12)胃苓湯(いれいとう)=胃腸炎、胃腸神経症(下痢、むくみ)によい漢方薬!

胃苓湯 (万病回春:巻三)
[構成] 蒼朮・厚朴・陳皮・甘草は平胃散で、白朮・茯苓・猪苓・沢瀉・桂枝は五苓散でこれに芍薬が加味されたものである。蒼朮、白朮、沢瀉、猪苓、茯苓の五味には利尿効果があり、陳皮、厚朴、桂枝の理気剤で胃腸機能をたすけ、胃腸内の停水を利尿に導くと考えられる。

[出典] 中暑・傷湿・停飲・夾食・脾胃和せず、腹痛洩瀉、渇を作し、小便利せず。水穀化せず、陰陽分たざるを治す。(古今医鑑)
治脾胃不和、腹痛泄瀉、水穀不化、陰陽不分
蒼朮米かん製 厚朴薑汁炒 陳皮 猪苓 澤瀉 白朮去蘆 茯苓皮去 白芍わい各一錢 肉桂  甘草炙各二分
右ざ一差剤、生薑、棗子煎、空心温服(万病回春・巻三)

[目標] 平ぜい水毒がある体質で、胃内停水があったり水ぶとりの人の食あたり、暑気あたりによる下痢に用いる。食物の消化が悪くてそのまま水様性の下痢をし、腹が張り、小便の出が悪く、腹が痛むものである。腹痛はあまり激しくなく、また痛まないこともある。
 本方は五苓散と平胃散の合方に芍薬を加味したもので、水分代謝のわるい人が大腸炎などを起こしたため水分の吸収を妨げられて多量の水と共に食べたものがそのまま排出されるものに用いる。

[応用] 食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性腸カタル、大腸カタルなど。
(1)急性胃腸炎―殊に大腸炎で腎臓機能障害を伴い、小便利せず、腹痛泄瀉を発し、俗にいう夏期の食あたりというものに多くこの症がある。時に軽度の血便・粘液便等を混じ、少し裏急後重を訴えるものには、黄連・木香・榔を加えて用いる。脈証は多くは沈んで力があり、腹証も相当抵抗があるものである。舌は多くは白苔である。
(2)浮腫―食傷からくる急性胃炎や、下痢しやすいもの。
(3)夏期の神経痛、リウマチの類。

[鑑別] ○黄ごん湯:下痢・腹痛ともにはげしく、悪寒・発熱を伴うこと多し。
○半夏瀉心湯:心下痞硬・腹中雷鳴。
○六君子湯:虚弱・冷え性・貧血。

万病回春(泄瀉)蒼朮米かん製 厚朴姜汁炒 陳皮 猪苓 沢瀉 白朮 去蘆 茯苓去皮 白芍わい各一銭 肉桂  甘草炙各二分 以上ざ一剤。生姜棗子煎

龍 目標 腹痛下痢、利尿減少、口渇
   応用 急性腸カタル、食傷
中 目標 理気加湿、利水止瀉
  応用 平胃散に準じ、水様便、浮腫があるもの。



13)茵陳五苓散(いんちんごれいさん)=膵炎、肝炎、胆のう炎、胆石症、黄疸によい漢方薬!

茵陳五苓散 (金匱要略:黄疸病)
[構成] 五苓散に茵陳蒿を加えたもの。原典では、散剤となっており、五苓散1に対し茵陳蒿が2の比率になっている。
五苓散で表を解」し、小便を通じて胃水を去り、
茵陳蒿で結熱を散じる。

[出典] 黄疸病は
茵陳五苓散、之を主る。茵陳蒿末十分 五苓散五分
右二物和先食飲方寸七日三服(
金匱要略:黄疸病)

[目標] 五苓散の証で黄疸のあるもの。
茵陳蒿湯の証に似るが、茵陳蒿湯は、口渇、利尿減少、便秘、腹満などがあるものを目標に用いる。本方では、口渇、利尿減少はあっても便秘を訴えることはない。

