神経系


神経科系-1
神経科系疾患の漢方治療について

 神経という語は本来漢方医学にはなく、この語の誕生は江戸時代に杉田元白がオランダ語から訳した『解体新書』の中で初めて使用したといわれている。漢方医学的には一部の神経疾患の原因を、風、寒、湿などの外邪による侵襲ととらえてきた。例えば、中風(風に中る)という語があるが、これは『傷寒論』の中では急性の軽症良性熱性疾患を指すが、『金匱要略』などでは脳卒中やそれによって生じる半身不随の状態などを指してきた。顔面神経麻痺や急性の末梢神経障害なども風や寒などの外邪によるとしてきた。
 また、五臓のうちの肝は筋と密接な関連があるとし、肝の機能の失調によって痙攣などの筋肉の異常が生じると考えてきた。さらに、運動麻痺は血の不足(血虚)によって生じるとしてきた。最近の研究でも、微少循環障害とお血との密接な関係が明らかとなり、脳血管障害や微少循環障害に由来する末梢神経障害に対するお血の視点からの治療が重要視されている。以上のような漢方医学的概念に沿って、神経系疾患においても治療がなされるわけである。
 もちろん、漢方治療のみで神経疾患全般に対処できるわけでなく、近代医学的検査を動員して西洋医学的治療を優先すべき病態を見逃さないようにする姿勢は重要である。しかし、病態によっては漢方治療単独あるいは西洋医学的治療と併用することでより治療効果を上げられる場合も少なくない。以下に代表的な病態、疾患に対する漢方療法について述べる。


神経科系-2
失神、めまい感とめまい

概念
 失神は脳の一過性の循環不全によりもたらされ、その背景には起立性低血圧、頸動脈洞過敏症候群、心伝導障害、心調律異常、血管運動神経失調症などがあり、循環器学的、内科学的な精査を必要とする病態である。
 真正めまい(vertigo)は「自分自身あるいは周囲が回転したり運動したり、動揺したように感じるある種の錯覚または感覚」と定義され、前庭器官とその求心路に障害があると考えてよい。患者はこれを「くるくる回る」「ぐるぐる回転する」「地面がゆらゆらと傾く」などと表現する。
 漠然としたふらつき感、倒れそうになる感じ、気を失いそうになる不安感をまめい感として訴えられることが多い。この病態の背景には不安神経症、過換気症候群、ヒステリー性神経症など心因要素をみることが多いが、起立性低血圧、血管運動神経失調症でこの病状を呈するものもある。
 漢方医学的にはめまいを水滞(水毒)の徴候ととらえる場合が多い。実際には、めまい感の訴えの背景として神経症的要因がみられる場合が多く、そのときには“自律神経失調症”にででくる処方も参考にしていただきたい。


神経科系-3
痙攣、不随意運動

概念
 痙攣とは運動神経系の異常な放電の結果もたらされる、全身あるいは一部の骨格筋の急激な萎縮をいう。神経系内外のさまざまな原因によって生じうる。画像診断、脳波、血液学的検査などで原因を確定する努力が必要であるが、原因不明のものも少なくない。
 舞踏運動、アテトーゼ、ヘミバリスムス、ミオクローヌス、チック、振戦などを総称して不随意運動という。肝臓や腎臓の機能不全の際にはasterixis(俗にいう羽ばたき振戦)がみられる。これは肺疾患、Wilson病でもみられることがある。
 痙攣や不随意運動は、漢方医学的には肝の異常あるいは血虚の徴候としてとらえることが多い。


神経科系-4
脳血管障害

概念
 脳血管障害は通常、虚血性と出血性のものに分類される。虚血性脳血管障害は、血栓あるいは塞栓によって発生する。脳血管の動脈硬化を主体とする原発性血栓症が頻度的には最も多い。塞栓症は遠隔由来の物質による血管閉塞であるが、塞栓となる物質は心臓の壁内血栓によるものが最多である。虚血による脳の巣症状が1日以内で消失する場合を一過性脳虚血発作(TIA)と呼ぶ。出血性脳血管障害でよく出会うものは、高血圧性脳実質内出血と動脈瘤、または動静脈奇形によるくも膜下出血である。
 脳血管障害の治癒における漢方治療は、急性期よりは亜急性期、もしくは慢性期に主眼が置かれる。近年CTやMRIなどの画像診断機器が普及し、症状がない無症候性脳梗塞という病態も診断可能となってきた。このような新たな病態に対しても、その進展や脳卒中の発症の予防に漢方治療は有効と考える。
 脳血管障害は、漢方医学的にはお血という視点から治療を行うとよいことが多い。


神経科系-5
顔面神経麻痺

概念
 顔面神経麻痺には2型がある。顔面神経核より中核での障害による中枢性と、核よりも末梢に障害のある末梢性のものである。症候学的には、末梢型は顔面一側の表情筋がすべて麻痺するのに対して、中枢性では麻痺側においても前額部に皺を寄せることが可能である。中枢性障害で最も頻度の高い病変は脳血管障害であるが、多発性硬化症、脳腫瘍、脳幹脳炎などによることもある。末梢性障害で最も頻度の高いのは、いわゆる特発性顔面神経麻痺(Bell麻痺)である。このほかに、ギランバレー症候群、糖尿病、MCTD(混合性結合織病)、延髄橋角部腫瘍などに伴うこともある。
 漢方医学的に顔面神経麻痺は、風、寒、湿の外邪による侵襲ととらえられてきた。近代医学的には末梢性顔面神経麻痺の病因として局所の虚血や附随する浮腫が原因と考えられており、漢方医学的にもお血や水滞の視点からの治療も考慮される。


