呼吸器系


呼吸器科系-2
息切れ

概念
 息切れは、呼吸が苦しくなってはあはあと息をすることであり、呼吸困難と同義語である。その原因となる主な疾患は、
@呼吸器疾患;急性・慢性気管支炎、気管支喘息、肺気腫、自然気胸、肺線維症、肺炎、肺結核、肺癌、間質性肺炎など。
A循環器疾患;心不全、心弁膜症、心筋炎、心筋梗塞など。
Bその他;血液疾患、代謝異常、上気道異物、神経筋疾患、過呼吸症候群などがあげられる。
 息切れ、呼吸困難は、呼吸促迫と呼吸浅表に分けられる。漢方では、呼吸促迫を短気といい、呼吸浅表を少気といい、これらを喘と総称する。
 心臓疾患や呼吸器疾患などはまず西洋医学的検査や治療が必要である。
 漢方治療の適応は、気質的疾患のない心臓神経症や更年期障害の場合が最も効果的であるが、気質的疾患があっても、軽症のものは、西洋医学的治療と併用するとよい。


呼吸器科系-3
せき・たん

概念
 せき・たんの原因はいろいろあり、現代医学では、肺の感染症、物理化学的な刺激、アレルギー性疾患、肺線維症、肺癌、心疾患による肺浮腫などがあげられる。最近ではそのほか、降圧薬であるACE阻害薬の連用により乾咳が発現する。
 漢方医学では乾咳はたんのないせきで、湿咳やたんが粘稠で喀出しにくいたん(燥痰)には、地黄、麦門冬、天門冬、当帰などの滋潤薬の入った麦門冬湯、滋陰降火湯などを投与する。
 湿痰は白色で大量のたんである。薄い水様性のたんで、舌苔が白く、四肢の冷えなどの寒症がみられるのも寒痰である。利水薬(麻黄、細辛、茯苓、杏仁、朮)などが用いられ、小青竜湯がよく使われる。喘鳴を伴う咳には、麻黄や杏仁の入った処方、小青竜湯、麻黄甘石湯、苓甘姜味辛夏仁湯が投与される。粘稠なたんが多いものには清肺湯がよい。
 漢方薬の治療は、各種の鎮咳去痰剤を中心にその病気の症状や症に従って、たとえば発熱、頭痛、身体痛(表証)があれば、それを治す薬物を配合したり、せきと同時に喘鳴を伴うかたんがでるかでないか、たんが切れにくいが切れやすいか、たんの量や性状(膿性、うすい、普通)、朝または夜に咳が多いかどうか、顔を赤くして咳き込むか、などに注意する。
 さらには、体力の衰えているものには滋養強壮薬の入った漢方を用いるなど、総合的な観点から治療を行う。もし必要があれば抗生剤などを併用してもさしつかえない。


呼吸器科系-4
吃逆(しゃっくり)

概念
 しゃっくりは横隔膜および呼吸補助筋が急に痙攣するために起こる異種の反射運動である。そして声帯が緊張して狭くなっているところへ急に息を痙攣性に吸うためにしゃっくりの音が出る。
 しゃっくりの大部分は暴飲暴食による胃の過伸展、アルコール、精神的因子が原因となっているものが多く、自然に治り無害であるが、なかには、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍や隣接臓器の炎症などによる喉頭や横隔膜などの異常刺激などで起こることがある。
 長期のしゃっくりは、圧倒的に男性に多く、気質的疾患であるが、女性では心因性のものが多い。
 西洋医学的治療法は、物理的療法、薬物療法(コントミン、プリンペラン、ランドセン)、横隔膜神経ブロックなどがある。
 漢方では気の上衝と水毒の上衝によるものと考えられており、次の処方が用いられる。


呼吸器科系-5
喀血
 
概念
 痰中に血液の混在するのを血痰をいい、純粋に血液のみを喀出するのを喀血という。
 喀血および血痰の原因は、気管より肺胞にいたる呼吸器系のどこかの疾患や損傷により起こるもので、外傷、気管支炎、気管支拡張症、肺結核、肺炎、肺癌、心疾患、大動脈瘤の破裂、肺梗塞、白血病、代償性喀血などの疾患があげられる。
 大量の喀血は、気道閉塞による窒息死の危険があるため、気管支鏡による止血や、気管支動脈閉塞栓術などの適切な処置が必要である。
 漢方治療は、20ml以下の少量の喀血が適応である。
 喀血の漢方医学的診断としては、陽性・熱性の出血(血色もよく、手足が温かで脈も力があるもの)、陰性・寒性の出血(血色も悪く、手足が冷え、脈の力も弱い)かを診断し、陽性・熱性の喀血には、黄連解毒湯、三黄瀉心湯などが用いられ、陰性・寒性の喀血には地黄を主剤としたきゅう帰膠艾湯、四物湯などが用いられる。両者が混在している場合には、温清飲(黄連解毒湯と四物湯の合方)を用いる。お血の証があれば、駆お血剤(桃核承気湯、折衝飲など)を用いる。