[応用] のどが渇いて、尿が少ないものの次の諸症:嘔吐、じんましん、二日酔のむかつき、むくみ。

[鑑別] ○茵陳蒿湯:方興げいに「五苓は小便不利の者にあらざれば与うるにあたらず。茵陳蒿湯や大黄消石湯にも小便不利の症状はあるが、この二湯は腹満が主で、小便不利は客証である」と両者の区別が出ている。
○五苓散:
茵陳五苓散は小便が赤く、熱証がある。(黄疸以外に用うる場合)

金匱要略(黄疸) 茵ちん蒿末十分 五苓散五分
原方は茵陳五苓散である。
経 五苓湯方内に
茵ちん4.0を加う。
龍 目標 黄疸、小便不利、
  応用 黄疸
中 目標 清熱利水
  応用 急性肝炎、胆嚢炎、胆石症、急性膵炎、急性胃腸炎などで、脾胃湿熱を呈するもの。
 加減方
中 炎症の強い場合:去桂枝(茵ちん四苓散)

 本方は五苓散に茵ちんを加えたもので、五苓散の証で、肝臓障害や黄疸などのあるものに用いる。茵ちん蒿湯は口渇、利尿減少、便秘、腹満などのあるものを目標に用いるが、本方の証では、口渇と利尿減少はあっても、便秘を訴えることはない。
 本方は肝炎、腎炎、ネフローゼ、腹水などに用いられ、小柴胡湯に合方したり、大柴胡湯に合方したりすることもある。



16)竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)=膣炎、尿道炎、睾丸炎、副睾丸炎、前立腺炎によい漢方薬!

竜胆瀉肝湯(薜氏十六種)

[構成] 車前子・木通・沢瀉は利水作用があり、いずれも尿道や膀胱を初め下焦の炎症を去るものである。当帰と地黄は血行を盛んにし、かつ下焦の炎症による渋痛を緩和し、竜胆。山梔子・黄ごんの三味は消炎と解毒の効がある。

[出典] 「肝経の湿熱或は嚢癰、便毒、下疳、懸癰、腹痛掀くが如く作り、小便渋滞、或は婦人陰りゅう(バルトリン腺と大陰唇)痒痛、男子陽挺(亀頭)腫脹、或は膿水を出すを治す。」(薜氏十六種・下疳門)
 龍膽瀉肝湯は解毒症體質者の下焦の疾病に主として用いられ、従って小兒期に於ては此の部の疾患は稀有であるから、龍膽瀉肝湯は青年期以後に應用される事多き理である。
 當歸 川きゅう 芍薬 生地黄 黄連 黄ごん 黄栢 梔子 連翹  甘草 薄荷葉 龍膽 澤瀉 木通 車前子 防風
 異常十六味、各等量、一日三回、量九匁
即ち四物黄蓮解毒湯去柴胡、加薄荷葉、龍膽 澤瀉、木通、車前子、防風であって從って荊芥連翹湯より、荊芥、桔梗、白し、枳殻の治風劑を去り、龍膽 澤瀉、車前子、木通の瀉肝利水劑を加えた事となる。(森道伯先生伝)

[目標] 下焦(下腹部陰部の臓器)の諸炎症で、充血、腫脹、疼痛をともなっているものに用いる。急性または亜急性の炎症があって実証のものに用いる。

[応用]膀胱と尿道、子宮膣部等下焦における炎症に用いるもので実証に属する。急性または亜急性の尿道炎、膀胱炎、バルトリン腺炎、帯下、陰部痒痛、子宮内膜炎、膣炎等に用いられ、下疳、鼠蹊リンパ腺炎、睾丸炎、陰部湿疹、トリコモナス等に応用される。

[備考] ○一貫堂竜胆瀉肝湯:本方の去加したものに四物湯と黄連解毒湯を加えたもので本方を用いるべきものの慢性化したものに用いる。
○原典では、ジオウは生地黄を使っている。