神経系-6
下肢麻痺、脱力感

概念
 対麻痺(両側の下肢麻痺)は胸髄レベル以下の脊髄横断性障害、対称性の馬尾神経障害、多発性神経炎型の各種ニューロパチーで生じる。遺伝性疾患のうち、シャルコ・マリー・トゥース病では対称性に前脛骨筋が侵される。脊髄小脳変性症の一型で痙性対麻痺の型を呈するものもある。一側性の下肢麻痺は錐体路障害、末梢神経障害、下肢血管障害などが考えられる。系統的な筋疾患では下肢のみ侵されることはまれであるが、発症初期では神経原性の下肢麻痺と紛らわしい症例もある。種々の補助検査によって診断を確定すべきである。
 脱力感は抑うつ状態などの精神的要因、内分泌・代謝異常、電解質異常などさまざまな病態に附随して出現する。ここでは原因の不明な、いわゆる不定愁訴の一部を形成するような脱力感を中心に記すことになる。
 漢方医学的には下肢麻痺や脱力感は、血虚や気虚、あるいは腎虚としてとらえられることが多い。


神経科系-7
自律神経失調症

概念
 交感・副交感神経系のバランスの崩れによる身体的、精神的な異常状態を自律神経失調症とよびならわしている。しかし、この種の患者の呈する愁訴がすべて自律神経系の機能異常にのみ帰せられるか否かについては疑問があり、研究者によっては不定愁訴症候群とよんでいるものもある。
 漢方医学的にはこれらの病態は気の失調が主体で、それに血や水の異常がからんでいると理解される。また、五臓では肝や心の失調ととらえられることが多い。


神経科系-8
パーキンソン病

概念
 パーキンソン病は黒質一線状体ニューロンの変性に伴うドーパミンの減少が病因である。多くは中年以降に発症し、振戦、固縮、無動、姿勢反射障害を主徴とする。脳炎後や脳血管障害などでもパーキンソン病と類似の症状を呈する場合があり、これらを含めてパーキンソン症候群という広義の概念が用いられている。西洋医学的には線状体におけるドーパミン濃度低下に対応するL−DOPA療法が主であり、必要に応じて抗コリン剤、その他が用いられている。
 ごく軽症の場合を除いてパーキンソン病を漢方治療のみでコントロールするのは困難で、多くの場合は西洋薬と併用の形で漢方治療を行わざるをえない。その意味で漢方治療は補助的なものとなるが、漢方薬を併用することにより随伴症状を軽減したり、病気の進行を遅らせている印象がもたれる症例も少なくない。
 漢方医学的にパーキンソン病は主に肝の異常としてとらえられることが多い。


神経科系-9
頭部外傷後の愁訴

概念
 一概に頭部外傷といってもその範囲は広く、単なる皮下血腫などの頭蓋軟部外傷のこともあれば頭蓋骨骨折のこともある。また外傷性の頭蓋内出血の場合も急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫などに分けられる。さらに、脳挫傷などの脳実質内損傷の場合もある。頭部外傷受傷後3週以上もそれに基づく症候の続いているもの、または3週以降に新たに発症した症候をもつものを頭部外傷後遺症とよんでいる。この症状として、頭痛、めまい、不眠などの不定愁訴や、発汗異常、起立性低血圧などの自律神経の失調症状などがみられる。また、頭部外傷後にてんかんがみられるようになったものを外傷性てんかんとよんでいる。
 頭部外傷は、その病状の軽重にかかわらず外科的治療を優先させるべきであることはいうまでもない。漢方医学的には、頭部外傷によって血管外に漏出した血液をお血ととらえることができ、この視点からの治療が可能である。また、頭部外傷後遺症でみられる種々の不定愁訴に対しては漢方治療を積極的に応用できると考える。




眼科系-2
老人性白内障

概念
 白内障には老人性のほかに糖尿病性、アトピー性、併発などに先天性のものがある。代表的なものが加齢による水晶体が混濁をきたす老人性白内障で、非可逆的な変化である。手術治療は近年進歩し、外来手術も可能となっている。薬物療法の効果は疑問視され、漢方薬も水晶体混濁に対してどの程度効果があるかはいまだ解明されていないが、視力の2〜3段階の回復は可能であり、「かすみ目」に代表される愁訴には効果的である。


眼科系-3
眼底出血

概念
 眼底出血は部位により硝子体出血、網膜前出血、網膜出血、網膜下出血、脈絡膜出血などに分類される。原因として内科疾患に由来するものとして糖尿病、高血圧、腎炎、膠原病、動脈硬化症、血液疾患などに由来する出血があり、眼科特有のものとして、若年性再発性硝子体出血、老人性内盤性黄斑部変性症、高度近視、ブドウ膜炎、網膜烈孔などによる出血がある。
 西洋医学的に光凝固術や硝子体手術が行われているが、完治は困難である。また一般薬物療法の効果は疑問視されている。
 漢方治療による報告は少ないが有効な場合も多くみられ、駆お血剤が頻用される。


眼科系-4
眼精疲労(不定愁訴)


概念
 眼精疲労は調節性眼精疲労、筋性眼精疲労、症候性眼精疲労、不等像性眼精疲労、本態性(神経性)眼精疲労に分類されている。ここで述べる眼精疲労は本態性眼精疲労である。本態性眼精疲労とは、いろいろな愁訴を訴えるもその原因となる器質的、機能的異常をみとめないか、みとめてもそれでは説明のできない愁訴のものをいう。愁訴としては眼痛、眼が重たい、充血、羞明、流涙、乾燥感、視

Ads by Sitemix