、「大青竜湯」を試みる。
すでに発汗している場合は、「桂枝湯」を加えた「桂枝麻黄各半湯」を投与する。
タミフルがウイルスの増殖を直接阻害する薬なのに対し、漢方薬は人間が本来持つ免疫力を高めてウイルスを排除する点が根本的に異なる。このため、ウイルスがたとえタミフルに耐性を持ったとしても効果は続く。
「タミフル自体、「八角」と呼ばれる生薬の成分を抽出合成し、原料としてつくられたものなんです」と星野部長は指摘する。
ただ繰り返すが、服用量を増やすことで、飲み続けると、動悸やショック状態がみられることもある。森医師は言う。
「発汗し解熱しているのにさらに服用を続けると、逆に体に悪いのです」星野部長も注意する。
「きちんとした専門医にかかってほしい。個人で勝手に服用するのは大変危険です」
一方、漢方なら、体の免疫力そのものを高めてウイルス感染しにくい体をうくることも可能だという。
今回の新型ウイルスは強い感染力が特徴だが、それでも発病する人としない人がいる。感染しても発病しない人は「免疫力が高い」と言われているが、ではどうすれば免疫力を高められるのか。
「皮膚や粘膜を丈夫にすること、そして体を冷やさないことです」
そう答えるのは、日本薬科大学の丁宗鉄教授(統合医療学)である。
外のウイルスがまず体にくっつくのは、のどや鼻の粘膜や皮膚だ。花粉症で鼻の粘膜が弱り、喫煙でのどの粘膜が傷んでいるとウイルスが増殖しやすくなる。
「日頃から蒸気を吸ったり、マスクをしたりして乾燥を防ぐことが大切です。体温を下げないように、寝ている間も帽子をかぶるなど服装に注意し、冷たい飲み物を控え、お風呂でよく温まりましょう」
そして何より、十分に寝てきちんと食べる、規則正しい生活が大切だという。「漢方で言う『養生』をしっかりしておくことが一番の予防になるのです。
新型ウイルスの感染で心配されるのが、「サイトカイン・ストーム」と呼ばれる現象だ。未知のウイルスに体の免疫が過剰反応をしてしまい、致死的な環境障害や多臓器不全を引き起こす。元気な若い人ほど現れやすい。
「小柴胡湯に配合されている『柴胡』という生薬には、このサイトカイン・ストームを抑える作用があります。タミフルと一緒に処方するのも一つの方法です」と、丁教授は言う。
むろん、新型インフルエンザに漢方薬が効くという臨床例はまだない。しかし、新型は往来のインフルエンザと症状が似ているとされることから、「漢方でも十分対処できると思います」と森医師は自信を示す。
万が一、新型ウイルスが強毒性に変異して「パンデミック(世界的大流行)」が起きたら、病院は重症患者であふれ、タミフルは底をつくるだろう。自分の身は自分で守る以外にない。そのとき、東洋医学の知恵が力を発揮するかもしれない。



板藍根

現在の中国の家庭では、インフルエンザや風邪などの予防や対処に、板藍根が常備的な存在として重宝されています。風邪の季節になると板藍根の煎じ茶や板藍根が入ったエキス剤を使用し、学校では登校してくる生徒の咽喉に板藍根の煎じ薬をスプレーする事なども行われているようです。



熱感を伴う様なカゼによるノドの痛み、セキ
銀翹解毒丸は風熱カゼの治療薬です。インフルエンザなどに見られる「ノドの痛み・口渇」に注意しましょう。

生薬製剤
ノドの痛み せき(熱感)
[効能・効果]
かぜによるのどの痛み・せき・口(のど)の渇き・頭痛
[成分・分量]
30丸(1日分)中、混合生薬水製乾燥エキス・・・3.2g
キンギンカ4260g、レンギョウ4260g、キキョウ2556g、カンゾウ2556g、ハッカ2556g タンズン2136g、ゴボウシ2136g、タンチクヨウ1704g、レイヨウカ0.132g

中薬 銀翹解毒丸
       ↓
温病の場合、邪は口や鼻から体内に侵入し、「ノド痛・口の渇き・舌紅(熱感を伴う様なカゼによる)」等の不快な症状を引き起こします。

温病の特徴
さむけ     軽い
発熱      高くなる
のど痛     強い
口渇      わずかにある
頭痛      弱い
肩こり     ない
尿        黄色の事が多い
原因      ウイルス・細菌感染によるものが多い
治療処方   銀翹解毒丸

150丸(5日分) 1785円(税込)



元気にな〜れ!鹿の角で
疲れがたまって「もう何も出来ない」「何もしたくない」とおっしゃる貴方に、鹿の角(ツノ)を原料にした滋養強壮薬!!

滋養強壮薬
疲れが抜けない鹿茸純末を使用
[効能・効果]
次の場合の滋養強壮:
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振
[成分・分量]
6カプセル(1日量)中:鹿茸(ロクジョウ)3000r

鹿茸カプセル
   ↓
鹿茸とは?
日本ジカや満州ジカの柔らかな幼角を加工したもので、滋養強壮の生薬として活躍します。鹿角は「補陽(温補腎陽)」の性質を持ち、「元気がない」症状に効果を現します。
(冬の寒い時期に)元気不足を感じる方にお勧めです。鹿茸カプセルは、鹿茸純末をカプセル充填した医薬品です。

28カプセル(4日分) 12600円(税込)



痛い! ヒザ・腰の痛み!
痛絡丸は、「痛み」「しびれ」に対応する代表処方です。ヒザや腰に発生する痛みは、「血の停滞」「冷え」「水分停滞」などが原因となって起こります。

生薬製薬
腰痛・関節痛 神経痛・筋肉痛
[効能・効果]
関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛
[成分・分量]
30丸(1日分)中にh、以下から製した疎経活血湯エキス2500rを含有
トウキ1000r ボウイ750r ジオウ1000r キョウカツ750r ソウジュツ1000r ボウフウ750r センキュウ1000r
リュウタン750r トウニン1000r ショウキョウ250r ブクリョウ1000r チンピ750r シャクヤク1250r
ビャクシ500r ゴシツ750r カンゾウ500r イレイセン750r

痛絡丸
  ↓
痛みで毎日がつらい
チクチク・シクシク
冬や、梅雨時に悪化
立つ時、座る時の不安

450丸(15日分) 3990円(税込)
600丸(20日分) 5040円(税込)

きょ風湿  痛み・しびれに対応
活血    血の巡りを良くする
補血    消耗した血を補う




Ads by Sitemix