泌尿器

泌尿器科系-1
泌尿器科疾患の漢方治療について

 漢方に関し、最初から古典に学ぶことは困難である。そこでとりあえず泌尿器科領域で西洋医学的な概念と対比を試みた。
 泌尿器科領域とは、西洋医学的には腎・尿路・男性生殖器系を指すが、漢方的に解釈すれば、五臓に当てはめてみると一部「脾」の概念が入るものの、ほぼ「腎」に相当するように思われる。この腎の衰え、機能低下は腎虚と表現され、泌尿器科領域では、頻尿、尿失禁、陰萎などが腎虚と結びつくものと考えられる。
 一方、気血水で考えると、気の衰え(気虚)は、腎虚、脾虚に通じ、前述の腎虚の症状を示すものと考える。気の鬱滞(気鬱)は、尿路不定愁訴に結びつく。血の鬱滞はお血と表現されるが、慢性前立腺炎や前立腺肥大症に伴う骨盤内うっ血症候群(排尿障害、会陰部痛、下腹部不快感など)は、まさにお血の症状と考えられる。排尿困難、浮腫などは水の停滞(痰飲)すなわち水毒と考えられる。
 これらの病態に対し、例えばお血に対しては駆お血剤ををいうように、適切に漢方製剤を選択すれば、回復、治癒の方向にすすむと考えられる。さらに最近では、結石の疼痛に対して、芍薬甘草湯を用いるように、薬理作用を念頭に置いた使用法も増加しつつある。
 泌尿器科領域で、漢方治療が優先あるいは極めて有効な疾患は、尿路不定愁訴(尿道症候群、慢性非細菌性前立腺炎、神経性頻尿症など)、性機能障害などであり、これに順ずるものとして、慢性腎炎、人工透析中の愁訴、前立腺肥大症、男性不妊症、尿失禁、尿路の線維化症などがある。
 補助的に、あるいは西洋薬との併用療法で漢方製剤を用いる場合は、尿路結石、慢性尿路感染症、副腎疾患などである。
 代表的な病態、疾患に対する漢方療法については、以下に順次述べる。


泌尿器科系-2
頻尿、尿意頻数

概念
 頻尿・尿意頻数で漢方治療の対象になる場合は、夜間頻尿では前立腺肥大症、昼間の頻尿では神経性頻尿症、昼夜を問わずきたす膀胱炎、慢性前立腺炎、および膀胱機能障害(不安定膀胱を含む)などであろう。膀胱炎、前立腺炎は、ほかの項で詳細に説明する。
 前立腺肥大症は、前立腺癌との鑑別が重要で、夜間の頻尿のほか、尿意切迫、会陰部の不快感なと初期症状のみでは鑑別が困難であり、専門医による診断が必要となる。膀胱機能障害も排尿状態の検査、膀胱内圧測定などの検査をしたうえで、治療方法を判断することが望ましい。神経性頻尿症は閉経期以降に多く、昼間のみの頻尿で、夜間に尿意を催さないことが特徴である。
 『諸病源候論』(隋の大業6(610)年、勅令によって巣元方らが集成した漢方医学の診断学、症候学ともいうべき書)の諸淋候に小便が出し渋り、痛む症状を淋と表現している。淋には五種類あり、石淋(砂淋ともいい、結石のこと)、気淋(神経性頻尿症)、膏淋(膿尿)、労淋(過労のために体内の水分が少なくなり、尿量が減じて濃厚となり、排尿痛をうったえるもの)および血淋(頻尿に血尿を伴うもの)である。


泌尿器科系-3
多尿

概念
 多尿とは文字通り1日の尿量が増加した場合をいう。多尿の漢方治療の対象としては、内分泌代謝疾患として糖尿病、腎疾患として腎炎、ネフローゼなどがあるが、このほかに習慣性多飲も含まれる。
 治療の目的としては、下半身の衰え(虚)があれば、これを補い、水毒(水分の体内停滞などの調節不全)があれば利水(利尿ではない、水が出過ぎるときもこれを調節する)をはかり、冷えがあれば体を暖め、合わせて胃腸機能の亢進、調和をはかる。


泌尿器科系-4
乏尿、無尿

概念
 尿量の減少が乏尿で、膀胱に尿がたまっていない状態が無尿である。膀胱に尿があるが、出ない状態は尿閉という。尿閉については古くは紀元4世紀ごろ、張苗により葱を用いて導尿したと伝えられているが、現在ではカテーテルでの導尿が通常で、漢方治療はまず行われない。
 無尿には、心疾患、血圧低下などの全身状態から生じる腎前性と、腎自体の障害による腎性、それに尿路の通過障害による腎後性がある。腎後性無尿は、泌尿器科的処置が優先される。
 漢方治療の対象は、腎前性と腎性である。


泌尿器科系-5
血尿

概念
 血尿は泌尿器科領域のあらゆる疾患と関係がある。症状を伴う血尿と、伴わないいわゆる無症候性血尿とに大別することができる。無症候性血尿は、その中に尿路悪性腫瘍が含まれるため、西洋医学的にまずこれらを鑑別しておくことが必要である。
 漢方的には、排尿痛などの症状を伴うものをおおよそ血淋、無症候性のものを血尿と称している。『黄帝内経素問』にも、字は異なるが溺血という表現がある。
 血淋は膀胱炎、尿路結石などに伴って起こることが多い。これらの漢方治療については、それぞれほかの項で触れることにする。
 尿血には、顕微鏡的血尿から肉眼的血尿まで多岐にわたるが、諸検査で器質的原因のみとめられない腎出血(良性血尿)が、主に漢方治療の対象となる。


