循環器・血液科系

循環器・血液科系-2
胸痛

概念
 胸痛は@胸壁、A胸部臓器疾患の二つに大別される。Aのうち心疾患によるもの、肋膜、肺疾患によるものは他項目を参照されたい。ここでは胸壁疾患として、帯状疱疹、肋間神経痛、筋肉痛に的を絞って解説をする。
 胸痛の原因疾患は多数あるので、まず現代医学的診断を行うことが必要である。ここではとくに肋間神経痛に重点を置いて解説する。
 漢方医学では神経痛は胸痛、脇痛、腰痛、中風、痛風などといった病門に含まれている。風、寒、湿の邪が関与し、これらの病邪が経路の流通を阻害して気血の停滞を招き、痛みを招来するとされている。
 痛みが慢性化したものでは、お血、水毒の関与が考えられている。
 現代では、帯状疱疹には抗ウイルス剤のゾビラックス内服、アラセナA外用が治療の基本であろう。本症の発病当初から漢方製剤を用いてよい。
 現在では帯状疱疹後神経痛は抗ウイルス剤の導入以後は激減した。
 胸壁疾患による胸痛が激しいときには漢方治療とともに鎮痛剤が必要なこともある。


循環器・血液科系-3
動悸(心悸亢進)

概念
 動悸は自覚症状であって、心臓がドキドキすると感じるもので、心臓の拍動を不快感を伴って意識することをいう。動悸を訴える疾患は、心疾患のみならず、それ以外の疾患もある。
 漢方医学でいう動悸は、現代医学でいう上記の状態のみならず、例えば「腹部で動悸が触れる」という言葉があるように、腹部大動脈拍動の触知をも指すようである。著者の理解ではこのように一部他覚的所見も含む。
 関連する漢方医学用語には心悸、心動悸がある。これらは動悸と同義であろう。心煩は心臓部に熱感。動悸を感じるもの。心下悸はみぞおちの動悸、臍下悸は臍の下の動悸、腹中動悸は腹中の動脈の拍動を感じたときの表現である。
 動悸を訴える疾患で、漢方治療が適応する疾患は心臓神経症、自律神経失調症、更年期障害などである。高血圧症、心不全、甲状腺機能亢進症、貧血、不整脈、発作性頻拍、心房細動などの各疾患の治療を第一に考えなければならない。以上のように原疾患の解明がまず重要である。


循環器・血液科系-4
出血傾向

概念
 出血傾向を引き起こす疾患は多数あるが、重篤な疾患は漢方治療の対象ではない。
 本項は、後項貧血と一部重複するところがある。再生不良性貧血、白血病などは後項を参照されたい。
 血液疾患として標1のうち、漢方適応疾患は○、不適応疾患を×、そのいずれともいえないものに△を付した。もちろん×を付した疾患でも漢方薬を補助療法として用いることには問題がない。△および×を付した疾患では、主として現代医学の薬物が用いられている。
 漢方治療が対象となる出血の症候は衄血、皮下および皮膚出血、性器出血、吐血、喀血、血尿、下血、痔出血などで、重篤な基礎疾患によらず、出血が大量でないものであろう。
 出血に対してはまずその原因の検索が優先することはいうまでもない。とくに吐血、喀血、下血では診断が重要である。
 現代医学的治療が優れている場合、例えば緊急に手術を要する場合、表1において×のついた場合などには、それに相当する処置が行われなければならない。
 出血にも陰陽、あるいは虚実が区別される(表2)。
 表2のように、陰証・虚証の出血と、陽証・実証の出血が区別される。この両者と関係は深いがお血証による出血を区別することができる。
 
表1 血液疾患における漢方の適応
 血小板減少性紫斑病 △
 血小板機能異常症 ×〜△
 血管性紫斑病 単純性 ○
           老人性、悪液質性 △〜○
           ステロイド使用による △〜○
           シュンラインヘノッホ ×
 第[因子欠乏   ×
 血管内凝固症候群  ×


