一般的・全身に関する症候-1
手足の冷感、ほてり

概念
 手足の冷感やほてりは内臓の疾患のときに現われてくることが多く、漢方治療でも、これらの症状があれば、まず舌診、脈診、腹診を行い、異常のある場所を見出して治療を進めていく。手足の冷感やほてりのなかで、重要なのは足の冷感とほてりである。これには自・他覚の別があるが、漢方医学では自覚的な訴えを重要視する。


一般的・全身に関する症候-2
疲労、倦怠感

概念
 疲労、倦怠感は日常の臨床でよく出会う症状の一つである。この症状には休息によってよくなる生理的疲労と、休息してもよくならない病的疲労とがある。ここではもちろん、病的疲労をとりあげる。疲労、倦怠感はどうして起こるのか、現代医学でも、まだ的確な説明がなされていない。というのも、これらの症状は精神的な要素に影響されるためであろう。
 治療についていうと、これらの症状は内臓疾患の初期に現われてくることが多いため、的確な診断がつかないと正しい治療ができない。ところが厄介なことに、原因不明なことが多い。MacBrydeのSigns and SymptomsにLahey Clinicでの300例の統計結果が述べられているが、80%に特別の疾患がみつからず、残り20%に慢性感染症(4.3%)、代謝異常(4.0%)、神経疾患(5.5%)、心血管疾患(2.7%)、貧血(1.7%)、腎炎(1.0%)、その他(1.3%)がみられたとのことで、的確な治療はなかなかむずかしい。一方、漢方医学は病名診断がつかなくとも、疲労の症状を目標にして治療することができる。
 漢方医学の疲労、倦怠感の治療の歴史はかなり古いものである。紀元前2世紀の医学書、『黄帝内経』から始まり、後漢時代で治療法の大半が完成された。その後、金元時代で補充されて明時代で完成されている。この漢方医学の治療法を一口で述べると、呼吸機能や消化吸収機能を亢進させ、さらに内分泌系や神経系の機能を調整して、生体の活力を高めていく方法を行っている。そのため消化機能
をたかめる朝鮮人参とか、生体の諸機能を賦活する地黄や府子の入っている処方がよく用いられている。特に人参は、江戸時代の山鹿流軍学書に、白梅の肉で練り、戦場で兵士になめさせて疲れを防いだと書かれているほど、疲労に効果がある。
 漢方医学では病的疲労になる人は、消化吸収機能が低下(これを「脾胃の虚」といっている。胃は現代医学の胃と解剖的にも機能的にもほぼ同じものである。脾は脾臓ではなく、消化吸収作用をさしている。虚とは機能低下の状態をいう)していて、そのために何かストレスが加わると疲労状態になると考えている。この消化吸収機能の低下は、長時間の過激な労働後とか、慢性的な精神苦悩、長年の食事の不摂生、慢性疾患などで起こってくる。また先天的にも消化機能の悪い人もある。後天的には房事過多も、内分泌系や自律神経系、免疫系の機能(これらは漢方医学でいう腎の機能によるものである。そしてこれらの機能の低下状態を腎虚という)を障害し、間接的に消化吸収機能の低下を起こしてくると考えている。だから漢方医学の治療を行っていると脾胃の機能が正常化し、疲れない体に変わってくるものである。


一般的・全身に関する症候-3
盗汗、多汗

概念
 急性熱性病の経過中や中枢神経障害時以外の病的な発汗は、疲労状態とか、大病後や諸出血後の体力の衰えているときにみられる現象である。そのために、人参、黄耆などの入っている補剤を用いることが多い。
 また、肥満状態が更年期などの自律神経失調症でも、のぼせ感や動悸とともに多汗がみられる。このときはいわゆる、駆お血作用(血行異常を改善する作用)のある四物湯と、水毒状態(水分代謝異常)治す苓桂朮甘湯などの薬を用いて治療する。
 漢方医学では、盗汗、多汗は、体力の低下している虚の状態と考えているので、薬効の緩和な処方を用いている。


