1)温経湯(うんけいとう)=不妊症、月経不順、無月経、更年期障害、女性の自律神経失調症によい漢方薬!

KTS うんけいとう

▼よく使われる漢方処方▼
処方名      温経湯(うんけいとう)《金匱要略》
患者のタイプ   虚証〜中間証(比較的体力の低下した人)
使用目標     冷え性、月経不順、月経困難などがあり、手足のほてり、唇の乾燥や肌荒れ、足腰や下腹部の冷え、痛みなどのあるもの。のぼせ、不正出血などの症状を伴うことがある。
適応症      月経異常、月経困難症、不妊症、習慣性流産、不正子宮出血、血の道症、更年期障害、足腰の冷え、湿疹、進行性手掌角皮症など。
成分内容     麦門冬・半夏各4.0、当帰3.0、甘草・桂枝・芍薬・川きゅう・人参・牡丹皮・阿膠・生姜各2.0、呉茱萸各1.0
 本方は金匱要略の婦人雑病門に出ていて、主として婦人の病気に用いられ、金匱要略によると、その目標は月経不順、子宮出血などがあって、冷え症で、下腹に膨満感があったり、下腹がひきつれたりして、掌には煩熱があり、唇口が乾燥するという点にある。
 本方は、きゅう帰膠艾湯の地黄と艾葉を去ったものと、当帰建中湯の大棗を去ったものと、当帰芍薬散の茯苓、朮、沢瀉を去ったものと、当帰四逆加呉茱萸生姜湯の細辛、木通、大棗を去ったものと、麦門冬湯の売る粳米、大棗を去ったものと、桂枝茯苓丸の桃仁、茯苓を去ったものなどを一方にまとめたものとみなすことができるから、これらの方意を相互に参酌して、その適応範囲を考えるとよい。
 方中の麦門冬、当帰、人参、阿膠には滋潤、強壮の効があり、当帰、芍薬、川きゅう、阿膠は補血、止血の効があり、半夏は麦門冬と組んで、気の上衝を治し、桂枝、生姜、呉茱萸は新陳代謝をさかんにして寒冷を去り、牡丹皮は桂枝と組んでお血を治し、甘草はこれらの諸薬のはたらきを調整する。
 本方は更年期障害、血の道症、不妊症、手掌角皮症、湿疹、流産ぐせ、月経不順、子宮の不定期出血などに用いられる。

適応症 
下焦の虚実・血おに血虚をともなうもの:下腹部や腰の冷えと疼痛・腹がはる・下肢の冷え・冷えのぼせ・腹部膨満感などの下焦の虚寒・血おの症候に、皮膚につやがない・口唇の乾燥・目が疲れる・頭がふらつく・手足のしびれ感などの血虚の症候をともない、手のひらのほてり・夕方に微熱がでるなどの陰虚火旺の症候もみられることがある。主症状は月経異常で、月経の遅延あるいは過早・月経過多あるいは減少・不正性器出血・あるいは無月経・不妊症など多彩である。舌質は淡白でお斑がみられる。脈は沈細。

処方解説
 本方は元来不正性器出血に対する処方であるが、月経不順によく用いられる。ただし、処方内容はやや複雑であり、適切な加減を行って使用することが望ましい。
 適応する病態は、「下焦虚寒」「血お」「血虚」「上熱」とかなり複雑である。中医学的には、下焦虚寒のために血行が悪く、これにともなって血おが発生し、虚寒と血おが続くことによって血虚(栄養不良)が生じ、甚だしければ陰虚火旺をひきおこして上部に熱証があらわれると説明される。現代医学的には、主に骨盤内の循環が障害され(動脈側の循環不良が虚寒で、静脈側のうっ滞が血おと考えてよい)、卵巣・子宮などの機能失調が生じ、全身的な栄養障害(血虚)や自律神経失調・異化作用亢進(陰虚火旺)が生じたものと考えられる。上部に見られる熱証は、陰虚火旺による虚熱と骨盤内うっ血による反射的な上部の充血が関与する。不正性器出血主に血おによるもので、月経の遅延は血お・血虚・虚寒に、月経過早は気虚に、それぞれ関与するとされている(詳細については各章節を参考にされたい)。
 以上からすると、本方の適応する月経異常は、不正性器出血、月経遅延・月経過少・無月経・不妊が主となると考えられる。また、異常のパターンによって病態の重点が異なるので適切な加減を必要とするのである。
 主薬は温経散寒の呉茱萸・桂枝で、血管拡張(小動脈側)と血行促進ならびに鎮痛に働く、当帰・川きゅう・牡丹皮は、血管拡張により静脈のうっ血をのぞき、子宮を充血させ筋収縮を調整する。当帰・白芍・阿膠・麦門冬は滋養強壮に働き、体を栄養・滋潤する。阿膠は造血作用があり、カルシウム分などによって止血に働く。党参・甘草・生姜・半夏は、消化吸収を促進し胃腸の蠕動を調整して、他薬の効能を補助する。麦門冬は解熱作用や異化作用の抑制により、白勺は鎮静・鎮痙作用により、牡丹皮は消炎効果により、それぞれ上部の熱証を緩解する。
 以上のように、本方は温経散寒と補血に重点があり、活血化おは補助的である。また、使用にあたっては以下のように加減を行うべきである。
 冷え・腹痛など下焦の虚寒がつよいときには、桂枝・生姜を肉桂・乾姜にかえ、小茴香・艾葉などを加え、清熱の牡丹皮・麦門冬をのぞく、腹部膨満感と疼痛など気滞があきらかなら香附子・烏薬を加える。月経痛・月経血が暗色で凝血塊がまじるなど血おの症候がつよいときには、止血の阿膠をのぞき白芍を赤芍にかえ、呉茱萸・桂枝・生姜・半夏をのぞき、生地黄・女貞子・旱蓮草などを配合する。不正性器出血で持続性かつ色調が淡い・腰がだるいなど腎虚のものには、熟地黄・杜仲・続断などを加え、情熱活血の牡丹皮を益母草や艾葉にかえる。
 なお、本方は日本で手掌角化症・家婦湿疹などに著効があると報告されており、主に補血作用によるものと考えられるが、作用機序については不明である。

臨床応用
 不正性器出血・月経不順・無月経・不妊症・更年期症候群・自立神経失調症・手掌角化症・家婦湿疹などで、下焦虚寒・血お・血虚を呈するもの。

出典 『金匱要略』
1)婦人、下痢して止まず、暮れには即ち発熱し、少腹裏急し、腹満し、手掌煩熱し、唇口乾燥し、お血少腹にありて去らざる証。(『金匱要略』)婦人雑病篇)
2)婦人、少腹寒えて、久しく受胎せず、あるいは崩中(子宮出血の意)、あるいは月水過多、あるいは期に至るも来らざる証。(同上)

腹候
腹力は中等度かやや軟(1−3/5)。お血の圧痛を認める。

気血水
 気血水いずれも関わる。

六病位
 太陰病

脈・舌
 舌質は淡白で、お斑。脈は沈細。

口訣
 きゅう帰膠艾湯の去加方とみなすべきものにて、月経不順等にして、常に腰脚に冷感あり、かつて孕妊せざる証。(奥田謙藏)
 ちょう塊あり、快く血下らぬものは桂枝茯苓丸によろし。そのまた一等重きものを桃核承気湯とするなり。(浅田宗伯)ちょう塊は筋腫などの腫物。

本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 手足がほてり、唇が乾くものの次の諸症:月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ。

 b 漢方的適応病態
 下焦の虚寒・血お血虚。すなわち、下腹部や腰の冷えと疼痛、腹が張る、下肢の冷え、ひえのぼせ、腹部膨満感などの下焦の虚寒、血おの症候に、皮膚につやがない、口唇の乾燥、目が疲れる、頭がふらつく、手足のしびれ感などの血虚の症候を伴う。かつ、手のひらのほてり、夕方に微熱などの陰虚火旺の症候もみられることがある。

構成生薬
 麦門冬4、半夏4、当帰3、甘草2、桂皮2、芍薬2、川きゅう2、人参2、牡丹皮2、呉茱萸1、生姜1、阿膠2.(単位g)

TCM(Traditinonal Chinese Medicine) 的解説
 温経散寒・補血調経・活血化お・益気和胃。(温経散寒・補血きょお)

効果増強の工夫
 冷え、腹痛など下焦の虚寒が強いときには、人参湯を合わせる。さらに証に応じて、附子末を0.5〜3.0g加える。
 処方例)ツムラ温経湯 5.0g
      ツムラ人参湯 5.0g
      (ブシ末(調剤用)「ツムラ」 1.0g 
        分2食前

本方で先人は何を治療したか?
 瀧野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
1)月経不順・子宮出血・血の道症・更年期障碍・不妊症・精神分裂症等で口唇乾燥、手掌煩熱、或いは下腹膨満痛するもの。
2)凍傷・乾癬・進行性手掌角皮症などで手掌煩熱、或いは乾燥するもの。
3)下利に使い得る。
4)蓄膿症で、頭痛、手掌乾燥、煩熱するものを治した例がある。
5)急性虫垂炎で、手足煩熱、口唇乾燥するものを治した例がある。
6)潰瘍性大腸炎。


 7)越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)=関節リウマチ、痛風、尿酸値の高い人、帯状疱疹によい漢方薬!

処方名      越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)《金匱要略》
患者のタイプ   実証(比較的体力のある人)
使用目標     関節痛、浮腫、口渇、発汗傾向、小便不利があるもの。喘鳴、せき、四肢関節の腫脹、疼痛、熱感などを伴うことがある。
適応症      腎炎、ネフローゼ、夜尿症、慢性関節リウマチ、変形性関節症、痛風、急性結膜炎、翼状片、湿疹、紅皮症、下腿静脈瘤、ケロイド、鼻アレルギーなど。
成分内容     石膏8.0、麻黄6.0、蒼朮4.0、大棗3.0、甘草2.0、生姜3.0
 本方は、越婢湯に朮を加えたもので、浮腫、利尿減少などの著明なものに用いる。そこで、本方は腎炎、ネフローゼなどの初期の浮腫、脚気の浮腫、変形性膝関節症、関節リウマチ、急性結膜炎、フリクテン性結膜炎、翼状片、湿疹などに用いられる。
 大塚はかつて、一婦人が、ただわけもなく涙が流れ、対談中にも涙が流れるので、人前にも出られず、どのような治療をしても効がなく困却していてものに、本方を与えて、根治せしたことがある。
 また、翼状片を手術しても、再発して困っていたものに、本方を与えて、根治せしたことがある。
 
 自汗・疲れやすい・舌質が淡白など衛気虚の症候があれば、防已黄耆湯加減の変方する。咽痛・口が苦い・高熱などあるいは局所の発赤・熱感など熱証がつよければ、石膏を増量し、連翹・金銀花・茅根などを加える。

臨床応用
 急性腎炎・慢性腎炎急性増悪などで風水を呈するもの。
 炎症性浮腫・湿疹・じんましん・帯状疱疹・関節水腫などにも用いる。

運用の実際
 越婢加朮湯は、麻杏甘石湯と同じ麻黄・石膏の組み合わせからなる基本処方で、消炎解熱の石膏と利水の麻黄・石膏が主薬になっている。一般には以下の状況に用いるとよい。
1.浮腫
(1)急性腎炎・ネフローゼ型腎炎
急性腎炎の浮腫・乏尿、とくに皮膚化膿症・扁桃炎などによる腎炎によい。
ネフローゼ型腎炎では、低タンパク血症・アルブミン低下・α2グロブリン増加・βリポタンパクやコレステロール増加を呈するもの、ステロイドに反応するタイプによい。
 妊娠浮腫や習慣性流産にはよくないといわれている。
(2)炎症性の浮腫
 局所の炎症の初期で、発赤・熱感とともに周辺の浮腫(腫脹)をともなうものに用いる。増殖性を呈する炎症には効果がない。
 急性結膜炎で眼瞼の浮腫がみられるときや、関節炎の腫脹・関節内水腫に効果がある。関節炎では熱感(自・他覚的)・発赤・腫脹・水腫などを呈する急性期や再燃のときによく、関節リウマチ・結核性関節炎などに使用してもよい。ただし、石膏の量が重要で、炎症がつよいときには1日250gぐらいを要することもある。それゆえ、エキス剤では無理なことが多い。
 なお、やや慢性化した関節炎には続命湯を用いる。麻黄・石膏・乾姜・甘草に当帰・人参・桂枝・川きゅう・杏仁を加えたもので、関節周囲の筋肉・組織の委縮や削痩が生じた場合に適し、当帰・桂枝・川きゅうで循環を促進し、杏仁は浮腫を軽減する。
(3)胸水
 湿性肋膜炎の胸水に、小青竜湯加石膏と同様に用いる。
2.湿疹・皮膚炎など
 越婢加朮湯は消炎・抗化膿と利水の効果があるところから、炎症性の充血・発赤と浸出液が多い皮膚病変に効果がある。
 湿疹は、炎症性の浸潤が基礎にあり、漿液性丘疹・海綿状態が特徴である。貨幣状湿疹も発赤・湿潤・ビランした局面を呈し、初発に半米粒大の浸潤のつよい丘疹から湿潤した局面をつくる。このような状態や自家感作性の皮膚炎で同様の状態を呈するものに有効である。
 汗疱状白癬の水疱・膿疱・滲出液の多いビラン面や、化膿性炎症にも用いてよい。石膏が化膿性炎症に効果があるためであるが、抗化膿の金銀花・連翹を加えることも多い。
 ただし、湿疹・皮膚炎などの反応性皮膚疾患や白癬症・真菌症も、以上のような状態だけでなく複雑な病態を示すので、すべてに有効なわけではない。
 一般に、反応性皮膚疾患に消風散を基本にするとよい。

出典  『金匱要略』
●肉極を治す。熱すれば即ち身体津脱し、ソウ理開き、汗大いに泄れ、歯雷C、下焦脚弱なる証。( 『金匱要略』中風瀝節病篇)

腹候
腹力中等度かそれ以上(3-5/5) (腹候図)。

気血水
 水が主体の気血水。

六病位
 太陽病。

脈・舌
 脈は浮滑。舌は薄白苔。

口訣
 ●条文の「肉極」を翼状贅片とみなして、本方で消褪せしめ得る可能性がある。(藤平健)
 ●本方の適応に裏水とあるが、風水(風邪に湿邪の加わったもの)の誤りであろう。(浅田宗伯)

本方で先人は何を治療したか?
 瀧野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)腎盂炎・ネフローゼ・心臓不全・脚気その他の浮腫で、無熱のときは脈沈、発熱するときは脈浮或いは大で、小便不利するもの。
 2)関節リュウマチで熱候あり、患部浮腫状のもの。
 3)眼病で充血、羞明、めやに、流涙、痛み、或いはかゆみがあり、ただれてきたなく見えるもの。
 4)湿疹・たむし・水虫などの皮膚病で、痴皮、脂漏も混え、きたなく見えるもの。
 5)フルンケル・カルブンケル・皮下腫瘍・筋炎・ひょう疽・潰瘍等で患部がチアノーゼ様に色が悪く、或いは分泌物がきたなく或いは発熱するもの。
 6)脚弱・下肢麻痺・膝がガクガクし転びそうになったり、足の運びが悪い、実証のもの。
 7)紅肢症で冷痛、軽浮腫、口渇、小便不利を治した例がある。
 8)下肢静脈拡張症(バリックス)に用いた例がある。
 9)贅肉・ブテリギウム・ケロイド等に使った例がある。
10)寝小便に使った例がある。
11)黄疸で浮腫、小便不利のもの。
12)バセドゥ氏病で、心悸亢進、呼吸促迫、口舌乾燥、渇、眼球突出、小便不利のもの。


 7)越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)=関節リウマチ、痛風、尿酸値の高い人、帯状疱疹によい漢方薬!