表2 出血の陰陽、虚実
 
 陰証・虚証傾向        陽証・実証傾向              お血性出血
さむがり・冷え性        あつがり・のぼせ症           お血証: 
顔色が悪い           血色がよい                 小腹ごう満
脈に力がない          脈に力がある                皮膚粘膜の赤黒い色調、
やや赤黒い出血        比較的鮮紅色の出血           毛細血管の拡張、
にじみでる出血         比較的勢いのよい出血          などを伴う

処方:きゅう帰膠艾湯    処方:黄連解毒湯             処方:桃核承気湯
    四物湯             三黄瀉心湯                 桂枝茯苓丸
    小建中湯            桃核承気湯                 きゅう帰膠艾湯

▼急性出血
 急性の出血に対しては病勢が激しいと考えて、実証の患者はいうまでもなく、虚証の患者にも、実証向きの処方が用いられることが多い。例えば三黄瀉心湯、黄連解毒湯などがそれである。

▼慢性出血
 慢性の出血は文字通り、勢いのない、じわじわとした、長時間にわたる出血である。
 この場合、漢方医学の原則に基づき、虚証タイプには補剤を、実証タイプには瀉剤をそれぞれ応用しなければならない。
 しかし、一見実証タイプであっても、長期にわたる出血によって、体力の低下が顕著である場合には補剤を用いなければならない。
 漢方医学の特徴の一つは反復出血、出血傾向に対する効果であろう。言葉を換えていうと、出血のない時期から長期連用により、いわゆる体質改善が得られ、病気から回復することであろう。例えば習慣性鼻出血、過多月経などがこれに相当する。


循環器・血液科系-5
貧血

概念
 貧血は血色素、赤血球数の低下を示すもので、その成因には、
(1)骨髄における造血能力の低下。
(2)消化管(胃・十二指腸潰瘍)、痔、子宮などからの出血、
(3)赤血球寿命の短縮、赤血球のぜい弱、溶血、
以上の三つが考えられる。
 貧血を起こす疾患は多数ある。現代医学ではこれら貧血に対して種々の対応法を用意している。
 まず、貧血においては現代医学的に病因を診断することが第一である。貧血の原因が、重要臓器の出血による場合などはその原因疾患の検査が重要である。
 貧血には症候性貧血、鉄欠乏性貧血、鉄芽球性貧血、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、白血病、赤芽球癆などが区別されている。症候性貧血は感染症、膠原病、腎不全、肝障害、栄養障害、妊娠などにみられる貧血である。
 漢方処方は上記のいずれの疾患においても用いられる。多くの重篤な貧血では、当然現代医学的諸治療がすでに行われている。したがって漢方治療を試みる段階では、通常、現代医学との併用が行われることになる。
 症候性貧血では原疾患そのものに対する治療が必要である。この面に関しては、各疾患の項を参照されたい。もちろん漢方医学は原疾患と貧血を関連づけて治療を考える。
 前述のように、貧血の原因を早期に的確に診断し、治療法を決定することが大事である。現代医学的治療、漢方治療あるいはその両者の併用いずれがよいか決定しなければならない。
 しかし実際には多くの場合、現代医学的治療が行われ、漢方治療が単独で行われることは少ない。多くの重篤な血液疾患(再生不良性貧血、白血病など)では現代医学的な諸治療がすでに行われている。
 したがって、漢方治療を試みるならば、今まで行われている現代医学的に併用する形で行われることとなる。
 一般的に、鉄欠乏性貧血に対して漢方単独治療が行われることは少ない。その理由の一つとして、還元鉄配合漢方製剤が健康保険では認められていないことが挙げられる。鉄配合処方として鍼砂湯がある。本方は鉄欠乏性貧血に対する頻用処方であると考えられるが、健康保険薬価基準には収載されていない。鉄欠乏性貧血、妊娠貧血に対しては通常、鉄剤と漢方薬の併用療法が行われる。
 女性にみる月経過多による貧血は、貧血の項、婦人科疾患の項の三者に共通する問題である。
 貧血は血虚と関連が深いものと考えられる。血虚は、虚証の徴候の一つである。
 血虚は顔、唇、爪の血色なく、頭暈、耳鳴、不眠、女性で月経の不調を伴う。『素問』では「心主血、肝臓血、脾統血」と記されている。
 血虚に用いられる薬物が補血薬である。補血薬は当帰、阿膠、白芍、丹参などがある。これらには補血とともに活血、止血の効もあるとされている。
 漢方治療が適応する疾患としては、
(1)鉄欠乏性貧血
(2)妊娠貧血
(3)その他出血性疾患、症候性貧血
などがある。
 漢方治療の意義は胃腸を丈夫にし、体力の増強をはかり、血液の末梢循環を改善することなどであろう。このような病態には補虚剤、補血剤、利水剤が有用である。
 現代医学では上記のようなことを目的とする手段に乏しい。
 鉄欠乏性貧血では、現代医学の鉄剤とともに、適切な漢方処方を服用すれば、鉄剤による副作用である胃腸障害の予防と、貧血の早期改善が得られる。
 失血性貧血に対しても同様のことがいえる。もちろん原因疾患に対する治療が重要であることはいうまでもないが、さらに適切な漢方処方の内服を併用すれば、貧血の著明な改善が得られる。
 妊娠貧血に関与する因子として、水血症と鉄欠乏性貧血の両面があるといわれている。それゆえ、鉄剤の内服あるいは注射とともに、水血症の治療が必要である。水血症は、漢方医学的にいえば、水毒と考えられる。この病態には利水剤の内服が必要である。一般的に現代医学の利水剤は、水血症の治療にはあまり適しているとはいえない。これに対して、漢方処方は電解質のバランスを崩すことなく、利尿・利水効果があり、しかも妊娠そのものに対しても、安胎効果がある。処方としては、当帰芍薬散、四物湯合苓桂朮甘湯(連珠飲)、四物湯合四君子湯(八珍湯)、当帰四逆加呉茱萸生姜湯があり、なかでも当帰芍薬散が頻用される。
 再生不良性貧血、赤芽球○に対しては漢方薬は通常、洋薬と併用の形で用いられる。これは疾病の性質上やむをえないことであろう。帰脾湯、加味帰脾湯、十全大補湯、補中益気湯、人参養栄湯、なかでも前二者がしばしば用いられる。今までの臨床治験報告では帰脾湯、加味帰脾湯、十全大補湯などの使用例がある。著者も帰脾湯、加味帰脾湯による有効と推定される例を経験している。