古今
方彙(下疳) 車前 木通 生○ 帰尾 山梔 黄ごん 甘草各五分 沢瀉 龍胆各一銭半
龍 目標 体質的に実証で皮膚浅黒く手足の裏湿潤勝ちで下部に炎症充血せい変化があるもの
  応用 尿道炎、膀胱炎、バルトリン腺炎、帯下、子宮内膜炎、陰部痒痛、睾丸部湿疹
中 目標 清肝瀉火、疎肝解欝、清熱利湿
日本では、一般に柴胡をのぞいた《薜己》の龍胆瀉肝湯を用いている。
  応用 高血圧症、自律神経失調長、急性結膜炎、急性中耳炎、鼻前庭や外耳道のせつ、急性胆のう炎、急性肝炎などで、肝胆火旺を呈するもの
急性尿路系炎症(腎盂炎、膀胱炎、尿道炎)急性睾丸炎および副睾丸炎、急性湿疹、急性骨盤内炎症、急性前立腺炎、膣炎、帯状疱疹などで、湿熱を呈するもの
本方は苦寒薬が多く配合されており、胃腸障害をきたしやすいので、長期間服用すべきではない。
中 応用 慢性の炎症、自律神経失調症、高血圧症、各種の出血、子宮内膜炎、皮膚炎、じんま疹などで、血虚血熱を呈するもの
  ベーチェット病で、血虚血熱のものに効果があるとの報告もある。
薬 比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ

 本方は膀胱および尿道に於ける炎症に用いるもので実証に属し、急性あるいは亜急性の淋毒性尿道炎、バルトリン腺炎、あるいは膀胱炎などで、小便渋痛、帯下、膿尿、陰部腫痛、鼠径腺の腫脹するものなどに用いる。一般に体力未だ衰えず、脈も腹も相当力のあるものである。
 車前子、木通、沢瀉は利尿作用があって、尿道、膀胱の炎症を去る。当帰、地黄は血行を盛んにし、且つ、渋痛を緩和し、竜胆、山梔子、黄ごんは消炎および解毒の効がある。
 以上の目標に従って、本方は急性あるいは亜急性淋疾、尿道炎、膀胱炎、帯下、陰部痒痛、バルトリン腺炎、子宮内膜炎、下疳、横痃、睾丸炎、陰部湿疹などに応用される。
 一貫堂の竜胆瀉肝湯は、本方を基準としたもので、本方に芍薬、川きゅう、黄連、黄柏、連翹、薄荷、防風を加えたものである。やや慢性症となったものに用いる。





20)滋陰降火湯(じいんこうかとう)=お年寄りの咳によい漢方薬!

 滋陰降火湯(万病回春:巻四)

[構成] 王節斉が「陰を補い、火を消す」の目的をもって創方したもので、八珍湯を加減し、潤燥を主とし、瀉火を兼ねたものである。陰を滋し、火を降すという意味から滋陰降火湯と名付け、労○(肺結核)の主方とした。火とは肝腎の火でこれが上炎して脾肺を薫灼するのを腎の水を滋して消炎させるものである。結核等の熱性病のとき、いわゆる消耗熱のために体液が虚耗し、枯燥したものを潤す作用がある。
 当帰・芍薬・地黄は肝火を潤し、天門冬・麦門冬は肺を潤し、地黄・知母・黄柏は腎中の熱を清涼し、白朮・陳皮・ 甘草・大棗は脾骨を補い、消化器の働きを助ける。

[出典] 陰虚火動、発熱咳嗽、吐痰、喘息、盗汗、口乾を治す。此の方六味丸を与えて相兼ねて之を服す。大いに虚労を補ふ。神効あり。
  甘草 炙五分 當歸 酒洗一錢三分 白芍 酒洗二錢三分 生地黄 八分 熟地黄薑汁炒 天門冬 去心 麥門冬 去心 白朮 去蘆各一錢 陳皮七分 黄柏 去皮蜜水炒 知母 各七分 右ざ一劑、生薑三片、大棗一枚、水煎、入竹瀝、童便、薑汁、各少許同服(万病回春・巻四)

[目標] 回春の主治による症状のみによって用いるときは往々下痢を起して諸症状悪化することがある。これを肺結核や慢性気管支炎に用いる場合、咳嗽はあるが乾咳で痰は粘稠で切れがたく、皮膚は浅黒く枯燥し、便秘の傾向のものを目標とする。腎盂炎、腎結核、糖尿病等に用いる場合も、皮膚枯燥便秘がちのものを目標とすべきである。これに反して皮膚蒼白で発汗があり、咳嗽や吐痰多く、胃腸の虚弱な下痢しやすいものには禁忌である。本方を服用して下痢するものは速やかに中止し、参苓白朮散に変方すべきである。即ち肺結核の場合は、病状が進行性で滲出性のものには禁忌で、増殖性のものによく適応するもののようである。