越婢湯(えっぴとう)《金匱要略》

効能 疏風宣肺・利水
適応症 風水:急激に発生する全身の浮腫と尿量減少で、浮腫は顔面にはじまり全身におよぶ。皮膚には光沢があり圧すると陥凹するがすぐにもとにもどる。初期には、発熱・悪風・咽痛・咳嗽などの表証をともなうことが多い。舌苔は薄白・脈は浮滑。 
 一般的な浮腫・水腫に用いてもよい。

処方解説 
 本方は風水に対する代表処方である。
 「風水」とはアナフィラキシー型アレルギー反応・炎症その他により、全身の毛細管透過性が亢進して生じる浮腫と考えられる。
 主薬は麻黄で、体温上昇の状況では発汗作用があり、解熱に働き、気管支平滑筋を弛緩して鎮咳し、また顕著な利尿作用をもつ。本方では主として利尿作用を利用するが、末梢血管拡張による血管透過性の改善効果や抗アナフィラキシー作用もあるのではないかと考察している。石膏は解熱・鎮静・消炎作用をもち、カルシウムによって血管透過性を低下させ、また発汗中枢を抑制して麻黄の発汗作用をおさえ利尿効果をつよめるようである。生甘草・大棗は抗アナフィラキシー作用をもち、諸薬を調和させる。生姜は末梢血管を拡張し、胃腸機能を促進し、また軽度の利用作用をもつ。
 以上のように、血管透過性の改善・抗アナフィラキシー・消炎・解熱・利尿などによって病態を改善するものである。
 なお、消炎・利尿・血管透過性改善作用を利用して、炎症性浮腫・関節水腫・湿疹・じんましんなどにも使用する。
 浮腫がつよいときには、建脾利水の白朮を加え組織内の水分を血中にひきこみ排尿によってのぞく(越脾加朮湯≪金匱要略≫)、自汗・疲れやすい・舌質が淡白など衛気虚の症状があれば、防已黄耆湯加減に変方する。咽痛・口が苦い・高熱などあるいは局所の発赤・熱感など熱証がつよければ、石膏を増量し連翹・金銀花・茅根などを加える。

気血水
 水が主体の気血水。

六病位
 太陽病

脈・舌
 脈は浮滑。舌は薄白苔。

口訣
 ●条文の「肉極」を翼状贅片とみなして、本方で消褪せしめ得る可能性がある。(藤平健)
 ●本方の適応に裏水とあるが、風水(風邪に湿邪の加わったもの)の誤りであろう。(浅田宗伯)

本剤が適応となる病名。病態
a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 浮腫と汗が出て小便不利のあるものの次の諸症:腎炎、ネフローゼ、脚気、関節リウマチ、夜尿症、湿疹。
b 漢方的適応病態
 風水。すなわち急激に発症する全身の浮腫と尿量減少で、浮腫は顔面にはじまり、全身に及ぶ。皮膚には光沢があり、圧すると陥没するがすぐに元に戻る。初期には、発熱、悪風、咽痛、咳嗽などの表証を伴うことが多い。舌苔は薄白、脈は浮滑(以上、越婢湯の主治)。越婢加朮湯は浮腫が強く健脾利水の朮を加え、組織内の水を血管内に引き入れ利尿により排泄するもの。

構成生薬
 石膏8、麻黄6、蒼朮4、大棗3、甘草2、生姜1、(単位g)

TCM(Traditional Chinise Medicine)的解説
 宣肺利水・健脾。

効果増強の工夫
 1)附子を加味するのは古典の方後に書かれている。関節痛の場合、附子末を、0.5〜1.5g/日併用する。
 処方例) ツムラ越婢加朮湯 5.0g
       ブシ末(調剤用)「ツムラ」 1.0g
           分2食前

 2)本方7.5g中には、麻黄6.0gのエキスが含まれるので、他の麻黄剤との併用は避けるべきである。
 3)胃もたれしたり、効果がいまひとつだったりしたときには、防已黄耆湯や疎経活血湯への転方か、併用を考える。

 処方例) ツムラ越婢加朮湯 5.0g
       ツムラ防已黄耆湯 5.0g
        分2食前

疎経活血湯、牛車腎気丸の併用も可能である。ただ、できるだけ合計2剤以内がよい。

本方で先人は何を治療したか?
 瀧野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)腎盂炎・ネフローゼ・心臓不全・脚気その他の浮腫で、無熱のときは脈沈、発熱するときは脈浮或いは大で、小便不利するもの。
 2)関節リュウマチで熱候あり、患部浮腫状のもの。
 3)眼病で充血、羞明、めやに、流涙、痛み、或いはかゆみがあり、ただれてきたなく見えるもの。
 4)湿疹・たむし・水虫などの皮膚病で、痴皮、脂漏も混え、きたなく見えるもの。
 5)フルンケル・カルブンケル・皮下腫瘍・筋炎・ひょう疽・潰瘍等で患部がチアノーゼ様に色が悪く、或いは分泌物がきたなく或いは発熱するもの。
 6)脚弱・下肢麻痺・膝がガクガクし転びそうになったり、足の運びが悪い、実証のもの。
 7)紅肢症で冷痛、軽浮腫、口渇、小便不利を治した例がある。
 8)下肢静脈拡張症(バリックス)に用いた例がある。
 9)贅肉・ブテリギウム・ケロイド等に使った例がある。
10)寝小便に使った例がある。
11)黄疸で浮腫、小便不利のもの。
12)バセドゥ氏病で、心悸亢進、呼吸促迫、口舌乾燥、渇、眼球突出、小便不利のもの。


 3)葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)=鼻づまり、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)によい漢方薬!

処方名      葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
患者のタイプ   中間証〜実証(体力中等度以上の人)
使用目標     カゼによる頭痛、発熱、項背部のこわばり、肩こりなどに加えて、鼻水、鼻づまりなど鼻症状が慢性化したもの。慢性鼻炎、蓄膿症にも使用。
適応症      鼻づまり、蓄膿症、急性・慢性鼻炎、肥厚性鼻炎、鼻アレルギー
成分内容     葛根8.0、大棗・麻黄各4.0、甘草2.0、桂枝・芍薬・川きゅう・辛夷2.0、生姜1.0

本方に川きゅう・辛夷を加えたもので、鼻閉・鼻炎・副鼻腔炎に用いられる。麻黄の利尿作用、葛根の脳血流改善作用、辛夷の鼻閉・鼻汁の緩解作用、川きゅうの排膿と頭痛緩解作用、川きゅう・桂枝の血管拡張作用などを利用するものと考えられる。鼻閉・鼻汁に試用するとよい。

臨床応用 感冒・インフルエンザ・その他感染症の初期などで、表寒・表実を呈するもの、肩こり・肩関節周囲炎・寒冷じんましん・鼻炎などに試用してもよい。

運用の実際 葛根湯は非常に便利な処方で、日本の古方家に好んで使用され、応用範囲も広く随一であった。主な応用は以下のようである。
1)解表剤として
 解表剤は発汗させることによる治療法で、西洋医学にはなく漢方独特のものである。感染症の初期に適度の発汗状態を数時間持続させると治癒し、発汗不足では効果がなく発汗過多もよくない。服用量や服用時間を適度の発汗が得られるよう定めることが必要である。薬物を用いるだけでなく。温湯に下腿を入れて温めることにより物理的に発汗させる療法もある。
 発汗させることによりすべての感染症が治癒するわけではないが、発汗に働く薬物や処方は頭痛・肩こり・筋肉痛・関節痛などの外表部の症候(表証)を緩解する作用があるので、これらを解表薬・解表剤と呼ぶ。
 麻黄湯は、温めて発汗させる力が強く、悪寒が強くて、発汗しにくいものに用いる。一方、香蘇散や桂枝湯には、服用法で温履させ熱稀粥をすするという物理的な温法を併用する指示がある。
 表証には、悪寒がある表寒と、悪寒がなく熱感のある表熱がある。表寒には麻黄・桂枝などの辛温解表剤を用い、表熱には薄荷・葛根・牛蒡子などの辛凉解表薬を配合した処方(銀翹散など)を用いる。
(1)辛温解表剤として
 桂枝湯が適する状態で、項背部の筋肉のこわばりをともなうときには、葛根を加えた桂枝加葛根湯を用いる。
 麻黄湯を与えるべき悪寒・無汗の状態で項背部がこわばるときには、麻黄加葛根湯ではなく、桂枝加葛根湯に麻黄を加えた葛根湯を用いるのである。
(2)辛凉解表剤として
 表熱に対する辛凉解表剤の代表は銀翹散であるが、銀翹散がないと治療し得ないと考えるのは誤りである。
 銀翹散には、辛凉解表の薄荷・牛蒡子・淡豆しとともに辛温解表の荊芥が配合されている。さらに清熱(消炎・解熱)の金銀花・連翹・芦根・淡竹葉が加わって、解表よりも清熱に重点があり、解表薬を配合した清熱剤と考えてよい。
 葛根湯も、辛凉解表の葛根と辛温解表の桂枝・麻黄が配合されている。重点は辛温にあるが、これに清熱の石膏を加えれば銀翹散の方意に近くなり、辛凉解表剤として使用できる。多くは桔梗石膏を配合する。
 すなわち、葛根湯そのままでは辛温解表剤となり、石膏を加えた葛根湯加石膏とすると辛凉解表剤になる。
 エキス剤の場合には葛根湯と桔梗石膏を合方し、表証で悪寒がなく熱感のあるものに用いるとよい。炎症がつよければ石膏を増量する。
 麻疹・耳下腺炎・インフルエンザ・扁桃炎・気管支炎・肺炎などの初期によい。
2)清熱剤として
 清熱解毒の金銀花・連翹・芦根などは化膿性炎症に奏効する。石膏も消炎作用があり、非化膿性・化膿性の炎症に効果がある。
 葛根湯を化膿性炎症に使用するときには、石膏と排膿きょ痰作用のある桔梗を加え、葛根湯加桔梗石膏とする。本方の清熱剤としての特徴は、主として上半身とくに頭部・顔面の急性・慢性の化膿性あるいは非化膿性炎症に奏効することである。
(1)皮膚の化膿性炎症
 せつ・癰・ひょう疽などの化膿性炎症、リンパ節炎・リンパ管炎・化膿性湿疹・乳腺炎などに用いる。
(2)頭部・顔面の化膿性炎症
 中耳炎・鼻炎・副鼻腔炎・扁桃炎・扁桃周囲炎・眼の炎症・歯齦の化膿性炎症・咽頭炎・上気道炎などに広く用いる。
 副鼻腔炎(蓄膿症)には辛夷・川きゅうを配合した葛根湯加川きゅう辛夷を用いるとよい。

出典 本朝経験方
 本方は『傷寒論』、 『金匱要略』が出典の葛根湯に辛夷と川きゅうの二味を加味して、副鼻腔炎の炎症と頭痛などの改善を狙った処方で、わが国の経験方である。

腹候
 急性病初期では脈が重要とされ、腹候は考慮しない。慢性副鼻腔炎では、副力中等度かそれ以上(2−4/5)。本方証は一般に筋緊張の傾向が認められる。

気血水
 気が主体の気血水。

六病位
 太陽病。

脈・舌
 慢性副鼻腔炎などに適用する場合、脈は有力で、少なくとも沈微ではないこと。舌候は、脾虚(淡白舌など)や陰虚(紅舌など)を思わせるものではないこと。

口訣
 ●急性副鼻腔炎には、本方より葛根湯が適する場合が多く、急性で鼻汁が粘稠あるいは膿性のものには葛根湯加桔梗石膏、鼻閉頭痛頭部圧迫感が著しいものに本方が適応する。(『現代漢方治療の指針』)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎。
b 漢方的適応病態
表寒・表実。

構成生薬
カッコン葛根4、大棗3、麻黄3、甘草2、桂皮2、芍薬2、川きゅう2、生姜1、辛夷2.(単位g)

TCM(Traditional Chiniese Medicine)的解説
 辛温解表・排膿・通竅。

効果増強の工夫
 もし便秘傾向があるようならば、抗炎症効果も有する大黄を適宜配合する。
 処方例) 葛根湯加川きゅう夷 7.5g
       局方 大黄末   1.5g
        分3食前14日分

本方で先人は何を治療したか?
 桑木崇秀著新版『漢方診療ハンドブック』より
 慢性副鼻腔炎、鼻づまり。


10)荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)=にきび、ふきでものによい漢方薬!