循環器・血液科系-6
心不全

概念
 心臓の機能低下すなわち心不全は、収縮性低下によって生じる。その結果末梢組織に必要なだけの血液を送れなくなる。左心不全は肺にうっ血を生じ、空咳、呼吸困難、起坐呼吸、湿性ラ音、X線上の肺のうっ血像、肺水腫像を、右心不全は頸静脈の怒張、全身静脈の怒張、肝腫大、浮腫、胸水、腹水などを生じる。
 心不全の治療はまず第一に現代医学的治療である。漢方治療は心不全の重症例には適さない。漢方治療は現代医学治療の補助療法あるいは軽症の心不全に対するものである。
 『金○要略』の痰飲・○嗽病篇では4つの飲症を挙げ、なかでも「支飲」として、胸膈の間に水分が停滞して「喘して臥する能わず、加うるに短気し、その脈は平なり」あるいは「膈間に支飲ある時はその人喘満し、心下はひ堅し、面色は○黒、その脈は沈緊」と心不全の病状を把握している。
 漢方治療は重症の心不全に対して、対応できる処方をもっていないので、昔は種々の漢方処方にジギタリス葉末を加えたといわれる。


循環器・血液科系-7
不整脈

概念
 不整脈は種々の原因疾患を含んでいる。虚血性心疾患、心筋症、先天性心疾患などの有無を考慮し、それに対する治療と不整脈の治療を兼ねて行う。
 不整脈のなかには、漢方治療が適さないことも多い。緊急処置を必要とする不整脈については現代医学の治療法を参考とされたい。
 漢方治療の対象は上記以外の、洞性不整脈、心室性期外収縮、上室性期外収縮、心房細動、心房粗動、脚ブロックなどであろう。
 これらの疾患においても、現代医学的治療を優先し、現代医薬により副作用のでる例、現代医薬の服用を拒む例、心身症的傾向の強い例に漢方治療を行うのがよいであろう。
 心室性期外収縮のうち基礎疾患のない良性のものは漢方治療の対象になるものと思われる。