呼吸器科系-6
カゼ症候群(インフルエンザ)

概念
 カゼの原因の大部分はリノウイルス、コロナウイルスなどのウイルスである。したがって治療法は、安静、保温、解熱鎮痛薬、鎮咳薬、去痰薬などの対症療法が主体である。
 カゼは、個人個人によってそれぞれ違った症状を現す。漢方医学的には、まず太陽病として始まり、悪寒、発熱、頭痛、身体痛、項背のこわばり、関節痛などの体表の部位に見られる症状、すなわち表証が現れる。治療には葛根湯、麻黄湯、桂枝湯などを投与する。病気がさらに進んだり、こじれてくると全身倦怠、食欲不振、弛張熱、微熱、寝汗、咳嗽、胸脇苦満などの症状がでるが、これらは半表半裏症といわれ、柴胡剤を中心にして治療する。
 以上のように、患者の平素の体質、環境、病気の軽重、症状の相違によって、その人その人に応じて処方を用いるのが漢方治療の特徴である。したがって、西洋薬の対症療法よりも、漢方の随証治療のほうが病気を全体的、総合的に把握して治療を行うので、より合理的と考えられる。また虚証の人のカゼや長引いたカゼには漢方治療のほうが優れている。
 とくに発熱は、体温を高めてウイルスの増殖を防ぎ、感染防御機構を活発にすると考えられ、積極的に解熱剤を使用しないほうがよいことがわかってきた。カゼの治療は身体を温める作用のある漢方のほうがよい適応である。


呼吸器科系-7
気管支喘息

概念
 気管支喘息は、気道の可逆性閉塞性疾患で、その狭窄が自然にあるいは治療によって改善されるものである。その真の原因は不明であるが、喘息の中心病像は、好酸球、リンパ球、肥満細胞など多くの炎症細胞が関与する気道の慢性炎症であることがわかった。
 現在医学による喘息治療の基本は、ステロイドの吸入療法で炎症をとり、気管支拡張薬で気道の収縮を治そうとするものである。
 喘息の真の原因は不明であるが、発作は種々のアレルゲンによって誘発され、薬剤や運動、過労あるいは感情の変化、気象の変化などさまざまの因子が引き金となって生じる。したがって喘息は全身病として考えるべき面がある。
 以上のことから、喘息に対する漢方療法が見直されてきたのである。そして、わが国の喘息治療のガイドラインに漢方治療は軽症、中等症によい適応があると述べている。
 気管支喘息の漢方治療を大別すると、発作に対して対症的効果ないし速効を期待する薬方と、体質改善による根治的効果を期待する薬方がある。前者には、多くは麻黄剤が組み合わされている薬方を用い、後者の場合は柴胡剤の加味方が多く用いられる。また発作時に両者を組み合わせて治療すると意外に速効するときもある。
 喘息の発作時の治療は、軽い発作なら麻黄剤をうまく使うとよいが、強い発作の場合は、現在医学による治療のほうが優れている。
 喘息に対する漢方治療の要点は、寛解期に柴胡剤や補剤をうまく使用して、胃腸を丈夫にしたり、気道の過敏性を鎮静させること、すなわち体質改善を行って発作を予防することにある。


呼吸器科系-8
急性・慢性気管支炎、肺炎

概念
 急性気管支炎は、通常、かぜ症候群に続発して起こる。原因はウイルス、マイコプラズマ、細菌などの感染によることが多い。初期には乾性のせきであるが、次第に粘稠性から粘膿性の喀痰を伴うようになる。
 慢性気管支炎は、気道の慢性炎症で、2年以上連続して、毎日、せきやたんが続くものである。病因として喫煙や大気汚染が重要である。
 肺炎の病因病原菌は、細菌性肺炎では肺炎球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌などであり、非定型肺炎では、マイコプラズマ、クラミジア、ウイルスなどである。若年者ほど非定型肺炎が多く、高齢者では細菌性肺炎が多い。悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病などの基礎疾患のある患者や高齢者は感染防御力が低下しているので、菌力の弱い者にも感染しやすい。
 これらの疾患の漢方治療は、まず、咳嗽、喀痰の治療に準じて行うが、発熱、全身状態などを考慮して治療を行う。
 漢方薬の鎮咳、去痰、気管支拡張作用、抗炎症作用により、気道の分泌物の喀出を気道の清浄化をはかる。
 高齢者や種々の基礎疾患を有している人など、全身の体力の衰えた人の場合には、漢方薬の滋養、強壮作用により、身体の抵抗力を強め、全身状態を良くして治癒を促進させる。
 漢方薬には強力な抗菌作用はあまりないので、適切な抗生物質を併用する必要がある。