処方名       荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
患者のタイプ   中間証(体力中等度の人)
使用目標     顔や耳、咽頭、上気道などの炎症性諸疾患に使用。皮膚の色が浅黒く、腹直筋が緊張。青年期の体質改善や、副鼻腔、外耳、中耳、内耳、扁桃などに炎症をおこし、慢性化したものに有効。
適応症       蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび、肥厚性鼻炎、鼻出血、肺結核、各種皮膚疾患、脱毛症など。
成分内容     黄ごん・黄柏・黄連・枳実・荊艾・山梔子・地黄・芍薬・川きゅう・当帰・薄荷・防風・連翹・甘草各1.5、桔梗・柴胡・白シ各2.0
 本方は、一貫堂森道伯翁の経験方で、一貫堂医学でいう解毒証体質(四物黄連解毒湯を基礎とする薬方によって体質改善をはかる)または腺病性体質を改善する薬方である。本来は、蓄膿症、中耳炎などに用いられるもので、万病回春の耳病門、鼻病門にある荊艾連翹湯の加減方である。
 同じ解毒証体質に用いられることが多くなる。本方の目標は、皮膚の色が暗褐色を示し、腹直筋が全体に緊張し、肝経と胃経に相当して腹筋の拘攣を認めることが多い。
 本方中の四物湯は補血強壮の剤で補肝の作用があり、肝機能を補強する。黄連解毒湯は瀉肝の作用があり、柴胡を加えて肝の熱を清涼し、肝機能を盛んにするものと解される。
 白しは薬効を上部に作用させ、防風とともに頭痛を去り、荊芥、連翹、桔梗と協力して上方の頭部に停滞しているうつ熱をさまし、化膿症を抑制する。
 本方は、以上の目標をもって青年期腺病体質の改善、急性慢性中耳炎、急性慢性上顎洞化膿症、肥厚性鼻炎などに用いられ、また扁桃炎、衂血、面疱、肺結核、神経衰弱、禿髪症などに応用される。
組成      黄連・黄ごん・黄柏・山梔子・当帰・川きゅう・熟地黄・白芍・連翹・荊芥・薄荷・防風・柴胡・白し・桔梗・枳殻・炙甘草 各2g 水煎服
         柴胡清肝湯の牛蒡子・天花粉を荊芥・防風・白し・枳殻にかえたものである。荊芥・防風・白しで発散をつよめ鎮痛効果を附加している。枳殻は蠕動を促して消化吸収を補助する。
         一般に青年の耳・鼻・咽喉・肺の慢性炎症を目的とするが、青年にこだわる必要はない。

出典  森道伯著『漢方一貫堂医学』
● 荊芥連翹湯は柴胡清肝散(湯)の変方であって、青年期の解毒証体質を主宰する処方である。すなわち柴胡清肝散の去加方に『万病回春』の 荊芥連翹湯を合方した一貫堂の創方で、耳鼻両方の病気を同一の処方で治することができる処方である。(矢数格、『漢方一貫堂医学』)
●幼年期の柴胡清肝散(湯)証が長じて青年期となると、 荊芥連翹湯証となるので、同様に解毒証体質者である。ゆえに、幼年期扁桃炎、淋巴腺肥大等にかかる者は、青年期になると蓄膿症となり、肋膜炎を起こし、肺尖カタルと変り、神経衰弱症を病む。この体質の者がすなわち 荊芥連翹湯である。(同上)
〔より深い理解のために 一貫堂の三大証体質とは、解毒証体質(柴胡清肺湯、 荊芥連翹湯)、お血証体質(通導散)、臓毒証体質(防風通聖散)である。〕

腹候
腹力中等度以上(3−4/5)。

気血水
 気血水いずれとも関わる。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 ●原方となった温清飲より推測して、脈は細数。舌質は紅、舌苔は黄。」(『中医処方解説』)
 ●荊艾連翹湯証の者の脈は緊張を呈している。(矢数格)

口訣
●皮膚の強い色素沈着と腹直筋の緊張とで本方の適用を決定することが多い。(道聴子)
●青年期における一貫堂医学の解毒証体質者は、扁桃炎、中耳炎を病みやすかった小児期とは違って体質に変化を来たし、主として蓄膿症を起こすようになる。したがって、同医学の病理によれば、小児期の扁桃炎と、青年期の蓄膿症とは同一性質の病気であることがわかり、蓄膿症が手術だけでは根治しにくい理由も理解される。(矢数格)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび。
b 漢方的適応病態
血虚・血熱・肝鬱・風熱。すなわち、皮膚につやがない、頭がふらつく、目がかすむ、爪がもろい、手足のしびれ感、筋肉の引きつれ、などの血虚の症候とともに、のぼせ、ほてり、イライラ、不眠、目の充血、口渇などの熱証や、鼻出血、不正性器出血、下血など鮮紅色の出血がみられたり、灼熱感のある暗赤色の発疹(湿潤性がない)あるおは皮膚炎、口内炎が生じるもの。さらに、ゆううつ感、いらいら、怒りっぽい、頭痛、胸脇部が張って苦しい、脇の痛み、腹痛などの肝気鬱結の症候を伴い、熱感を自覚するもの。

構成生薬
 黄ごん1.5、黄柏1.5、黄連1.5、桔梗1.5、枳実1.5、荊艾1.5、柴胡1.5、 山梔子1.5、地黄1.5、芍薬1.5、川きゅう1.5、当帰1.5、薄荷1.5、白し1.5、防風1.5、連翹1.5、甘草1。(単位g)

TCM(Traditional Chi nese Medicine)的解説
 清熱解毒・疏肝解欝・涼血止血・解表。

効果増強の工夫
 著書は本方をアトピー性皮膚炎や慢性扁桃炎にしばしば適応する。一貫堂処方であるので、温清飲が配剤されているが、熱性強くやや力不足の感があるときには黄連解毒湯を適量追加する。
処方例) ツムラ荊艾連翹湯5.0g
      ツムラ四物湯   2.5g
        混合して分2朝夕食前

本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用感冒処方解説』より
 青年期腺病体質の改善・急性慢性中耳炎・急性慢性上顎洞化膿症・肥厚性鼻炎など、また扁桃炎、衂血・肺浸潤・面疱・肺結核(増殖型のもの)・神経衰弱・禿髪症など。
 ●瀧野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
急性中耳炎、蓄膿症、肥厚性鼻炎、扁桃腺炎、鼻血、にきび、青年期腺病質改造。


14)五積散(ごしゃくさん)=女性の腰痛症(冷えて痛むもの)によい漢方薬!

処方名       五積散(ごしゃくさん)《和剤局方》
患者のタイプ   中間証〜虚証(体力中等度以下の人)
使用目標     寒冷や湿気などにより、下腹部痛、腰痛、四肢の筋肉や関節の痛みなどのあるもの。下半身の冷えと上半身ののぼせがあり、頭痛、項背のしこり、悪寒、悪心、嘔吐などを伴うことも多い。女性では月経不順や月経困難などを認めることが           ある。

適応症
       慢性に経過し症状が激しくない胃腸炎、胃アトニー、胃下垂、消化性潰瘍、疝気(腸疝気)、腰痛、神経痛、関節痛、月経困難症、頭痛、冷え性、更年期障害、月経不順、白帯下、座骨神経痛、リウマチ、感冒、喘息、気管支炎、自律神経失           調症、不眠症、心悸亢進、冷房病など。

成分内容 
    蒼朮・陳皮・当帰・半夏・茯苓各2.0、甘草・桔梗・枳実・桂枝・厚朴・芍薬・生姜・川きゅう・大棗・白し・麻黄・香附子・乾姜各1.0
 本方は気・血・痰・寒、食の五積を治すという意を以って名づけられたものである。貧血を補い、血行を盛んにし、諸臓器の機能を亢める効能がある。一般に寒冷および湿気に損傷されて発する諸病に用いてよく奏効する。
 本方の目標は、顔色がやや貧血気味で、腰、股、下腹などが冷えて痛み、上半身に熱感があって下半身が冷え、脈は一般に沈んでいる者が多い。腹は多くは柔軟であるが、あるいは心下の硬いものもある。
 一般に有熱性疾患には用いられない、方中の蒼朮、陳皮、厚朴、甘草はすなわち二陳湯で、枳殻とともに胃内停水を去る。当帰、芍薬、川きゅうは四物湯の意で貧血を補い桂枝、乾姜、麻黄、白し、桔梗などは寒冷を温め、軽い発汗の作用があり、血行をよくする。薬味複雑であるが、二陳湯、平胃散、四物湯、桂枝湯、続命湯、半夏厚朴湯などの意を合せ備えて諸病に適応される。
 すなわち、急性慢性胃腸カタル、胃痙攣、所謂疝気、腰痛、白帯下、月経痛、心臓弁膜症、神経症、リウマチ、脚気、中風、打撲、老人の軽い感冒などに汎く応用される。
 
適応症
1)表寒・寒湿困脾:生冷の飲食物の摂取や寒冷の環境によって、悪寒・発熱・関節痛・頭痛・はなみずなどの表寒の症候と、悪心・嘔吐・下痢・腹部膨満・腹痛・腹や四肢の冷えなどの脾胃の寒湿の症候がみられるもの。舌苔は白厚膩・脈は浮弦あるいは浮遅。
2)寒湿中経:冷房など寒冷の環境によって生じる、体の冷え、悪寒・頭痛・四肢のしびれ・筋肉痛(とくに下半身や大腿内側)などの症候。舌苔は白・脈は遅。
処方解説 本方は寒・食・気・血・痰の積滞に対する処方として「五積」と名づけられたもので、構成薬物が多くさまざまな処方の合方とも言えるものである。
 薬味からすると、平胃散・二陳湯・半夏厚朴湯・桂枝湯・四物湯・当帰芍薬散・苓桂朮甘湯・苓姜朮甘湯などの加減が組み合わされていると考えてよい。
 麻黄・白しは、発汗・解熱・鎮痛・抗菌などの作用によって表寒の症候をのぞき、また末梢の血管を拡張して血行を促進する。乾姜・肉桂は、温中散寒の効能によって、消化管や全身の循環を促進し蠕動を調整し、腹痛を緩和し冷えをのぞく。厚朴・陳皮・枳穀・桔梗は、理気の効能によって蠕動を調整し、腹部膨満をのぞく。蒼朮・厚朴・半夏・陳皮・茯苓は、理気化湿の効能により、消化管内や皮膚・筋肉に貯留した余剰の水分を血中にひきこみ、また蠕動を調節して、四肢のしびれ・腹部膨満・悪心・嘔吐・下痢などを緩解させる。当帰・白芍・川きゅうは補血活血の効能により、体を栄養し血液循環促進・子宮筋の調整に働く。
 以上のように、循環促進・胃腸機能の調整・感冒の緩解・体内の水分排泄・月経の調整などの作用が得られる。主な作用は寒冷によって生じる冷え・痛みなどの症状をのぞくことである。
 五積散は以上のように複雑な薬物構成になっているので、つねに処方通りに用いるべきではなく、当面の症状に応じた加減を行うのがよい。
 表証がつよく無汗・悪寒・関節痛があきらかであれば肉桂を桂枝にかえ、表証がなければ麻黄・白しをへらすかのぞく。腹部の冷えや悪心・嘔吐がつよければ呉茱萸を加える。暴飲暴食による急性消化不良症(食積)があきらかであれば、山さ子・神麹・麦芽などの消化薬を加える。月経痛には麻黄・白しをのぞき香附子・延胡索などを加える。四肢の冷えや痛みがつよければ附子を配合する。

臨床応用
 急性胃腸炎・感冒・冷え症・腰痛症・冷房病・月経困難症・関節リウマチなどで、寒湿の症候をともなうもの
運用の実際 本方は、当帰・川きゅう・桂枝・麻黄のように末梢の血行を促進して体表部を温める薬物と、乾姜・肉桂のように腹腔内を温める薬物が配合され、さらに茯苓・蒼朮・厚朴など湿をのぞく薬物も加えられている。
 平胃散・二陳湯・桂枝湯・桂枝加芍薬湯・苓桂朮甘湯・苓姜朮甘湯・当帰芍薬散・続命湯などさまざまな処方の複合とも考えられ少し加減すれば非常に多方面に応用できる。
 桂枝湯加麻黄白しは発汗解表の感冒薬であり、平胃散は胃腸薬で、さらに当帰・乾姜・桂枝・川きゅうなどの温裏きょ寒薬が配合されている。冬期の感冒・老人や冷え症のひとの感冒などに非常によく、麻黄湯・葛根湯などで胃を障害されるひとにもよい。
 寒冷による腰痛にもよく奏効する。

出典 『和剤局方』
●中を調え、気を順らし、風冷を除き、痰飲を化す。脾胃宿冷、腹脇脹痛、胸膈停痰、嘔逆悪心、或は外風寒に感じ、内生冷に傷られ、心腹痞悶、頭目昏痛、肩背拘急、肢体怠惰、寒熱往来、飲食進まざるを治す。及び婦人血気調はず、心腹撮痛(つまむような痛み)、経候ひとしからず(月経不順)、或は閉じて通ぜず、並に宜しく之を服すべし。(傷寒門)
〔より深い理解のために  五積とは、気・血・飲・食・痰を指すとされている。森道伯(一貫堂)先生は本方をよく用いたと伝えられている。

腹候
 腹力中等度前後(2−4/5)。ときに腹部膨満を認める。

気血水
 気血水いずれにも関わる。

六病位
 少陽病位。

脈・舌
 舌苔は白厚賦苔。脈は浮弦、あるいは浮遅。

口訣
 ●先哲この方を用うる目的は、腰冷痛、腰腹攣急、上熱下冷、少腹痛の4症なり。(浅田宗伯)
 ●諸病に効あることは宗以来俗人も知る薬にて、また軽蔑すべからず。(浅田宗伯)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 慢性に経過し、症状の激しくない次の諸症:胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒。

b 漢方的適応病態
1)表寒・寒湿困脾。すなわち、生冷の飲食物の摂取や寒冷の環境によって、悪寒、発熱、頭痛、関節痛、鼻水などの表寒の症候と、悪心、嘔吐、下痢、腹部膨満、腹痛、腹や四肢の冷えなどの脾胃の寒湿の症候がみられるもの。
2)寒湿中経。すなわち、冷房など寒冷の環境によって生じる。身体の冷え、悪寒、頭痛、四肢のしびれ、筋肉痛(特に下半身や大腿内側)などの症候。

構成生薬
 蒼朮3、陳皮2、当帰2、半夏2、茯苓2、甘草1、桔梗1、枳実1、桂皮1、厚朴1、芍薬1、生姜1、川きゅう1、大棗1、白し1、麻黄1。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 温中散寒・理気化湿・補血活血・辛温解表・通絡調経(発表温裏・順気化痰・活血消積)

効果増強の工夫
 1)鎮痛効果を高めるために、
 処方例) ツムラ五積散 5.0g
       ツムラ芍薬甘草湯 5.0g
          分2朝夕食前

2)冷えが強い時に、
 処方例) ツムラ五積散 7.5g
       ブシ末(調剤用)「ツムラ」 1.0g(1−0−1)
         分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 体質的には肝と脾の虚弱のものが、寒と湿とに損傷されて起こる諸病に用いる。
 急性、慢性胃腸炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃酸過多症・胃痙攣・疝気(腸神経痛)・腰痛・座骨神経痛・諸神経痛・リウマチ等に用いられ、また脚気・白帯下・月経痛・月経不順・冷え症・半身不随・打撲傷・心臓弁膜症・老人の感冒・喘息・難産催生剤(酢を加える)・死胎を下す(麻黄を去り、桂枝を倍にし、附子を加える)・ジフテリアの一症・奔豚症(神経性心悸亢進症)など。
 ●瀧野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
 神経痛、リウマチ、腰痛、冷え症、疝気、血の道、胃カタル、婦人病。
 ●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
 腰痛、神経痛、胃腸炎、月経困難症、冷え症。



 6)五苓散(ごれいさん)=慢性腎炎、ネフローゼ症候群によい漢方薬!