循環器・血液科系-8
高血圧症

概念
 高血圧症の原因は本態性と症候性の二つに分けられる。

高血圧症の病因による分類
1.本態性高血圧症
2.症候性高血圧症
 (1)腎性高血圧症
 (2)内分泌性高血圧症
 (3)心臓血管性高血圧症
 (4)神経性高血圧症

 症候性高血圧症の治療においても、漢報製剤を用いることはできるが、疾病によって外科的適応あるいはほかの内科的治療がそれぞれ優先する場合がある。
 本態性高血圧症の治療においては、食事、便通、睡眠、安静などの日常生活の指導を行い、それでも血圧が高値を示す場合には、利尿降圧剤、β遮断剤、Ca拮抗剤、血管拡張剤、α遮断剤、ACE阻害剤などが用いられる。
 漢方製剤の降圧作用は比較的緩徐である。高血圧症の随伴症状である精神不安、のぼせ、焦燥、頭痛、頭重、肩こり、耳鳴り、めまい、動悸、不眠、頻尿、夜間尿、冷え性などの愁訴を除くことによって、二次的に血圧降下作用を示すと考えられる。
 著者は軽症の高血圧症には漢方製剤単独投与、中等度から重症の高血圧症に対しては、降圧剤との併用治療を行っている。
 併用の基準は、現在までのところ、明確なものはない。
 一部、降圧剤の副作用を除く意味での併用もある。例えば、ACE阻害剤による咳嗽を除くために麦門冬湯を、Ca拮抗剤を除くために黄連解毒湯、加味逍遙散を、それぞれ用いることがある。
 高血圧症の症例は大多数が、陽証、実証傾向である。ごく一部に陰証、虚証の症例がある。
 高血圧症の漢方治療は、いうまでもなく古典には記載されていない。高血圧症という病態によって生じた、種々の身体・精神のImbalanceの改善がその目的である。
 陽証、実証、上衝、お血、腎虚などの病態が関連することが多いので、それぞれの症状を目標に、種々の方剤を考慮することになる。


循環器・血液科系-9
低血圧

概念
 低血圧症の漢方治療と高血圧症の漢方治療の間には、一部共通性がある。
 高血圧症の症例は陽証・実証の傾向が多いが、低血圧症の症例は陰証・虚証の傾向が多い。陰証・虚証の高血圧症は低血圧症の治療と同じである。
 低血圧症の漢方治療は昇圧を目的とするのではなく、低血圧症の随伴症状の改善を目的としている。
 低血圧症の自覚症状としては、疲労感、めまい、四肢冷感、頭重感、肩こり、動悸、便通不調、心臓部不快感、性欲減退、集中力低下、不眠、食欲不振など多岐にわたる。
 低血圧症のなかにも二次性の低血圧があるが、ここで取上げるのは本態性低血圧症である。
 漢方医学的にみると、上記の症候は陰証、虚証、水毒、血虚などを示している。これらの四症候は互いに関連している。


循環器・血液科系-10
閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎(バージャー病)、レイノー病

概念
 閉塞性動脈硬化症(ASO)は動脈硬化性病変によって血管内腔の狭窄や閉塞を生じ、そのために下肢の血流が低下することにより、種々の症状が生じる。
 閉塞性血栓血管炎(バージャー病)は50歳以下の成人男性に好発する四肢動脈の慢性閉塞性病変で、原因不明の非特異的血管炎である。発症と症状増悪は喫煙と密接な関連性がある。
 近年食事の変化、高齢化などから閉塞性動脈硬化症の増悪が著しく、その比率は逆転した。
 両疾患の主症状は間欠性跛行で、患者は歩行により、四肢の疼痛、ひどい疲労感、しびれ感のため、歩行不可能となる。休息によって回復する。わずかな原因により外傷を生じて特発性脱疽となる。
 治療法として血行再建術、腰部交感神経節切除などが行われる。薬物療法にはプロスタグランジン、抗血小板剤、漢方製剤などがある。
 レイノー病、レイノー症候群は寒冷、また精神的緊張などが誘因となって、四肢の細小動脈に攣縮が生じ、発作性に手指・足趾の皮膚に蒼白、チアノーゼ、さらに冷感、疼痛が生じる。
 レイノー症候群は基礎疾患として、閉塞性動脈疾患、膠原病、振動病などに伴ってレイノー現象が生じる。
 本症三疾患に共通する漢方医学的病態はお血である。このような疾患をきたす体質は陰証、虚証の人が多く、病位は裏で、厥陰病であろう。
 このような場合、お血の病態のほか、気虚、さらに水毒が加わっていると考えられる。したがって、駆お血剤をベースに、補気剤、温補剤、利水剤などを組み合わせることが重要である。