一般的・全身に関する症候-4
浮腫

概念
 現代医学には優秀な利尿剤があるので漢方薬で浮腫の治療をすることもないが、案外、漢方薬でも処理しやすいものがある。
 漢方医学では疾患の治療のとき、実証と虚証とに分けて行うが、治療しやすい浮腫は実証に属するものである。では実証、虚証の浮腫の診断について述べてみよう。
 実証の浮腫は発病後、あまり時間がたっていない時期のものである。そのため患者は元気で、食欲があり、脈や腹に緊張がある。皮膚にも光沢があって明るい色調をしている。大便は正常便か、便秘傾向である。舌は乾燥気味で厚い白苔か、黄苔がみられる。浮腫の状態は緊満していて皺がなく、押すと凹んで、すぐに元に戻る。
 虚証の浮腫は慢性疾患にみられたり、あるいは体力の衰えているときに発生する種類のものである。そのため元気がなくて疲れやすく、脈腹に緊張なく食欲も衰えている。顔色わるく、皮膚に光沢を欠き、どす黒く、くすんだ色調を帯びている。大便は軟らかいか、下痢気味のことが多く、ときには便秘傾向もみられる。舌は湿り気味で腫れていて、うすい白苔がみられたり、ときには無苔で赤い萎縮した舌のこともある。口渇は実証のように強くないが、温かいものを欲しがり、ときには反対に、少量の氷やアイスクリームを欲しがることもある。また冷えを訴えることが多い。浮腫の状態は軟らかく皺があり、押さえると凹んでなかなか元どおりにならない。以上虚実の浮腫の大よその区別を述べたが、軟らかくても実証の浮腫のこともあるし、反対に緊満していても虚証のことがあるので、全身状態もさんこうにして診断を下すことが大切である。
 また漢方医学では浮腫を五臓のうち、肺、脾、腎の機能異常によると考える見方もある。肺は解剖学的には肺臓にあたるが、機能的には呼吸作用のほか、水分の代謝も行っていると考えている。だから急性感冒や慢性気管支炎、気管支拡張症、喘息などにみられる顔面の浮腫傾向や全身の重だるい感じは、肺の水分代謝異常による浮腫と考えている。
 脾というのは消化吸収機能を行うもの全体をさしている。これらの機能の異常も浮腫を起こしてくる。たとえば消化不良や、そこから生じた貧血のときの浮腫、脂肪食の過食、アルコールや飲料水の過飲後の浮腫など、これに相当する。肝性浮腫も当然これに属す。
 腎は泌尿作用のほか、生殖、成長、諸内臓間の調節作用などをするものと考えている。この機能の異常も当然、浮腫を起こしてくる。糖尿病の下半身の浮腫、更年期の浮腫、月経時の浮腫も、この腎と関係したものが多い。
 一般的にいえば、肺からの浮腫は実証に属し、上半身に多くみられ、脾や腎のものは虚証に属するものが多く、下半身にみられる浮腫が多い。しかし単独の臓器の異常から起こるものは大抵、病気の初期だけで、やがてしだいに他の臓器の異常を起こし、全身の浮腫になってくる。たとえば、急性腎炎の初期は肺の病変から始まるため、咽痛、発熱および顔面の軽度の浮腫を起こしているが、しだいに脾の異常を起こし、食欲不振、嘔気などの消化機能の異常、四肢の腫れが現われてくる。そして慢性期に移行してくると腎の異常が起こり、四肢の冷え、腰重、易疲労―特に下半身の脱力感―、皮膚の色が黒く、くすんでくる。このように、すべての疾患の浮腫も適切な治療をしなければ、最後は腎の異常を起こし、腎の浮腫になる。しかも、この浮腫はなかなか治しにくいものである。
 このように、浮腫の治療は肺、脾、腎のいずれに属するものかを知り、さらに虚証あるいは実証の浮腫かを診断して治療していく。


一般的・全身に関する症状‐5
発熱

概念
 漢方医学では体温計で計測して発熱と診断するのではなく、一般症状(口渇、煩躁、呼吸の状態、大小便の色調と回数)と客観的な所見(脈数と性状、舌色と舌苔の状態、顔色と身体の熱感)で診断する。そのために老人や体力の衰えているときの発熱時には、現代医学と異なった診断を下すことがある。たとえば、発熱していても脈がふれにくくて遅く、顔色が蒼白で四肢が冷え、尿の回数多くて色調もうすければ、熱の状態ではなく、寒の状態と診断する。また体温の異常上昇がなくても、自覚的に熱感があり、顔が赤く、皮膚もふれると熱い、脈が速く、尿の色調が濃くて排尿回数少なく、軽度の口渇があれば熱の状態と判断するのである。このように東西両医学の発熱の概念は必ずしも一致しないことがある。
 さて、漢方医学では体力のある人の熱を実熱といい、体力なく疲労状態にあるときの熱を虚熱という。実熱は急性疾患のときにみられ、虚熱は慢性疾患、結核やリウマチのような消耗性疾患、自律神経機能異常、脱水などのときにみられる。
 すなわち、実熱は防御反応が強く現れ、また炎症状態の盛んな時期といえる。反対に虚熱は体力、気力とも衰えて防御反応も低下している状態と考えられる。


皮膚科系‐1

Ads by Sitemix