処方名       五苓散(ごれいさん)《傷寒論》
患者のタイプ   中間証(体力中程度の人)
使用目的     口渇、排尿量・回数異常があり、ときに浮腫、悪心、嘔吐、頭痛、ままい、下痢、腹痛、発熱などの症状を伴うもの。心窩部に振水音を認めることも多い。
適応症      浮腫、ネフローゼ、尿毒症、腎炎、腎盂炎、二日酔い、乗物酔い、悪心、嘔吐、めまい、頭痛、暑気あたり、日射病、胃下垂、偏頭痛、三叉神経痛、メニエール症候群、てんかん、胆石症、急性・慢性肝炎、結膜炎など。
成分内容     沢瀉5.0、蒼朮・猪苓・茯苓各3.0、桂枝2.0
 本方は表に邪熱があって、裏に停水のあるものを治す効があり、口渇と尿利の減少を目標にして、諸種の疾患に用いられる。また、水逆の嘔吐も、本方の目標である。水逆の嘔吐は、口渇と尿利の減少があって、水をのむとすぐに吐出し、また水をのみ、また水を吐くというものをいう。
 熱のある場合では脈が浮数となり、汗は出ない。五苓散をのむと、尿利がつき、発汗して解熱する。水逆の嘔吐も、五苓散をのむと嘔吐がやみ、尿が出るようになる。
本方の沢瀉、猪苓、茯苓、朮は何れも体液の調整剤で、胃腸内の停水を去り、尿利をよくして浮腫を去る。沢瀉、猪苓は口渇を治し、茯苓とともに鎮静の効があり、桂枝は表熱を去り、気の上衝を治し、他薬の尿利の効を助ける。
 本方は感冒その他の熱のある病気で、口渇、尿利の減少のあるもの、ネフローゼ、腎炎、心臓病、急性胃腸炎、陰嚢水腫、クインケの浮腫などに用いられる。

適応症
 1)水湿の表証(太陽病蓄水証):悪風・微熱・尿量減少・口渇するが飲むとすぐに嘔吐するなどの症候で、舌苔は白・脈は浮滑。
 2)水湿による水様物の嘔吐あるいは浮腫あるいは水様の下痢などで、尿量減少・口渇をともない、目まい感・腹部の動悸・身体が重いなどの症状がみられることもある。舌苔は白滑あるいは白膩・脈は滑。
処方解説
 本方は水湿による尿量減少・口渇に対する代表処方である。
 利水の茯苓・猪苓・沢瀉・白朮と、通陽の桂枝で構成されている。
「水湿」とは、水分の排泄あるいは吸収の障害による一連の症候である。嘔吐は、主に胃の吸収障害による溜飲の存在(腹壁をたたくとジャブジャブと音を発することでわかり、これを「振水音」という)によっておこり、胃内圧が高まると水様物を吐すのであるが、一般に悪心をともなうことが少ない。これを「水逆」の嘔吐ともいう。水様の下痢は、腸管での吸収障害によって発生し、腹痛・裏急後重などをともなうことは少ない。浮腫は、腎臓での排泄障害や血液量増大にともなう等張性のもの。あるいは血管運動神経性と考えられる。この場合には動悸・目まい感・身体が重いなどの症候をともなう。なお重要なことは口渇と尿量減少で、これは脱水によるものではなく水分の偏在と考えるとよい。すなわち、口渇と尿量減少があるにかかわらず、胃内に溜飲がみとめられたり腸で水様のグル音が発生したりすることから、体内には水分が過剰に存在しながら、吸収障害により有効な血中成分として機能系にとりこまれていないものと推定できる。
 以上のように、同じ水湿であってもさまざまな病理変化が混在しているのである。
 「蓄水証」については、ふだんから水湿の症候をもっているものが感冒に罹患し、発熱反応とともに胃腸の機能失調がおこり、水湿の症候が表面化するものと考えられる。
 淡滲利水の茯苓・白朮・沢瀉・猪苓は、いずれも利尿作用をもち、猪苓・沢瀉・白朮は水分・Na・K・Cl・尿素などの排出を増し、尿細管の再吸収を抑制するとされている。茯苓は鎮静作用をもち、正常の状態では余り利尿効果はない。臨床的な観察から、白朮・茯苓などは浮腫や溜飲をのぞいたり下痢を止める効果があり、結果的に利尿を示すところから、何らかの作用機序によって消化管や組織の過剰水分を血中にひきこみ、これを腎臓に送ることによって尿量を増大させるものと考えられる。なお、白朮・茯苓は、栄養分をふくみ消化吸収を高める作用があるため、補脾薬として用いられ、脾虚が原因で生じる水腫・痰飲・下痢などには必ず配合される。一方、猪苓・沢瀉は、主に尿細管での再吸収を抑制してやや積極的な利尿作用をもつが、正常な水分を排泄するほど強力な利尿剤とは認めがたい面がある。桂枝には軽度の利尿作用があるが、主に血管を拡張して血行を促進しかつ吸収を高めることによって、利水薬の効果をつよめる(これを「通陽」と呼ぶ)。また感冒の初期には、体表血管を拡張して発汗させ解熱する。
 以上のように、本方は主として消化管や組織の余剰の水分を血中にひきこむことによって利尿し、同時に口渇・下痢・浮腫・溜飲などを緩解するものである。それゆえ、脱水には用いるべきではない。
 ただし、暑中での発汗過多や二日酔いなどでみられる軽度の脱水症状で、はげしい口渇があり水を多量に飲むにかかわらず腹が脹って口渇が癒えない状況は、やはり吸収障害が関与しており、本方を服用することにより水分が有効に血中に入って症状の緩解が得られるので応用するとよい。
 悪風・微熱などの表証がないときには、桂枝をのぞいてよい(四苓散《明医指掌》)。表証とともに浮腫がみられる風水証には、麻黄・石膏などを配合するほか越脾湯と併用する。食欲不振・疲労感・元気がないなどの気虚の症候をともなうときは、白朮を増量し黄耆を加える。冷え・寒けがつよいときには、桂枝を肉桂にかえ乾姜・附子などを配合する。あるいは真武湯・実脾飲などに変方する。

臨床応用
 急性胃腸炎・周期性嘔吐症・仮性コレラ・クインケ浮腫・寒冷じんましん・急性腎炎の初期・陰のう水腫などで、水湿を呈するもの。
 あるいは肝硬変の腹水・ネフローゼ症候群・慢性腎炎などの水腫に対して補助的に用いる。

使用上の注意
1)本方は脱水には禁忌である
2)熱証を呈するものには適さない。
3)気虚・陽虚による痰飲には適切な配慮が必要である。

出典 『傷寒論』、 『金匱要略』
1)脈浮、小便不利、微熱、消渇の証。(『傷寒論』太陽病中篇)
2)中風、発熱し、解せずして煩し、表裏の証あり、水逆を発する証。(同上)
3)霍乱(吐瀉病)、頭痛、発熱し、身疼痛し、熱多くして水を飲まんと欲する証。(霍乱病篇)

気血水
 水と気が主体。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 脈、浮、浮滑。下苔は白滑、あるいは白賦。

口訣
 ●この方は、もと五味猪苓散と称す。後世之を省略し、五苓散と呼ぶに至れりという。(奥田謙藏)
 ●ご苓散を多数例の頭痛に適用して効果を確認したが、慢性頭痛ということであれば症例を選ばず用いてよく、なかでも女性に効きがよいという印象である。(矢数道明)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
 口渇、尿量減少するものの次の諸症:浮腫、ネフローゼ、二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病。
 
b 漢方的適応病態
 1)水湿野表証(太陽病蓄水証)。すなわち、悪風、微熱、尿量減少、口渇するが飲むとすぐに嘔吐するなどの症候。
 2)水湿による水様物の嘔吐あるいは浮腫あるいは水様の下痢などで、尿量減少、口渇を伴い、めまい感、腹部の動悸、身体が重いなどの症状がみられることがある。

構成生薬
 沢瀉4、白朮3、茯苓3、桂皮1.5。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
利水滲湿・通陽・解表(利水して体内の湿をさばき、温めて、表を発する)。

効果増強の工夫
 附子を加えて利尿効果を増強する
   処方例)ツムラ五苓散  7.5g
        ブシ末(調剤用)「ツムラ」 1.5g
          分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 瀧野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)感冒・流感・急性腸カタル、消化不良、コレラ・コレラ様吐瀉・小児吐乳等で発熱、下痢、嘔吐、煩渇、利尿減少するもの。
 2)胃拡張・胃アトニー・胃下垂・溜飲症・胃液分泌過多症、幽門狭窄等で口渇、嘔吐、胃部振水音、心下部がつかえ小便不利するもの。
 3)虚証の黄痘に使った例がある。
 4)糖尿病で煩渇小便不利するもの。
 5)腎炎・ネフローゼ・膀胱炎・尿毒症・尿閉・心臓不全等で、浮腫、小便不利、煩渇、或いは発熱頭痛、脳症を伴うもの。
 6)てんかん・メニエール氏症候群・日射病・脳水腫等でめまい、昏倒、煩渇小便不利、腹動、口からあぶくを出す等があるもの。
 7)夜尿症で煩渇するもの、咳をすると小便が漏れるものに使った例がある。
 8)結膜炎・角膜フリクテン・角膜潰瘍・斜視などの眼病で、羞明、充血、閃視飛蚊症等があり、煩渇、小便不利等のもの。
 9)禿頭・脱毛で肛門また陰部に瘡を生ずるもの、或いは子宮出血後に起こったものに使った例がある。



 2)柴朴湯(さいぼくとう)=気管支喘息、気管支炎によい漢方薬!

処方名       柴朴湯
患者のタイプ   中間証(体力中等度の人)
使用目的     胸脇苦満、心窩部の膨満感があり、精神不安や抑うつ傾向がある。しばしば喘鳴やせき、食欲不振、全身倦怠、動悸、めまい、咽喉・食道部の異物感などを伴う。
適応症       気管支喘息、気管支炎、神経症など。
成分内容     柴胡7.0、半夏6.0、茯苓5.0、黄ごん・厚朴・大棗・人参各3.0、甘草・蘇養各2.0、生姜1.0・小柴胡湯と半夏厚朴湯の合方。
処方解説     本方は小柴胡湯に理気化痰・降逆の半夏厚朴湯を配合したものである。
 半夏厚朴湯により気管支の痙攣を止め咳嗽・呼吸困難・喘鳴を止めきょ痰作用をつよめ、胃腸の蠕動を調整し溜飲をのぞく。ただし、咳嗽・呼吸困難に対しては紫蘇葉を蘇子にかえるべきである。小柴胡湯は鎮静・消炎・解熱・自律神経調整に働く。
 本方は気管支喘息によく用いられ、効果もかなり良好であると報告されているが、主として自律神経調整作用によるといわれている。
 注意すべきことは、小柴胡湯も半夏厚朴湯も非常に燥性がつよいので、本方は必ず痰湿による病態に用いるべきである。陰虚のものには禁忌である。
臨床応用     気管支喘息・気管支炎・上気道炎・胃炎・インフルエンザ・感冒などで、小柴胡湯の適応症に痰湿をともなうもの。

気血水
 気血水いずれとも関わる。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 舌候は、舌質紅、舌苔は薄白。脈は弦やや数。(発熱状態の小柴胡湯の脈状)

口訣
 ●小児喘息や気管支喘息の間歇期にはfirst choiceでよい。(桑木崇秀)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
 気分がふさいで、咽喉、食道部に異物寒があり、ときに動悸、めまい、嘔気等を伴う次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症。
b 漢方的適応病態
 1)煩表半裏証(少陽病)と痰湿。すなわち発熱性疾患の経過中にみられる、発熱、往来寒熱、胸脇部が脹って苦しい(胸脇苦満)、胸脇部痛、口が苦い、悪心、嘔吐、咳嗽、咽の渇き、食欲がない、目がくらむなどの症候に痰湿、気滞による咳嗽が加わったもの。舌質は紅、舌苔は薄白。脈は弦やや数。

1.出典  本朝経験方(成立は江戸時代と推定)
 ●これは小柴胡湯と半夏厚朴湯を合方したもので、半夏と生姜が共通する生薬である。小柴胡湯の証(胸脇苦満があって、軽度の虚証と見られる場合で半夏厚朴湯の証(この場合は主として咳や喘鳴を目標とする。ただし咳は湿咳で、乾咳ならば麦門冬湯ということになる)を兼ねる場合に用いるべき方剤ということができる。

2.腹候
 腹力は中等度前後(2−4/5)。ときに胸脇苦満、心下痞ゴウを認める。

3.気血水
 気血水いずれとも関わる。

4.六病位
 小腸病

5.脈・舌
 舌候は、舌質紅、舌苔は薄白。脈は弦やや数。(発熱状態の小柴胡湯の脈状)

6.口訣
 ●小児喘息や気管支喘息の間歇期にはfirst choiceでよい。

7.本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症。

 b 漢方的適応病態
 1)半表半裏証(小腸病)と痰湿。すなわち発熱性疾患の経過中にみられる。発熱、往来寒熱、胸脇部が張って苦しい(胸脇苦満)、胸脇部痛、口が苦い、悪心、嘔吐、咳嗽、咽の渇き、食欲がない、目がくらむなどの症候に痰湿、気滞による咳嗽が加わったもの。舌質は紅、舌苔は薄白。脈は弦やや数。
 2)肝鬱化火・脾気虚・痰湿。すなわち、ゆううつ感、いらいら、怒りっぽい、口が苦い、胸脇部が張って苦しい、寝つきが悪いなどの肝鬱化火の症候に、元気がない、疲れやすいなどの脾気虚の症状と、悪心、嘔吐、咳嗽、多痰などの痰湿の症状に咳嗽を伴うもの。舌質は紅、舌苔は白〜白膩。脈は弦軟。

8.構成生薬
 柴胡7、半夏5、茯苓5、黄ごん3、厚朴3、大棗3、人参3、甘草2、蘇葉2、生姜1。

9.TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 疏肝解鬱・補気健脾・理気降逆・きょ痰止咳・和解半解半表半裏。

本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』」より
 神経衰弱、ノイローゼ、発作が起きないかと気にしすぎる気管支喘息。
 ●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
 小児喘息、気管支喘息の間歇期。カゼや気管支炎がこじれて咳が残ったとき。のどに物がつかえるという不安神経症。



 4)七物降下湯(しちもつこうかとう)=高血圧、眼底出血によい漢方薬!