循環器・血液科系-11
発作性頻脈症、心臓神経症(奔豚症)

概念
 発作性頻脈症は上室性、心室性、WPW症候群に分類されている。頻脈症の発作そのものに対しては、漢方医学的には適切な方法がないといっても過言ではないであろう。
 まず、発作性頻脈症に対しては現代医学的に正しい診断が必要である。
 漢方治療は発作予防、あるいは体調の改善によって発作誘発因子の抑制ということであろう。
 心臓神経症は心悸亢進、前胸部痛、呼吸困難などの心臓症状を訴えるが、それを裏づけるような器質的疾患が見い出せない場合、本症と診断される。同時に心身医学的な検査、内科的な血液検査、甲状腺機能検査なども必要である。
 漢方医学の原典の一つである『金匱要略』には、胸痺・心痛が記載されている。胸痺・心痛は一般に狭心症を指すが、発作性頻脈症、心臓神経症も含む。また「奔豚」(激しい動悸が臍の下から胸に向かって上がってくる状態)が記載されているが、これも心臓神経症と関連している。
 『病源候論』(隋時代の漢方病理論書)には気病の一徴候として奔豚気を挙げている。奔豚気も上記奔豚と同様の状態である。
 心臓神経症とも関連するが、Panic disorder には救急治療が必要であろう。
 心臓神経症は一般的に漢方治療のよい適応であろう。


循環器・血液科系-12
狭心症、虚血性心疾患

概念
 本症においては、急性期、慢性期のいずれにおいても現代医学的治療が優先する。
 急性期には薬物療法としてはニトログリセリン舌下錠、同貼布剤、その他Ca拮抗剤、βブロッカー、血小板凝集抑制剤などを常用するのが基本であろう。症例によってはICU、外科手術も考慮すべきであろう。
 漢方治療は補助療法の域に、あるいは現代医薬に副作用がでやすい例、神経質な症例に留めるべきであろう。
▼漢方治療の出番
(1)自覚症状として胸部違和感、動悸、のぼせ、いらいら、めまい感など不定愁訴、神経症様愁訴の改善。
(2)胸満・便秘その他全身症状の改善。
(3)冷えによる発作誘発の改善。
(4)疲労による発作誘発の改善。
(5)駆お血剤による血管対策が考えられるが、これはまだ証明されていない。
『金匱要略』に「胸痺、心痛、短気病の脈証と治」という篇があり、胸痛の治療が述べられている。胸痺、心痛はともに現代医学の狭心症と虚血心疾患の発作に類似している。
 すでに述べたように、現代の漢方製剤は本症に十分対応しているとはいいがたいので、例えば生薬として加工附子末、サフラン、田七人参、紅参、丹参なども漢方製剤に加方して、応用の場があるのではないだろうか。


循環器・血液科系-13
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

概念
 本症は漢方医学上、脾不統血、気不統血という過程によって生じるといわれている。
 このようなことから、本症には脾虚、気虚に用いる方剤が対応している。患者が漢方治療を受けるまでには、すでに現代医学的治療を受けていることが多い。
 周知のように本症には免疫機構による発症が関与するといわれている。
 現代医学ではプレドニソロン、エンドキサン、オンコビンの各投与、摘脾などが行われている。
 本症の全国的な調査により、加味帰脾湯、帰脾湯が有効であることが判明している。この調査の内容は漢方医学の証とは関係ない用い方の結果であるが、血液学専門医の検討を経ているのでデータの信頼性はあると考えられる。
 帰脾湯の原典『済生全書』には「脾経の失血、少し寝て発熱盗汗し、或は思慮して、脾を破り、血を摂すること能わずして、・・・」と記載されている。



Ads by Sitemix