泌尿器科系-6
性欲異常と男性不妊

概念
 性欲異常は、性欲亢進、性欲低下に分類され、大部分は性欲低下であり、血管性、外傷性、内分泌性などの原因の明らかなものは、原疾患の西洋医学的治療を行う。全体の80%以上を占める心因性インポテンツが、漢方治療の対象となる。カウンセリングとともに、漢方製剤を使用すると、しばしば有効例が得られる。
 男性不妊症では、一般に体力の低下した(虚証)が多く、体力を増強させるような漢方製剤がよく用いられる。


泌尿器科系-7
陰嚢の冷感、陰茎の違和感

概念
 『金匱要略』の桂枝加竜骨牡蛎湯の項に、「それ失精家は、小腹弦急し、陰頭寒く・・・」とある。性欲の衰えている人は、下腹が弓の弦を張ったようにつっぱり、陰嚢が冷えるというわけである。もう少し意味を拡大すると、陰茎亀頭の先端部の不快感、冷えて尿が滲みだしているような感じを訴える人が多く、このような場合もこの状況に含まれるかもしれない。陰萎も含めて、性器神経症ともいわれるような例と解釈される。


泌尿器科系-8
腎・尿管疼痛(腎結石症を含む)

概念
 腎部の疼痛は、側腹部から背部にみられ、慢性の尿路通過障害による水腎症、水尿管症、炎症による腎実質の膨大、腫瘍などによる周囲からの圧迫、腎下垂に伴う尿管の閉鎖などが原因として考えられる。これらのほとんどは、西洋医学的処置が優先されるものである。
 結石、腎下垂に伴う疼痛は、突然の尿路の閉塞で腎盂内圧が亢進し、腎被膜に分布する知覚神経を刺激して生じる激痛で、疝痛とよばれる。時に嘔気、嘔吐を伴う。また、腎盂、腎杯などに結石がはまり込み、鈍痛をきたすこともある。これらは、西洋医学的処置との併用か、漢方単独で有効な場合が少なくない。
 『諸病源候論』示された石淋は、この結石の症状を表している。「発すれば即ち燥痛して悶絶し、石出ずればすなわち歇む」。


泌尿器科系-9
膀胱炎、尿道炎

概念
 最も多く臨床的に遭遇するのは、急性とくに細菌性炎症である。これらは、一般に抗菌剤で治療をすることが必要である。しかし、急性でもいったん治療した後に、再発を繰り返す反復性膀胱炎は、漢方治療の対象となる。ただ、反復する原因として膀胱機能低下、尿路通過障害、異物なども考えられるので、これらの存在を否定した後に漢方治療を行うべきである。
 慢性炎症は、漢方治療の適応となるが、やはり基礎疾患があれば、その治療を優先させるべきである。


泌尿器科系-10
睾丸・副睾丸炎

概念
 急性細菌性副睾丸炎、これに併発する睾丸炎は、抗菌剤を投与する。流行性耳下腺炎のウイルス性睾丸炎も時にみられる。これも西洋医学的な基礎治療が行われ、まれに漢方療法が併用される。
 慢性副睾丸炎は、細菌性、まれに結核性のものがある。抗生物質、抗菌剤での治療が主であるが、漢方療法は抗生剤との併用、抗生剤治療後の投与、あるいは消炎酵素剤との併用などで用いられる。
 漢方では肝経の湿熱という表現があり、これは多くは淋菌性尿道炎、膀胱炎、睾丸炎などに当てはまるもので、肝経に沿って抵抗や圧痛が起こるものである。


泌尿器科系-11
急性・慢性腎炎、急性・慢性ネフローゼ

概念
 漢方治療の対象としては、急性腎炎よりも慢性腎炎の軽度から中等度のもので、血尿・蛋白尿を呈する状態に対してである。
 組織学的にみると、腎実質には大きな変化がなく、微少変化型ネフローゼ症候群のように、免疫機構に障害のある例などが適応となる。
 利尿剤やステロイドなどと漢方製剤との併用、これらの薬剤から漸次漢方剤への切り替え、あるいは西洋医学の薬剤が有害作用のため使用できないときに、漢方製剤はその長所を十分発揮することとなる。
 漢方製剤としては、柴胡剤、利水剤が主流であるが、微小循環障害には駆お血剤を併用する。いずれにしても、これらの疾患への漢方治療の応用の基本方針は、古典的な治療理念を尊重しつつ、必ずしもこれに拘泥せずに、最近次々と明らかになっている薬理学的解釈にしたがって応用することが大切である。


泌尿器科系-12
腎不全

概念
 腎前性、腎後性の腎不全に関しては、それぞれの病態に応じた西洋医学的処置が優先する。腎実績の障害による腎機能障害で、血中クレアニチン値が7.0mg/dl程度までの範囲で、保存的治療を行う。血圧の管理、食事指導とともに漢方療法などを試みる。
 大黄、丹参、芍薬などが、腎機能改善に作用する生薬と考えられている。


泌尿器科系-13
透析に伴う愁訴

概念
 透析療法は腎不全の治療法の一つとして確立した。長期透析も可能となったが、その維持のために貧血改善、骨代謝異常の是正、降圧などに西洋医学的手法で対応してきた。しかし、これら以外に、透析に関連してさまざまな不定愁訴的な症状が出現する。それらの発生原因に関して、多くの説があるが、確定的なものはなく、対応に苦心している。最近、この方面の漢方治療が検討され、かなりよい結果を得ている。


Ads by Sitemix