処方名       七物降下湯(しちもつこうかとう)
患者のタイプ    虚証(体質虚弱な人)
使用目標      胃腸は比較的丈夫な人の高血圧症に伴う諸症状に使用。易疲労感、肩こり、頭重、耳鳴り、頻尿傾向、眼精疲労などの症状を訴えることが多い。
適応症       高血圧症、慢性腎炎、動脈硬化症など。
成分内容      芍薬・当帰・黄耆・地黄・川きゅう各3.0、釣籐鈎4.0、黄柏2.0

効能 補血益気・熄風
適応症 血虚の肝陽化風で、顔色がわるい・皮膚につやがない・四肢のしびれ感・筋肉のひきつりなどの血虚の症状と、のぼせ・ほてり・めまい・ふらつき・手足のふるえ・耳鳴などの肝陽化風の症状をともなうもの。舌質は淡白・脈は弦細。
処方解説 本方は大塚敬節氏が自身の高血圧・眼底出血を治療するために創見した処方であるが、血虚の肝陽化風に適したものといえる。
 適応する病態は、栄養不良状態(血虚)にともない脳の抑制過程の機能低下と興奮過程の相対的亢進が生じたものと考えられる。
 本方の当帰・川きゅう・白芍・熟地黄はすなわち四物湯で、血虚の状態を改善する。黄耆は消化吸収や全身の機能を高め、四物湯の補血の効能をつよめる。平肝熄風の釣籐散は鎮痙・鎮静作用をもち、清熱の黄柏は脳の充血を軽減し、両者によって脳の興奮性を低下させる。四物湯は抑制過程をつよめるらしい。
 本方は元来血圧降下を目的としたもので、「降下湯」という名称をつけられているが、この面にはやや問題がある。釣籐鈎は顕著な降圧作用をもち、黄柏も充血をのぞいて降圧効果が期待できる。ただし、黄耆は臨床的に一般的な量では中枢の興奮により血圧上昇に働くことが認められている。高血圧症のなかで拡張期血圧が高くて下りにくい老人などでは気虚のものが多く、これに対しては大量(30g以上)の黄耆を投与すると効果があるとされている。血圧降下を目的とするには、気虚という前提と大量に配合するという原則によって黄耆を用いるべきである。それゆえ一般に、本方は血圧にはこだわらずに血虚の肝陽上亢を目的として用いた方がよく、気虚があきらかでなければ黄耆は減法すべきものと考えられる。
 なお、降圧・鎮静作用をもつ補肝腎の杜仲を加えたものを八物降下湯という。

臨床応用 自律神経失調症・更年期症候群・高血圧症などで、血虚・肝腸化風を呈するもの。

15年前に大塚が創作した処方で、その頃、大塚は高血圧症で、最低血圧が高く、眼底出血が反復し、下肢のしびれ、疲労倦怠、頭痛、衂、などに苦しめられたが、この処方を用いるようになって、軽快した。その後、高血圧が慢性化して、正低血圧の高いもの、腎炎または腎硬化症のある高血圧患者に用いて効のあることを知った。

慢性腎炎または腎硬化症を起こして血圧の高いものによい。

当帰・芍薬、川きゅう、地黄 各3.釣籐4.黄耆3.黄柏2.

1.出典 『修琴堂(大塚敬節)方』
 ●疲れやすくて最低血圧の高いもの、尿中に淡白を証し、腎硬化症の疑いのある高血圧患者、いろいろの薬方を用いて奏効しない者に用いることにしている。(『漢方医学』)
 ●釣籐には脳血管の痙攣を予防する効があるらしいし、黄耆には、毛細血管を拡張して血行をよくする効があるらしいので、これを用いることによって血圧が下がるのではないかというのが私の考えであった。四物湯を用いたのは(眼底出血の)止血の意味であり、黄柏を入れたのは、地黄が胃にもたれるのを予防するつもりであった。

2.腹候
 腹力は中等度かそれ以下(2−3/5)

3.気血水
 気血が主体の気血水。

4.六病位
 少陽病。

5・脈・舌
 舌脈は弦細。 質は淡白。

6.口訣
 ●皮膚は乾燥傾向で、どちらかといえば褐色を呈している。(道聴子)
 ●本方は血圧にこだわらずに、血虚の肝陽上亢を目的として用いた方がよい。(『中医処方解説』)

より深い理解のために  肝陽上亢とは、目がかすむ、目がくらむ、まぶしい、目の乾燥感や痛み、視力減退、頭痛、頭のふらつきなどの肝陰虚・火旺の状態。肝陽上亢がさらに進むと、肝陽化火となる。陽が上亢すれば熱となり、熱が極まれば火を生じる。五行の考え方では、木が鬱して火に変化するとして臨床症状を説明する。

7.本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 身体虚弱の傾向のあるものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)。
 b 漢方適応病態
 血虚の肝陽化風。すなわち、顔色が悪く、皮膚に艶がなく、四肢がしびれ、筋肉がひきつるなどの血虚の症候と、のぼせ、ほてり、めまい、ふらつき、手足のふるえ、耳鳴りなどの肝陽化風の症候を伴うもの。舌質は淡白。脈は弦細。

8.構成生薬
 芍薬4、当帰4、黄耆3、地黄3、川きゅう3、釣藤鈎3、黄柏2.(単位g)

9.TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 補血益気・熄風。

10. 効果増強の工夫
 降圧、鎮静作用をもつ補肝腎の杜仲を加えたものを八物降下湯という。(『中医処方解説』より)

11 本方で先人何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 高血圧症の虚証で大黄剤や柴胡剤を用いることが出来ないもの。腎障害のあるもの。
 ●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
 冷えや皮膚枯燥(燥証)のある虚弱体質者の高血圧、ことに眼出血や結膜充血のある場合。



11)炙甘草湯(しゃかんぞうとう)=心臓神経症、動悸、息切れによい漢方薬!

処方名       炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
患者のタイプ    虚証(体力の低下した人)
使用目標      心悸亢進や頻脈、動悸、息切れなどを訴える、皮膚の枯燥、易疲労感、手足のほてり、口渇、便秘などを伴うものに使用。
適応症       動悸、息切れ、バセドー病など。
成分内容      地黄・麦門冬各6.0、桂枝・大棗・人参・炙甘草・麻子仁各3.0、阿膠2.0、生姜3.0
 本方は別名を復脈湯ともいい、心悸亢進と脈の結滞とを目標にして用いるが、脈の結滞のない場合にも用いてよい。
 本方を用いる患者は、栄養が衰え、皮膚が枯燥し、疲労しやすく、手足の煩熱、口乾などがある。
 本方の甘草は桂枝と組んで心悸亢進を治し、地黄、麦門冬、人参、麻子仁、阿膠には滋潤、鎮静、強壮の効があり、麻子仁には緩下の効もある。人参にはまた健胃の効もあり、大棗と生姜は諸薬を調和して吸収を促す。
 本方はバセドウ病、心臓病、産褥熱、肺結核などに用いる機会がある。
適応症  心気陰両虚:脈の結代・息切れ・疲労感などの心気虚の症候が主で、動悸・咽や口の乾燥感・眠りが浅い・寝汗・やせる・便がかたいなどの心陰虚の症候をともなうもの。舌質はやや紅で乾燥してやせている・舌苔は少ない・脈は結代あるいは細弱。
処方解説
  本方は、脈の結代・動悸・息切れに対する代表処方である。
  補心気の炙甘草・党参と、通心陽の桂枝・生姜・および滋陰養血の麦門冬・生地黄・阿膠・麻子仁・大棗から構成されている。
 「心気虚」とは、主に心臓の駆血能の低下を指すが、さらに脳の興奮性低下・循環機能の低下などが加わって心筋のアノキシーが生じ、これにともなって心房・心室の期外収縮が発生する状況と考えられる。本方の適応する病態は、さらに全身的な栄養不良状態が生じ、異化作用の亢進・脱水・脳の抑制過程の機能低下・心筋の代謝障害などの「心陰虚」をともなったものと考えられる。
 主薬は補気の炙甘草で、経験的に心気虚にもっとも効果があるとされており、アドレナリン分泌促進・コルチコイド様作用などにより強心効果を生じたり反応性を増強させるものと考えられる。党参は、脳の興奮性をつよめ全身の機能や同化作用を促進し、強心作用によって心臓の駆血能を高める。また、炙甘草・党参は、利尿作用により体内に水分をとどめて滋潤に働く。通心陽の桂枝・生姜は、血管拡張作用をもち、冠動脈に対しても拡張作用をあらわすものと推察される。生地黄・麦門冬・阿膠は、滋養強壮に働いて体を栄養・滋潤し、異化作用を抑制する。生地黄にも強心作用があり、麦門冬は脳の興奮性を高めるとともに、アノキシー抵抗性をつよめる。阿膠はカルシウム分を含み心筋の代謝を改善する。桂枝・生姜・大棗は消化吸収促進に働き、麻子仁は油性成分によって腸管を滋潤し通便する。
 麻子仁はほとんど滋養効果がないので、便がかたくなければ除いてもよいが、滋養・鎮静作用をもつ柏子仁・遠志・酸棗仁などにかえた方がより適切である。
 心気虚が顕著なら党参を増量し黄耆を加え、冷え・寒気など虚寒がみられれば附子・肉桂を配合する。心陰虚がつよければ、生地黄を増量し生姜・桂枝を減去する。動悸がつよければ朱砂・竜歯などを加える。狭心痛があるときは、舌苔が白など湿証がつよければかつ楼仁・

口渇・口乾 口渇のあまりはげしくないものには、括呂根、人参、知母、地黄、麦門冬などの滋潤剤を配合した処方がもちいられる。
口乾には実証はなく、虚証が多いが、お血による口乾があるから、他の証とにらみ合わせて証を明らかにしなければならない。お血以外の場合は、証に従って温補滋潤の剤を用いる。例えば、老人、産婦、大病人などで、一睡して目がさめると、水を口に入れないと、舌が動かないほどに乾くものがある。このような患者には、人参、地黄、茯苓などの配剤せられた十全大補湯、炙甘草湯、茯苓四逆湯などがもちいられる。

炙甘草湯も、桂枝、甘草野他に数種の薬が配合せられていて、大病後あるいは慢性病などで体力が衰え、心悸亢進、脈の結滞などのあるものに用いる。

心下悸・臍下悸  心臓の動悸は、心悸という、心下悸、臍下悸、水分の動、腎間の動などとよぶものは、腹部大動脈の拍動の波及が顕著で、他覚的にこれを望見し、あるいは容易に触診によって知ることのできるものをいう。健康な人では、これらの動悸は、腹底で静かに、あるかないかわからない程度に搏っているから、手を軽くあてても、ほとんど感じない。

気血水
 気血水いずれとも関わる。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 舌質はやや紅で、乾燥しやせて、舌苔は少ない。脈は結代あるいは細弱。

口訣
 ●この方は心動悸を目的とす。(浅田宗伯)
 ●不整脈のなかでも、虚している、熱候としてたとえば口がはしゃぐ、手足の芯がほてる、息が熱く感じる、燥いた症状として息が切れる、便秘する、などの症状のどれかがあるものを参照して用いる。(龍野一雄)

 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 体力が衰えて、疲れやすいものの動悸、息切れ。
 b 漢方的適応病態
 心気陰両虚。すなわち、脈の結滞、息切れ、疲労感などの心気虚の症候が主で、動悸、咽や口の乾燥感、眠りが浅い、寝汗、やせる、便が硬いなどの心陰虚の症候を伴うもの。舌質はやや紅で、乾燥して痩せている。舌苔は少なく、脈は結代あるいは細弱。

構成生薬
 地黄6、麦門冬6、桂皮3、大棗3、人参3、麻子仁3、生姜1、炙甘草3、阿膠2。(単位g)

TCM(Traditional Chiniese Medicine)的解説
 益気通陽・滋陰補血。

効果増強の工夫
 動悸が強い例では、桂枝加竜骨牡蛎湯を合方する。
 処方例)ツムラ炙甘草湯 6.0g
      ツムラ桂枝加竜骨牡蛎湯 5.0g
        分2食前

本方で先人は何を治療したか?
 龍野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)チフス・肺炎・流感その他の急性伝染病で、熱高く、動悸虚煩、不眠、譫妄などがあるもの。
 2)肺結核で、高熱、息苦しく、盗汗、喀血、皮膚乾燥、咳などが著明のもの。
 3)心臓弁膜症・期外収縮・遷延性心内膜炎等で動悸、或いは脈結滞するもの。
 4)バセドゥ氏病・神経性心悸亢進症・交感神経緊張症・ノイローゼ・本態勢高血圧等で、動悸がし汗をかきやすく、直ぐ疲れ、のぼせ気味のもの。
 5)百日咳などで、息切れ動悸し、衰弱を現すもの。
 6)音声を発しがたく、胸腹動悸し、胸下痞鞍、便秘するもの。
 7)口内炎・舌炎・歯齦炎・扁桃腺潰瘍等で、濁唾を出し、飲食すること能わず、衰弱が加わるもの。
 8)癇症または老人衰弱者の便秘。
 9)慢性下痢で、動悸息切れするものを治した例がある。
 10)指の爪が反り裂け、息切れ、動悸するものを治した例がある。
 11)肝臓肥大、黄疸で、息切れ、浮腫、目眩、耳鳴り、食欲不振、手足煩熱等のものを治した例がある。
 12)腎臓炎の蛋白尿を、虚労行動常の如しで(本方を投じて)治した例がある。




15)清心蓮子飲(せいしんれんしいん)=神経症、不眠症、膀胱神経症(慢性膀胱炎)によい漢方薬!

処方名       清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
患者のタイプ    中間症〜虚証(比較的体力の低下した人)
使用目標      頻尿、残尿感、排尿痛などの排尿異常があり、全身倦怠感、胃腸虚弱、冷え性、神経過敏などの傾向があるもの。
適応症       急性・慢性膀胱炎、前立腺肥大、排尿障害、性的神経衰弱、インポテンツ、夢精、糖尿病、口内炎、帯下など。
成分内容      麦門冬・茯苓・蓮肉各4.0、車前子・人参・黄ごん各3.0、黄耆・地骨皮各2.0、甘草1.5
 本方は、心と腎の熱を冷まし、かつ脾肺の虚を補うのが目的である。思慮憂愁に過ぎ、すなわち精神過労によって脾と肺を損じ、酒色過度の不摂生により脾と腎をやぶり、虚熱を生じた場合によい。主として慢性泌尿器科疾患で体力の衰えた場合に応用される。目標としては、過労するときは尿の混濁を来たすという慢性淋疾や腎膀胱炎、また排尿時力がなく後に残る気味ありと訴えるものなどによく奏効する。白淫の症と名づける婦人の帯下、あたかも米のとぎ汁のようなものを下すもの、糖尿病で虚●し、油のような尿の出るもの、腎臓結核で尿が混濁し虚熱のあるもの、遺精、慢性腎盂炎、性的神経衰弱、虚熱に口内炎などにも応用される。
 麦門冬、蓮肉は心熱を清めかつこれを補い、地骨皮、車前子は腎熱を涼し、よく利尿の効がある。人参、茯苓、甘草は脾胃を補い、消化の機能を亢め、一方人参、黄耆、黄ごん、地骨皮、麦門冬と組んで腎水を生じ、利尿をよくし、肺熱を清涼させる。





 5)釣藤散(ちょうとうさん)=脳動脈硬化症、脳血管障害(高血圧、耳鳴り、頭痛、不眠)によい漢方薬!