呼吸器科系-9
気管支拡張症、肺化膿症

概念
 気管支拡張症は気管支内腔が不可逆性に拡張する疾患である。
 肺炎、肺化膿症、肺結核の後遺症や先天性、免疫異常などから起こることが多く、がんこに治りにくい膿性痰、血痰、出没する発熱を主訴とする。症状は一進一退する。時折急性感染を起こす。抗生物質による感染治療、去痰療法、呼吸不全対策が治療の中心である。
 肺化膿症は細菌感染による肺の化膿性および壊死性変化で、膿瘍形成のみられるものをいう。各種化膿菌、嫌気性菌などの混合感染が原因で、原発性と続発性肺化膿症とに分けられる。症状は、不定の高熱、腐敗臭を有する多量の膿性痰である。
 本症の治療方針は、抗生物質による感染治療(特に肺化膿症の場合は、早期に適切な抗生剤を十分に投与する)、去痰療法、栄養、水分などの全身療法、呼吸不全対策、外科療法などがある。
 漢方薬には、強い抗菌作用はあまりないので、適切な抗生物質を併用する必要がある。漢方薬には、去痰作用と気管支拡張作用、抗炎症作用があるので、気道の分泌物の喀出と、気道の清浄化をはかり、そして、老人など、全身の体力の衰えた人の場合には、漢方薬の滋養・強壮作用により、体の抵抗力を強め、全身状態をよくして、治療を促進するのが目的である。


呼吸器科系-10
肺結核(非定型抗酸菌症を含む)

概念
 肺結核の治療は、化学療法が主体となる。したがって、漢方治療は、高齢や慢性化して体力が弱ったもの、耐性菌のため難治なもの、化学療法による副作用、たとえば肝障害を起こしたもの、非定型抗酸菌症のM,aviumcomplexのように、抗結核薬に耐性で、難治なものなどに行う。漢方治療では、患者の体力をつけて、自然治癒を助けることを目標とするのである。


呼吸器科系-11
肺気腫

概念
 肺気腫は、高齢人口の増加、大気汚染などのため、最近著しく増加している疾患である。とくに中高年の喫煙歴のある男性に多い。病理形態学的には、終末細気管支を含めた、より末梢肺胞壁の破壊が生じている。
 自覚症状は、労作時、体動時の息切れ、呼吸困難である。そのほか、喀痰、咳、喘鳴などが認められる。
 胸部X線や胸部CT検査で、肺紋理の減少、肺実質の破壊、肺血管影の減少、肺野の嚢胞性変化などが認められる。呼吸機能検査では、1秒量、1秒率の低下がある。
 西洋医学的治療は対象療法であり、気管支拡張薬、去痰薬、呼吸理学療法、感染時には抗生物質投与を行い、重症例では在宅酸素療法を行う。禁煙は厳重に指導する。
 漢方処方には、去痰作用、気管支拡張作用、抗炎症作用、体力の強壮作用などがあるので、呼吸理学療法や現代医学的治療に、漢方を証にしたがってうまく併用して、息切れ、せき、たん、喘鳴などの症状を改善させることができる。


呼吸器科系-12
間質性肺炎

概念
 間質性肺炎は、@原因不明、A膠原病に伴うもの、B薬剤によるものに大別される。原因の明らかな薬剤によるものは、これを除去すれば改善することが多いが、@Aは原因不明で、慢性に肺の線維化が進行する。
 症状は労作時呼吸困難、乾性咳をもって発症し、感冒などを契機に急性増悪をきたすことがある。肺の聴診ではベルクロラ音が認められ、胸部X線検査では、スリガラス様変化、心陰影の不鮮明化、線状・網状影の増加を認める。
 治療は、急性増悪期には、ステロイド薬が用いられる。必要によっては在宅酸素療法を導入する。
 現在、根本治療は、肺移植しかないので、漢方治療はステロイド薬の副作用を少なくしたり、感冒にかかるのを防いだり、病変の拡大を防ぎ、進行を緩やかにすることを目標として行われる。
 間質性肺炎に対する漢方治療は、柴胡剤(小柴胡湯、柴朴湯、柴胡桂枝乾姜湯など)がよく用いられてきた。しかしこれらの処方は少数例ではあるが、薬剤性間質肺炎の副作用が報告され、「警告」に記載されている。したがって、間質性肺炎の治療には、柴胡剤は注意して用いればよいのであるが、訴訟問題などを考えると、避けたほうがよいと考えられる。




循環器・血液科系

循環器・血液科系-2
胸痛

概念
 胸痛は@胸壁、A胸部臓器疾患の二つに大別される。Aのうち心疾患によるもの、肋膜、肺疾患によるものは他項目を参照されたい。ここでは胸壁疾患として、帯状疱疹、肋間神経痛、筋肉痛に的を絞って解説をする。
 胸痛の原因疾患は多数あるので、まず現代医学的診断を行うことが必要である。ここではとくに肋間神経痛に重点を置いて解説する。
 漢方医学では神経痛は胸痛、脇痛、腰痛、中風、痛風などといった病門に含まれている。風、寒、湿の邪が関与し、

Ads by Sitemix