処方名       釣籐散(ちょうとうさん)
患者のタイプ    中間証〜虚証(体力中等度あるいはやや低下した人)
使用目標      中年以降で、慢性の頭痛、めまい、肩こりなどを訴え、気分がすぐれないものに使用。のぼせ、耳鳴り、
適応症       神経症、めまい、メニエール症候群、肩こり、更年期障害、高血圧、動脈硬化など。
成分内容      石膏5.0、橘皮・麦門冬・半夏・茯苓・釣籐鈎各3.0、防風・菊花・人参各2.0、甘草・生姜各1.0
 本方は中年以後の神経症で、やや虚証を帯び、頭痛、眩暈、肩こり、肩背拘急などを主訴とするものに用いる。いわゆる癇症という神経質のもので、上衝がひどく、常に訴えが絶えず、朝方あるいは午前中に頭痛するというものを目標として用いることが多い。
 本方は竹葉石膏湯の去加方で、虚証で気が上逆し、上部にうつ塞するのを引き下げ鎮静するものである。主薬の釣籐は肝気を平らかにするというもので、神経の異常亢奮や異常沈滞を調節する。人参、茯苓は元気をつけまた精神を安定させる。菊花、橘皮、半夏、麦門冬などはみな気の上衝を下し、防風、菊花は上部の滞気をめぐらし、熱をさます、石膏は精神を安んじ、うつ熱をさますものである。
 以上の目標により本方は神経症、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害、動脈硬化症、高血圧症、慢性胃炎、脳動脈硬化症、メニエール症候群などに応用される。

適応症 脾胃気虚・痰湿の肝陽化風:頭のふらつき・めまい感・頭痛・耳鳴・顔面紅潮・目の充血・目がかすむ・いらいら・肩こり・眠りが浅い・手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、食欲不振・元気がない・疲れやすい・悪心・嘔吐・咳嗽・喀痰・腹が張るなどの脾気虚・痰湿の症状をともなう。舌質はやや紅・舌苔は膩・脈は弦軟やや数。

処方解説 本方は肝陽化風に脾気虚をともなうものに対する処方である。
平肝潜陽の釣籐鈎・甘菊化・防風・石膏と、補気建脾・化痰の党参・茯苓・炙甘草・陳皮・半夏・生姜に、滋陰の麦門冬を補助的に配合したものである。
 適応する病態は、消化吸収機能の低下による全身の機能低下と水分の吸収排泄障害が基本にあり、これに頭面部や脳の充血と自律神経系の興奮が加わったものと考えられる。
 平肝止痙の釣籐鈎は、鎮静・鎮痙・降圧作用をもち、頭面部の充血を緩解し自律神経系の興奮をしずめ、筋のけいれんによるふるえを止める。甘菊化も鎮静・降圧作用があり、とくに目の充血や頭痛をやわらげる。また、瞳孔やレンズの筋緊張を調節して視力障害を緩解するらしく、これを「明目」の効能と呼ぶ。防風は頭痛を止め鎮痙に働く、情熱の石膏はカルシウムを含み、鎮静・鎮痙作用により上記3薬の効果をつよめる。補気建脾の党参・炙甘草・茯苓は、消化吸収を促進し全身の機能を高めるとともに、他薬の効能を十分に発揮させる。半夏・陳皮・生姜は胃腸の蠕動をつよめ、きょ痰・鎮咳・制吐に働き、茯苓とともに消化管内の水分停滞をのぞく。滋陰の麦門冬は、平肝潜陽や化痰の薬物による燥性をやわらげるために配合されていると考えられる。
 肝陽上亢がつよければ石快明・白芍などを配合し、口渇・舌質が紅・舌苔が少など陰虚があきらかなら熟地黄・石斛・天花粉などを加え半夏・生姜をのぞく、熱証がつよくなければ石膏は除去し、悪心・嘔吐・咳嗽・喀痰など痰湿の症候がなければ半夏・陳皮・生姜を去る。

臨床応用  自律神経失調症」・高血圧症・脳動脈硬化症・脳血管障害・耳鳴・頭痛症・不眠症などで、脾気虚・痰湿・肝陽化風を呈するもの。

気血水
 気水が主体の気血水。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 脈、弦軟やや数。舌質はやや紅、舌苔は賦苔。(中医処方解説)

口訣
 ●この方は、俗にいわゆる癇症の人、気逆甚だしく、頭痛眩暈し、或いは肩背強急眼赤く心気鬱塞者を治す。(浅田宗伯)
 ●本方は愁訴の多い患者に用いられ、特に頭痛が多く、頭重、肩凝り、眩暈を訴え、さらに便秘・不眠・夜間尿・手足冷え・心下痞・動悸・耳鳴・のぼせ・怒りやすい・食欲不振等がある。(細野史朗)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの。

b 漢方的適応病態
 脾胃気虚・痰湿の肝陽化風。すなわち、頭のふらつき、めまい感、頭痛、耳鳴り、顔面紅潮、目の充血、目がかすむ、いらいら、肩こり、眠りが浅い、手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、食欲不振、元気がない、疲れやすい、悪心、嘔吐、咳嗽、喀痰、腹が張るなどの脾気虚、痰湿の症候を伴う。舌質はやや紅、舌苔は腑。脈は弦軟やや数。

構成生薬
 釣籐鈎3、陳皮3、半夏3、麦門冬3、茯苓3、人参3、菊花2、防風2、石膏5、甘草1、生姜1。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 平肝潜陽・明目・補気健脾・化痰(平肝熄風・清熱・健脾益気)。

効果増強の工夫
 臓腑の肝胆の機能失調に関連する抑肝散との異同は、両者とも釣籐鈎が配されている点で共通するが、釣籐散は六君子湯ベースで人参があり、抑肝散には柴胡、当帰が配されているところが相違する。すなわちこれらの相違からこの二方は合方したり、兼用したりすることが可能である。
 釣籐鈎で頭痛や肩背痛が改善したが不眠が残る場合、次にように用いることがある。
 処方例) 1)ツムラ釣籐散7.5g 分3食前
       2)ツムラ抑肝散2.5g 分1眠前

 釣籐散は高齢者の認知症にも有効であるというプラセボを用いた臨床研究結果があり、また当帰芍薬散も同様に認知症に効果を有するということが富山大学の後藤准教授らによって報告されている。先に指摘したように釣籐散は血に働く生薬が配列されていないので、二者の合方は合理性を持つ可能性がある。

処方例)   ツムラ釣籐散 5.0g
        ツムラ当帰芍薬散 5.0g
           分2朝夕食前

本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 中年以後の神経症でやや虚状を呈し、頭痛・眩暈・肩こり・肩背拘急などを主訴とするものに用いる。すなわち本方は、神経症・頭痛・眩暈・肩こり・更年期障害・動脈硬化症・高血圧症・慢性腎炎・脳動脈硬化症・メニエール病など。

 ●龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』
 ノイローゼ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害。ただし、必ず熱証であることが条件。





 9)猪苓湯(ちょれいとう)=膀胱炎、尿路結石(頻尿、排尿痛、残尿感)によい漢方薬!

処方名       猪苓湯(ちょれいとう)
患者のタイプ    虚〜実証まで使用可
使用目標      頻尿、残尿感、排尿痛、不快感、血尿などがあるもの。口渇や胸苦しさを伴うことが多い。
適応症        尿道炎、排尿痛、血尿、残尿感、腎炎、腎盂炎、ネフローゼ、突発性腎出血、腎臓結核、腎結石、尿管結石、膀胱結石、不眠症、ひきつけなど。
成分内容      沢瀉・猪苓・茯苓・阿膠・滑石各3.0
 本方は尿路の炎症を治し、利尿を円滑にする効があり、尿の淋瀝、排尿痛、尿利の減少、口渇を目標として用いる。そのため膀胱炎、尿道炎、淋疾、尿路結石、腎盂炎、腎炎などに用いる。また不眠に用いる。
 本方は五苓散の桂枝と朮の代りに、滑石と阿りょうを入れたものである。猪苓、茯苓、沢瀉は利尿の効とともに、鎮静作用があり、滑石は尿路の刺激を緩和して利尿を円滑にし、阿りょうもまたこれに協力するとともに、止血、強壮、鎮静の効がある。

処方解説  本方は湿熱による下痢や尿量減少に対する処方である。五苓散の適応する病理状態とほぼ同じであるが、軽度の炎症や陰虚による熱証をともなうところに大きな違いがある。
利水の猪苓・沢瀉・茯苓・滑石と、滋陰補血の阿りょうが組み合わされているのが特徴である。
 「水熱互結」とは主として全身の炎症による水分の吸収・排泄の障害で、五苓散で述べたような水分の偏在や吸収障害による下痢がみられ、同時に循環水分量の減少にともなう口渇・尿量減少が生じる。また、元来陰虚や血虚の体質のものが吸収障害をおこすと、陰虚・血虚の程度がつよくなり、いらいら・ほてり・不眠などの興奮症状があきらかになる。なお、炎症にもとづく腎糸球体の一過性の透過性増大による血尿や、濃縮尿による高浸透圧性の刺激にともなう排尿痛や下腹部痛が生じる。猪苓湯の適応する病態では、尿路系の炎症はつよくないと考えられる。
 利水の猪苓・沢瀉・茯苓は、消化管内や組織の水分を血中にひきこんで利尿し、下痢を止めると同時に尿を稀釈して尿路への刺激を和らげる。滑石は、含有するケイ酸マグネシウムの吸着・収斂作用によって腸管を保護し下痢を止め、軽度の利尿作用により前3薬を補助する。また、猪苓・沢瀉・滑石には、抗菌・消炎作用があり炎症を緩和するが、この作用は強力ではないのでつよい炎症にはほとんど効果はない。滋陰補血の阿りょうは滋養強壮作用によって体を滋潤・栄養し、含有するカルシウムによって止血に働き、また茯苓とともに鎮静効果を生じる。

気血水
 水と血が主体の気血水。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 (熱があることを念願に)脈は数〜数滑。舌質はやや紅、、舌苔は気〜黄賦苔。

口訣
 ●猪苓はただ利尿を通ずるだけで、茯苓は心熱をさまして鎮静作用があり、沢瀉は頭に迫る上衝をしずめる。阿膠は血燥をゆるめ、滑石は利尿を円滑にする。(龍野一雄)
 ●下焦の蓄熱利尿の専剤とす。若し上焦に邪あり、或いは表熱あれば五苓散の証とす。凡そ利尿の品は津液の泌別を主とす。故に二方ともに能く下痢を治す。但しその位異なるのみ、此の方下焦を主とする故、淋疾或は血尿を治す。(浅田宗伯)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
 尿量減少、小便難、口渇を訴えるものの次の諸症:尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、排尿痛、血尿、腰以下の浮腫、残尿感、下痢。

b 漢方的適応病態
 水熱互結(湿熱)。すなわち、発熱、熱感、下痢とともに口渇、尿量減少がみられ、いらいら、不眠などを伴うことがある。また濃縮尿とともに血尿、下腹部痛、排尿痛なども生じることが多い。

構成生薬
 猪苓3、茯苓3、滑石3、沢瀉3、阿膠3。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 利湿清熱・滋陰止血。
 水をさばき、熱(炎症)を冷まし、陰を補って止血作用を発揮する。

効果増強の工夫
 血尿の場合、必要があれば顔色のよい例では黄連解毒湯を合方し、貧血様の例では四物湯と合方する。あまり冷えの強い例には不適であり他の工夫を要する。
 処方例) ツムラ猪苓湯 7.5g
       ツムラ黄連解毒湯 5.0g(1-0-1)
           分3食前

 処方例) ツムラ猪苓湯 7.5g
       ツムラ四物湯 5.0g(1-0-1)
           分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 龍野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)急性膀胱炎・尿道炎・膀胱結石・膀胱腫瘍・膀胱結核・淋病・フィラリア病・急性腎炎・腎石・腎盂炎・腎臓結核等で排尿困難・尿意頻数・排尿痛・血尿などがあり、或いは発熱、口渇するもの。
 2)腸出血・肛門出血・子宮出血などで口渇、頻尿、或は肛門熱感、疼痛、心煩等があるもの。
 3)喀血で口渇、心煩、不眠、咳、小便不利等を伴うもの。
 4)急性腸炎・大腸炎・直腸炎・直腸潰瘍等で、下利血便、或は小便不利、口渇するもの。
 5)腎炎ネフローゼ等で、浮腫、口渇、小便不利し、或は血尿、或は心煩するもの。
 6)不眠症で、或は口渇、小便不利、或は下利、咳、嘔などを伴うもの。
 7)てんかん・時々ひきつけるもので、或は下利、或は小便不利、或は不眠心煩などするもの。





 8)白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)=糖尿病、血糖値の高い人によい漢方薬!

処方名       白虎加人参湯(びゃくこかにんじんとう)
患者のタイプ    中間証(体力中等度の人)
使用目標      口渇、ほてりが目標で、急性症の場合は、激しい口渇と発汗、ほてりなどがあり高熱を発しているもの。慢性症の場合は、口渇、のぼせ、局所的灼熱感、発疹、かゆみなどがあり、尿量増加などを伴うことがある。
適応症       熱感の激しいもの、暑気あたり、日射病、流感、肺炎、糖尿病、腎炎、尿毒症、夜尿症、皮膚炎、じんま疹、湿疹など。
成分内容      石膏15.0、粳米8.0、知母5.0、甘草2.0、人参3.0
 白虎湯に人参を加えたもので、白虎湯証で高熱のため、体液を消耗して、口渇のはなはだしいものに用いる。

気血水
 気水が主体の気血水。

六病位
 陽明病。

脈・舌
 脈は大で、無力。舌質は紅で乾燥、舌苔は黄。

口訣
 ●明らかな表証がある場合には用いない。(浅田宗伯)
 ●白虎湯証の熱によって津液枯渇したものに対して、人参をもって滋潤するのである。(龍野一雄)

本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 のどの渇きとほてりのあるもの。
 b 漢方的適応病態
 気分熱盛(陽明病経証)。すなわち、息切れ、無力感、疲労感など気虚の症候を伴うもの。舌質は紅で乾燥、舌苔は黄。脈は大で、無力。

構成生薬
 石膏15、知母5、甘草2、人参1.5、粳米8。(単位g)

TCM(TraditionalChinese Medidine)的解説
 清熱瀉火・生津止渇・補気。

本方で先人は何を治療したか?
 龍野一雄著『新撰類緊方』増補改訂版より
 1)流感・チフス・肺炎・脳炎脳膜炎等で、高熱煩渇するもの。
 2)日射病・熱射病で、高熱、煩渇、脳症等を起したもの。
 3)脳出血で、発熱、煩渇、煩燥、譫妄等を起し脈大のもの。
 4)糖尿病・バセドゥ氏病で、煩渇、或は煩燥、脈大のもの。
 5)皮膚炎・じんま疹・湿疹・ストロフルス・乾癖等でかゆみが劇しく、患部は赤味が強く乾燥性で、煩渇するもの。
 6)胆嚢炎で高熱煩渇するもの。
 7)腎臓炎・尿毒症で高熱煩渇、或は煩燥、脳症あるもの。
 8)夜尿症で脈大、煩渇するもの。
 9)虹彩毛様体炎・角膜炎等で、充血、発赤、熱感等が強く煩渇するもの。
10)歯槽膿漏で糖尿を伴い、煩渇するものを治した例がある。
11)嗅覚なきものを治した例がある。
12)骨盤腹膜炎で、高熱、煩渇、自汗するものを治した例がある。
13)小児麻痺で渇するものを治した例がある。
14)腰部神経痛で、渇舌、乾燥するものを治した例がある。
15)感冒後言語障害、内熱煩渇を治した(加藤勝美氏)。


16)竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)=膣炎、尿道炎、睾丸炎、副睾丸炎、前立腺炎によい漢方薬!

処方名       竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
患者のタイプ    中間証〜実証(比較的体力のある人)
使用目標      充血、腫張、疼痛のある急性または慢性の泌尿器、生殖器疾患など下腹部臓器の諸症状に使用。陰部のかゆみを伴うことがあり、冷えはなく、腹は力がある。
適応症       排尿痛、残尿感、尿の濁り、帯下、膣炎、陰部湿疹、陰部掻痒症、睾丸炎、外陰潰瘍、肝硬変など。
成分内容      地黄・当帰・木通各5.0、黄ごん・車前子・沢瀉各3.0、甘草・山梔子・竜胆各1.0
 本方は膀胱および尿道に於ける炎症に用いるもので実証に属し、急性あるいは亜急性の淋毒性尿道炎、バルトリン腺炎、あるいは膀胱炎などで、小便渋通、帯下、膿尿、陰部腫痛、鼠径腺の腫脹するものなどに用いる。一般に体力未だ衰えず、脈も腹も相当力のあるものである。
 車前子、木通、沢瀉は利尿作用があって、尿道、膀胱の炎症を去る。当帰、地黄は血行を盛んにし、且つ渋痛を緩和し、竜胆、山梔子、黄ごんは消炎および解毒の効がある。
 以上の目標に従って本方は急性あるいは亜急性淋疾、尿道炎、膀胱炎、帯下、陰部痒痛、バルトリン腺炎、子宮内膜炎、下疳、横げん、睾丸炎、陰部湿疹などに応用される。
 一貫堂の竜胆瀉肝湯は、本方を基本としたもので、本方に芍薬、川きゅう、黄連、黄柏、連翹、薄荷、防風を加えたものである。やや慢性症となったものに用いる。

出典 薛鎧・薛己(父子)著『薛氏十六種』
 ●肝経の湿熱、玉茎患瘡、或は便毒、下疳、懸癰、腫痛、小便赤渋滞、陰嚢腫痛を治す。(『薛氏医案十六種』)

腹候
 腹力中等度以上(3−5/5)

気血水
 水が主体の気血水。

六病位
 小腸病。

脈・舌
 肝胆火旺(肝火上炎)では、舌質は紅、舌苔は黄、脈は弦数。下焦の湿熱では、舌質は紅、舌苔は黄賦。脈は弦滑数。

口訣
 ●竜胆瀉肝湯証は、同じく解毒証体質でも結核性疾患とは比較的無関係である。概して婦人病や泌尿生殖器病、花柳病などに運用される。しかも処方構成の上から言って、下焦、すなわち臍部より下の疾病によく用いられる。(矢数挌)

本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
 効能または効果
 比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(帯下)。

 b 漢方的適応病態(『医宗金鑑』)
 1)肝胆火旺(旺火上炎)。すなわち、はげしい頭痛、目の充血、目やに、眼痛、口が苦い、急性の難聴や耳鳴、耳痛、胸脇部の張った痛み、いらいら、怒りっぽい、不眠、尿が濃いなどの症候。黄疸が出ることがある。
 2)下焦の湿熱。すなわち、排尿痛、頻尿、濃縮尿、排尿困難、あるいは陰部湿疹、陰部の腫脹疼痛、黄色の帯下などの症候。

構成生薬
 地黄5、当帰5、木通5、黄ごん3、車前子3、沢瀉3、甘草1、山梔子1、竜胆1.(単位g)

TCM(TraditionalChinese Medidine)的解説
 清肝瀉火・清熱利湿・(疏肝解欝)。

本方で先人は何を治療したか?
●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
急性または亜急性の尿道炎・膀胱炎・バルトリン腺炎・帯下・陰部痒痛・子宮内膜炎・膣炎、下疳・鼠径リンパ腺炎・睾丸炎・陰部湿疹・トリコモナス等。

●瀧野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
(一貫堂竜胆瀉肝湯について)尿道炎、膀胱炎、バルトリン腺炎、帯下、子宮内膜炎、陰部痒痛、睾丸部湿疹。
●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
尿道炎、淋疾、膀胱炎、膣炎、子宮内膜症、外陰部の痒痛、陰部湿疹、頑癬、高血圧症、緑内障、中耳炎。

ヒント
 苦心のあげく本方で改善した藤平健先生の症例を、『漢方臨床ノート・治療篇』より概略を紹介しよう。
 20歳の女子で会社員、2カ月前から排尿痛と残尿感が起こって病院の泌尿器科を受診し、膀胱炎と診断され治療を受けているがよくならない。
 体力は中肉中背、脈は弦。舌には乾湿中間の白苔が中等度。
 腹力中等度、上腹部に振水音が顕著に聞かれ、臍傍右下、回盲部およびS状部に抵抗と圧痛のみを訴える。
 以上の所見から、(中略)清心蓮子飲(煎薬)を、一週間分投与、夜間尿は回数がやや減ったようであるが、下腹部の痛みや残尿感は、まだかなりある。
 転方。猪苓湯エキス6g、桃核承気湯エキス3gを、それぞれ半量ずつ朝夕交互に服用。悪化。
 転方。猪苓湯、五淋散、不変。
 転方。(煎薬)猪苓湯合苓桂朮甘湯。
 転方。さらに復力が実してきたので、(煎薬)清心蓮子飲合猪苓湯。
 最後に、竜胆瀉肝湯(煎薬)として、初診より6カ月で完治、廃薬。



12)胃苓湯(いれいとう)=胃腸炎、胃腸神経症(下痢、むくみ)によい漢方薬!

出典 襲延賢著『万病回春』
●中暑、傷湿、停飲、夾食、脾胃不和、腹痛洩瀉、渇を作し、小便利せず、水穀化せず、陰陽分かたざるを治す。(『万病回春』泄瀉門)

復候
復力中等度前後(2−4/5)。ときに胃内停水を認める。

気血水
水主体で気血水が関わる。

六病位
少陽病。

脈・舌
急性症であれば舌候は様々。やや慢性的な状態であれば、舌苔は厚く、ねっとりした賦苔。発熱が有れば、脈浮数。

口訣
●五苓散に平胃散の合方したものなので使いやすいのが一番の特徴。急性症は終始これだけで治療する場合が多いが、必要な場合は抗菌剤、点滴との併用も可能。(道聴子)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
水瀉性の下痢嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症:食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛。
b 漢方的適応病態
湿困脾胃、すなわち、表証があり、水溶性下痢や浮腫を伴うもの。

構成生薬
厚朴2.5、 蒼朮2.5、 沢瀉2.5、 猪苓2.5、 陳皮2.5、 白朮2.5、 茯苓2.5、 桂皮2、 生姜1.5、 甘草1。 (単位g)

TCM(TraditionalChinese Medidine)的解説
理気化湿・利水止瀉。

効果増強の工夫
1)脾胃虚を補し止痢作用を増強する場合には、四君子湯を合方する。
処方例) ツムラ胃苓湯  7.5g
      ツムラ四君子湯 5.0g(1−0−1)   分3食前

2)急性下痢に腹痛を伴う場合に芍薬甘草湯を兼用する。
処方例) 1.ツムラ胃苓湯    7.5g分3食前3日分
      2.ツムラ芍薬甘草湯  1回2.5g頓用、5回分(腹痛時)

本方で先人は何を治療したか?
●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
急性胃腸炎、急性腎炎、ネフローゼ、夏期の食あたり、夏の神経痛など。
●瀧野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
急性腸カタル、食傷。
●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
急慢性胃炎、消化不良、食あたりなどで下痢する場合。

ヒント
 あきば伝統医学クリニック経験例。
 夏のある日、中年男性が下痢を訴えて来院した。来院前日に腹痛があって2〜3度下痢をしたという。今朝の便では軟便に粘液、血液が多少混ずるということであった。体温37.6℃、全身状態は良好で虚した様子もないので処方はT社胃苓湯 7.5g3、3日分とし、血便が混ずるというので、便培養のみ実施した。さらに血便の経過をみながら精査することを約束して帰宅した。
 2〜3日後朝出勤すると、検査所からファックスが来ており、あの患者さんの便から腸炎ビブリオが検出されたとのことであった。慌ててご本人に電話すると来院してから症状は出ずに、すでに仕事に出ているとの返事であった。下痢も血便もないという。2週間後に便培養を再検査したがすでに陰性となっていた。
 本例は胃苓湯単独と自然治癒力でビブリオが陰性になった例である。



13)茵陳五苓散(いんちんごれいさん)=膵炎、肝炎、胆のう炎、胆石症によい漢方薬!

出典 『金匱要略』
●黄疸の病は、茵陳五苓散これを主る。(黄疸病篇)

復候
復力中等度かその前後(2−4/5)。ときに胃内停水を認める。

気血水
水が主体の気血水。

六病位
小陽病。

脈・舌
原則として、舌質は紅、舌苔は微黄賦苔。滑脈。

口訣
●湿熱と呼ばれる状態で、熱はさほどでないが、湿の状態が激しいもの。(むくみとか皮膚の腫脹などがあるもの)(『中医処方解説』)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
のどが渇いて、尿がすくないものの次の諸症:嘔吐、じんましん、二日酔いのむかつき、むくみ。
b 漢方的適応病態:脾胃湿熱。すなわち、悪心、嘔吐、食欲不振、口がねばる、油料理や匂いで気分が悪い。口渇、軟便、腹部膨満感、尿量減少などがみられ、甚だしければ黄疸を伴う。

より深い理解のために  もともと黄疸に用いられることから、黄疸時の皮膚のかゆみに用いられ、転じて各種のかゆみを伴う病態に対して適用されるようになった。皮膚疾患に応用する場合には、レセプトの病名欄に注意してほしい。湿潤した皮膚炎などに適応するときは、越婢加朮湯などとの鑑別を要する。

構成生薬
 沢瀉6、蒼朮4.5、茯苓4.5、因陳蒿4、桂皮2.5。(単位g)

TCM(TraditionalChinese Medidine)的解説
 清熱利水・退黄。

効果増強の工夫
 棄爛した皮膚炎などに、
 処方例)  ツムラ消風散     7.5g
        ツムラ茵陳五苓散  7.5g    分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 瀧野一雄著『新撰類緊方』増補改訂版より
1)黄疸で口渇、小便不利し、或は心下部がつかえ或は発熱するもの。
2)肝硬変症で、黄疸、腹水のものを治した例がある。
3)酒呑み・二日酔いで煩悶止まざるものに使った例がある。
4)月経困難で、激しい心下痛、嘔吐、煩渇、小便不利するものを治した例がある。

ヒント
『漢方診療三十年』の大塚敬節氏の治療例である。

 この患者は、有名な画家であるが、胆石疝痛の発作がたびたび起こるので、某病院で、胆嚢の摘出手術をうけた。
 ところが、その後も、毎年初夏の頃になると、胆石疝痛に似た症状が起る。そのため、半年ぐらいは仕事ができないという。
 初めは、食欲がなくなる。それがひどくなると嘔吐がはじまる。腹痛はひどくはないが、嘔吐のため食事がとれないので、体力が衰え、僅かの腹痛にも堪えがたいという。このような状態が十月頃までつづく。そのため患者は、骨と皮になってしまうのが常であった。
 昭和二十二年の七月八日、私は、この患者を茨城県の某町に見舞った。
 何をたべても吐くので、やっと思いで、重湯をすすっているというこの患者は、発病してまだ七日あまりなのにかなり衰弱し、それに黄疸もあらわれている。脈には力がなく、しかものろい。腹にも力がないが、心下部は、強く圧すといたむ。のどは渇くが、吐くので、できるだけ呑まないようにしているという。尿量は一回に五〇ccから一〇〇ccぐらいで、柿の色のように赤い。
 私は、口渇、嘔吐、尿利の減少、黄疸を目標にして、茵ちん五苓散を与えて嘔吐をしずめることに成功した。嘔吐は止んだが、食欲がないので、しばらく六君子湯を与えて様子をみることにした。これを飲むと日増しに体力がつき、庭に萩の花の咲く頃には、これを写生できるほどに力づいてきた。
 それからもう十年あまりになるが、この患者は、再びこのような発作を起こさない。この場合も茵ちん五苓散で、胆道に残っていた石が排泄せられたのかもしれない。














17)乙字湯(おつじとう)=痔によい漢方薬!

出典 原南陽著『叢桂亭藏方』
 ●痔疾、脱肛痛楚し、あるいは下血腸風し、あるいは前陰痒痛する者を理※する方。
 腸風下血し、久服して無効なるは、理中湯(人参湯)に宜し。
(※理は、ただす、おさめる、つくろう、意。)

腹候
 腹力は中等度かそれ以上で、お血の圧痛を認めることが多い

気血水
 血が主体の気血水。

六病位
 少陽病。

脈・舌
 脈、平、脈有力舌、乾燥白苔。

口訣
 ●南陽は柴胡升麻を昇提の意に用いたれども、やはり湿熱清解の効に取るがよし。そのうち升麻は古より屑角の代用にして止血の効有り。(浅田宗伯)
 ●女子前陰部そう痒症に対して寄効を得る場合がある。(『現代漢方治療の指針』)

本剤が適応となる病名・病態
 a保険適応病名・病態
効能又は効果
病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していないものの次の諸症:切れ痔、イボ痔。

 b漢方的適応病態
 (升提作用の有効である)脱肛、痔核の脱出。

8 構成生薬
 当帰6、柴胡5、黄ごん3、甘草2、升麻1、大黄0.5。(単位g)

より深い理解のために
本方は原南陽の原方の大棗を当帰に変化させた朝田宗伯の処方である。緩急の大棗を除き、活血の当帰を加えたことにより、鎮痙の効果がやや弱くなるかわりに、うっ血性腫脹を除く効果が強められている。

●柴胡、升麻には、昇提(升提)作用(身体上部に臓器を引き上げるという作用)があると信じられている。(脱肛に有効な理由とされる)

●水戸藩医であった原南陽は、甲字湯(お血治療薬)、乙字湯(痔疾薬)、丙字湯(淋の病の治療薬)、丁字湯(癖嚢の治療薬、慢性腹痛、吐宿水、食後の腹痛)などの処方を創製した。現在用いられるものはほとんど乙字湯のみで、漢方エキス製剤となっている。大黄が入っていて便秘の方にも用いやすい処方である。

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 升提・緩急・清熱化湿。

効果増強の工夫
 痔核をお血の表現として、桂枝茯苓丸を合方し、作用を増強する。
  処方例)ツムラ乙字湯  7.5g
       ツムラ桂枝茯苓丸 7.5g  分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 痔核の疼痛・出血・肛門裂傷、脱肛の初期軽症、婦人の陰部痒痛、皮膚病の内功に伴う神経症。
 ●龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
 実証の痔、脱肛、痔出血。
 ●桑木崇秀著新版『漢方診療ハンドブック』より
 実証で便秘傾向の者の痔核、脱肛、痔出血、時に婦人の陰部痒痛。

注意事項
 本方は黄金を含む方剤であるので、投与前と投与一カ月後の肝機能を比較し安全性を確認することが望ましい。








 


18)抑肝散(よくかんさん)=認知症の患者さんによい漢方薬!

出典 薛鎧・薛己(父子でセツガイ・セツキと読む)著『保嬰撮要』
 ●肝経の虚熱、ちくを発し、あるいは発熱咬牙、あるいは驚悸寒熱、あるいは木土に乗じて嘔吐痰涎、腹脹食少なく、睡臥不安なるものを治す。(急驚風門)

腹候
 腹力中等度以下。腹直筋の拘攣を認める。

気血水
 気血水いずれにも関わる。

六病位
 少陽病。

脈舌
 原則的に、舌質はやや紅、舌苔は白、脈は弦細軟。

口訣
 ●(本方を用いる時は)怒りはなしやと問うべし。(目黒道琢)。
 ●この方を大人の半身不随に用いるのは和田東郭の経験である。(浅田宗伯)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症。

b 漢方的適応病態
気血両虚の肝陽化風。すなわち、いらいら、怒りっぽい、頭痛、めまい感、眠りが浅い、頭のふらつき筋肉の痙攣やひきつけ、手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、元気がない、疲れやすい、食が細い、皮膚につやがない、動悸、しびれ感などの気血両虚の症候を伴うもの。(『中医処方解説』)

より深い理解のために
五臓の肝と胆の機能を考えよう。肝胆の機能は、「情報の処理と決断」である。

構成生薬
 蒼朮4、茯苓4、川きゅう3、釣藤鈎3、当帰4、柴胡2、甘草1.5。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 平肝熄風・補気血(平肝鎮驚・理気和胃)。

効果増強の工夫
 1)ふるえ、ふらつきなど風動の症候が強ければ、
 処方例)ツムラ抑肝散  7.5g
      ツムラ桂枝加竜骨牡蛎湯 5.0g(1-0-1) 分3食前

2)いらいら、のぼせ、ほてりなど肝火の症候が強ければ牡丹皮、山梔子などを加える目的で、
 処方例)ツムラ抑肝散  5.0g
      ツムラ加味逍遥散 5.0g 分2朝夕食前

3)悪心、嘔吐、腹分膨満感などの症状と、舌苔が白膩で、痰湿の症候を伴う時は、陳皮、半夏を配した抑肝散加陳皮半夏とする。
   処方例)ツムラ抑肝散加陳皮半夏  7.5g 分3食前

本方で先人は何を治療したか?

 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 癇症・神経症・神経衰弱・ヒステリー等に用いられ、また夜啼・不眠症・癇癪持ち・夜の歯ぎしり・癲癇・不明の発熱・更年期障害・血の道症で神経過敏・四肢衰弱症・陰萎症・悪阻・佝僂病・チック病・脳腫瘍症状・脳出血後遺症・神経性斜頸等に応用される。
 ●龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
 痙攣、動悸、或は発熱、或は寒熱、或は嘔吐痰涎、腹脹、食欲不振、不眠のもの、或は左直腹筋緊張、心下部つかえ、四肢拘攣、或は麻痺、不眠、腹動、怒気あるもの。
 ●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
 パーキンソン病、脳出血後のふるえ、乳幼児のひきつけ、夜驚症、眼瞼痙攣、神経性斜頸、歯ぎしりなど。

ヒント
 怒りを外に表す患者への適応は容易だが、現代の日本人は怒りを内に秘めており、そのあまり自分が怒っていることすら自覚しない例がある。「怒り」の有無を丁寧に問うことが本方を活用する鍵であり、症例は以外に多い。メンタルヘルス外来管理の要薬の1つといってよい。











19)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)=花粉症、アレルギー性鼻炎によい漢方薬!

出典 『傷寒論』
 ●傷寒、表解せず、心下に水け(停水)あり、乾嘔し、発熱して咳し、或は渇し、或は利し、或は噎(むせること)し、或は小便利せず、少腹満し、或は喘す。(『傷寒論』太陽病中篇)

腹候
 腹力中等度よりやや軟。胃内停水を認める。

気血水
 水と気が主体。

六病位
 太陽病。

脈・舌
 脈は、浮緊あるいは滑。舌苔は白潤、あるいは白滑。

口訣
 ●気管支炎にして微熱あり、背部に悪寒を感ずる証。(奥田謙藏)
 ●心下に水飲があって、しかも表の邪が解せず、この水飲動揺によって、諸症状を現わすものである。(矢数道明)

本剤が適応となる病名・病態
a保険適応病名・病態
効能または効果
1)下記疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙。気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒。
2)気管支炎。

b漢方的適応病態
1)表寒による寒痰の喘咳。
2)風水。すなわち、突然発生する全身浮腫と尿量減少で、表証を伴うことがある。

構成生薬
半夏6、甘草3、桂皮3、五味子3、細辛3、芍薬3、麻黄3、乾姜3。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
(別名、温肺化痰湯)辛温解表・温肺化痰・平喘止咳・利水。

効果増強の工夫
 鎮咳作用を強めるために、麻杏甘石湯を合方するという方法がある。
 処方例)ツムラ小青竜湯  6g
      ツムラ麻杏甘石湯  5g 分2食前

本方は、森道伯氏がスペイン風邪(H5NIインフルエンザ)に用いた方剤の1つである。
1)附子末を加味して作用増強。
 処方例)ツムラ小青竜湯  9.0g
       ブシ末(調剤用)「ツムラ」 1.5g 分3食前

2)冷えが強い方のアレルギー性鼻炎や喘息に。
 処方例)ツムラ小青竜湯  9g
      ツムラ二陳湯   7.5g 分3食前

本方で先人は何を治療したか?
 龍野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版より
 1)感冒・流感・気管支炎・肺炎等で、発熱咳嗽、或は悪寒頭痛するもの。
 2)気管支喘息・風邪に伴う化関し喘息で、脈浮、喘咳するもの。
 3)気管支拡張症・肺気腫等で、脈浮喘鳴を帯びた咳をするもの。
 4)肺結核で風邪を引き、喘鳴を帯びた咳が多いもの。
 5)急性慢性腎臓炎・妊娠腎・ネフローゼ等で浮腫し、或は発熱、頭痛、悪寒、或は咳するもの。
 6)結膜炎・涙嚢炎その他の眼病で、充血と涙が多いもの。
 7)湿疹・水泡等の皮膚病で、浮腫等の表証があって、或は浮腫状或は分泌が出そうで出ず、掻けば水が出る或は薄い分泌が多いもの。
 8)神経痛・筋肉リウマチ等で脈浮、或は他の表証があり、身体疼重するもの。
 9)老人が咳をしてむせぶもの、百日咳などでむせぶもの。
 10)湿性肋膜炎・肋間神経痛で咳して胸痛し、特に鎖骨上窩にひびくもの。
 11)腹水、小便不利のもの。
 12)膀胱炎で、小便不利、下腹膨満するもの。
 13)胃散過多症・胃液分泌過多症・留飲症・婦人神経症等で、生唾また胃液が口に出てくるもの。
 14)人事不省になり、いびきをかき、口からよだれを流すものを治した例がある。
 15)肛門そう痒で患部が乾燥するものを治した例がある。
 16)副鼻腔蓄膿症・肥厚性鼻炎・慢性アレルギー性鼻炎等で、くしゃみが多いもの、或は鼻塞、眼鼻のあたり浮腫状のもの。











20)滋陰降火湯(じいんこうかとう)=お年寄りの咳によい漢方薬!
出典 襲廷賢著『万病回春』
●陰虚火動にて、発熱、咳嗽、吐痰、喘急、盗汗、口乾を治す。この方六味丸を与えて相かねてこれを服す。大いに虚労を補う神効あり。(虚労門)

腹候
腹力中等度よりやや軟。

気血水
気血水いずれとも関わる。

六病位
少陽病。

脈・舌
舌質紅、乾燥、舌苔は少。脈、細数。

口訣
●皮膚が浅黒い、大便秘結、または硬、乾性ラ音の咳嗽によい。(矢数有道)
●陰虚火動の主薬なり。(『当荘庵家方口解』、北尾春甫、1659-1741)

本剤が適応となる病名・病態
a保険適応病名・病態
効能または効果
のどにうるおいがなく痰の出なくて咳き込むもの。
●本方の特徴:夜間の頑固な咳に本方の適応がある。特徴は、陰虚の存在である。応用にドライマウス、シェ―グレン症候群などがある。陰虚=血や水などの津液の不足。

b漢方的適応病態
肺腎陰虚。すなわち、乾咳、少痰あるいは粘痰、咽のかわき、痰に血がまじる、呼吸促迫などの肺陰虚の諸候と、ほてり、のぼせ、ふらつき、腰や膝に力がない、寝汗などの陰虚火旺の症候を伴うもの。舌質は紅、乾燥、舌苔は少。脈細数。

構成生薬
蒼朮3、地黄2.5、芍薬2.5、陳皮2.5、天門冬2.5、当帰2.5、麦門冬2.5、黄柏1.5、甘草1.5、知母1.5。(単位g)

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
 滋補肺腎・清熱(滋陰清熱・止咳化痰)。

効果増強の工夫
1)同様な効用の麦門冬湯を合方することはよいアイディアである。また、滋陰降下湯の効果を確認したあとで効果がもう少しほしい時、柴朴湯や清肺湯などを兼用することも考えられる。

処方例)ツムラ滋陰降火湯 5.0g
     ツムラ麦門冬湯 6.0g 分2朝夕食前

2)夜に痰がからむ時には、
 処方例)ツムラ滋陰降火湯 7.5g 分3食前
      ツムラ清肺湯    2.5g 分1眠前

本方で先人は何を治療したか?
●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
肺結核・腎盂炎などの消耗性高熱時。増殖型肺結核、乾性肋膜炎、急性・慢性気管支炎、急性・慢性腎盂炎、糖尿病、腎臓結核、淋疾など。
●瀧野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より

急性気管支炎、糖尿病、性的神経衰弱、膀胱尿道炎。
●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
慢性気管支炎、肺結核(熱、咳、痰がいつまでもとれず、顔色は浅黒く、皮膚乾燥性の傾向)。


ヒント
 『臨床応用漢方処方解説』(矢数道明著)には矢数有道氏の珍しい治験例が引用されている。
「二十六歳の婦人。肋膜炎、肺尖カタルの既往歴がある。約一カ月前急性腎盂炎にて入院加療し、退院後微熱がとれない。わずかに悪寒があり、小便はやや白濁、大便は秘結、小柴胡湯・柴苓湯いずれも効がない。小柴胡湯は肝胆の瀉火剤である。
 肝腎の瀉火剤を考えて滋陰降火湯を与えてみた。すると効果顕著で翌日から平熱となり、小便白濁もとれ、月余の服薬で、腎盂炎も、肺尖カタルも、肋膜炎の方もすっかりよくなった(矢数有道、漢方と漠薬 五巻八号)。」

ここでは肝胆の瀉火剤と肝腎の瀉火剤の別が語られている。しからば両者の相違はどうか。肝胆の瀉火とは、肝胆に生じた実熱を清熱することで代表的な治療薬は小柴胡湯である。
 肝腎の瀉火とは、肝腎の陰液が不足して内熱(虚熱)を生じて状態を補陰して清熱すると理解される。後者の剤が本方の効能であるということになる。













21)桂枝茯苓丸加意苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)=しみ、そばかす、肌荒れによい漢方薬!
出典『本朝経験方』
『金匱要略』にあるちょう病漏下の桂枝茯苓丸に消炎排膿のよく苡仁を加えた本朝経験方である。

腹候
腹力中等度かそれ以上。お血の圧痛を認め、ときに腹直筋の拘攣を伴う。

気血水
気血水のいずれとも関わる。

六病位
少陽病。

脈・舌
舌質は紫あるいはお斑がみられることが多い。脈は渋、あるいは細、あるいは弦。

口訣
●よく苡仁が加味されており、疣贅などの皮膚疾患や良性腫瘍としての子宮筋腫などに適用しやすい内容である。(道聴子)

本剤が適応となる病名・病態
a 保険適応病名・病態
効能または効果
比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ。

b 漢方的適応病態
下焦の血お。すなわち、下腹部の痛みや圧痛抵抗、あるいは腫瘤、月経不順、月経困難、不正性器出血などに、下肢の冷えや静脈のうっ滞あるいはのぼせ、頭痛、肩こりなどに、炎症、腫瘤などを伴うもの。

構成生薬
よく苡仁10、桂皮4、芍薬4、桃仁4、茯苓4、牡丹皮4。(単位g)

より深い理解のために 本方にはよく苡仁を除けば、桂枝茯苓丸よりもそれぞれ1gずつ薬味量が増やされている。

TCM(Traditional Chinese Medicine)的解説
活血化お・消ちょう・消炎消腫。

効果増強の工夫
便秘を伴うときや、活血化おを強める必要がある場合は、大黄を加味して遂おを期する。
 処方例)ツムラ桂枝茯苓丸加よく苡仁 7.5g 
      局方大黄末            1.0g(0-0-1) 分3食前分3食前

本方で先人は何を治療したか?
●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
●龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
桂枝茯苓丸を使うべき状態で、皮膚の荒れやニキビ、シミ、ソバカスのある場合。

ヒント
 すでに述べたように、本方の特徴は桂枝茯苓丸の構成生薬が増量されており、さらにヨクイニンが加味されていることである。これにより原方の桂枝茯苓丸とは異る応用が考えられる。本草学からみたヨクイニンについて知ることはその助けとなろう。
 ヨクイニンはハトムギや四石麦と呼ばれていた。雑穀として食用に供される一方、民間療法や中国由来の本草学的知識から薬物として用いられたと思われる。以下の記述は『漢薬の臨床応用』を参照した。
 ヨクイニンはイネ科よく苡の熟成種子を乾燥したものである。性味は甘淡。性は微寒、帰経は、脾・胃・肺経である。薬能は、利水滲湿・清熱・排膿・除痺、健脾止瀉である。
 薬効として、風湿による筋疾患に対し鎮痙作用を発揮、あるいは止瀉作用がある。
 臨床応用として、第一に軽症の水腫、特に脚気による水腫に用いられる。第二に、内臓の化膿症、すなわち肺癰や腸癰に用いられる。第三に、リウマチや神経炎の湿熱による痺痛に用い、筋肉の痙攣による疼痛を緩解する。第四に、健脾止瀉作用として、脚気や脾虚による下痢に効果がある。
 皮膚の扁平疣贅に対する効果を期待するには、ヨクイニン30gを煎じて服用するか、60gを粥にして食べ1カ月くらい続けると効果があるという。著者の経験ではこの半量でも有効なように思われる。




















Ads by Sitemix