[応用] 方名の[陰を滋し、火を降す」というのは泌尿器あるいは呼吸器における高熱疾患のため、津液枯燥した場合で、腎水の欠乏を滋潤し胸部の熱を清解する意味である。多く肺結核、腎盂炎等の消耗性高熱時に用いられる。即ち本方は増殖性肺赫々、乾性肋膜炎、急性・慢性気管支炎、急性・慢性腎盂炎、糖尿病、腎臓結核、淋疾等に応用される。但し現在では抗生物質の併用が望ましい。

[鑑別] ○柴胡桂姜湯:発熱、咳嗽、胸腹動、往来寒熱、心煩上衝。
○麦門冬湯:久痰、咽喉乾燥、大逆上気。
○清肺湯:肺熱咳嗽、痰切れ難し。
○炙甘草湯:虚労、がい逆、心悸亢進、脈結代。
○黄耆別甲散:労咳、骨蒸熱。

[備考]原典では、ジオウは生地黄と熟地黄の両方を使っている。

万病回春(虚労)
 甘草炙五分 当帰酒洗一銭三分 白芍酒洗二銭三分 生地黄八分 熟地黄姜汁炒天門冬去心 麦門湯去心 白朮去蘆各一銭 陳皮七分 黄柏去皮蜜水炒 知母各七分 右ざ一剤生姜三片大棗一枚水煎入竹瀝童便姜汁各少許同服
 万病回春では火証、やく逆、虚労、失血、眩暈、濁証、遺溺、小便閉、消渇の各門に夫々異る加減方が記載されている。
龍 目標 陰虚火動し発熱咳嗽、吐痰喘息、盗汗口乾、あるいは咽痛、喉蒼、あるいは皮膚浅黒く大便硬く粘痰乾性ラッセルのもの
  応用 急性気管支炎、糖尿病、性的神経衰弱、膀胱尿道炎
  加減方 咳嗽喀痰呼吸促進するには桑白皮黄ごん各3.0 紫苑2.5 竹瀝1.0を加える。
       咳嗽喀痰中に血を交るものは黄ごん 牡丹皮 阿膠 紫苑各3.0 山梔子2.0 屑角 竹瀝各1.0
       乾咳および喉痛瘡を出し声が出ぬものは黄ごん 貝母 桑白皮各2.5 五味子 紫苑 山梔子 かつ楼仁各2.0痰に熱を帯び煩躁不安、あるいは胸さわぎそう雑するには酸棗仁6.0黄ごん 黄        連 竹じょ各2.0 竹瀝 辰砂各1.0を加える。
       血虚し下肢筋萎縮し無力のものには黄ごん2.0 牛膝 防已 杜仲各3.0を加え天門冬を去る夢精遺精のものには山薬4.0 牡蠣 杜仲 牛膝 破胡紙各3.0を加え天門冬を去る。
      煩渇して飲むこと多く小便脂のごときものは芍薬 天花粉、白朮各3.0 葛根4.0 山梔子 黄連 烏梅各1.5を加える。
      痩せた人が濁尿、血尿を患うものは芍薬を去り白朮3.0 山梔子 扁蓄各2.0を加える。
      虚怯えの人で小便不利するには猪苓 牛膝各3.0 沢瀉 木通各4.0を加える。
中 目標 滋補肺腎、清熱
  応用 慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核などで、肺腎陰虚を呈するもの

 本方は陰を滋し、肝腎の火(熱)を降すという意味で滋陰降火湯の名がある。腎陰の水が虚乏するため、肝火、腎火ともに炎上して脾と肺を薫灼するのを滋潤によって消炎させるとの謂である。
 これを換言すれば人体根源の元気たる腎水が枯れ、消耗熱を発し、体液の虚耗したのを滋潤によって解熱させるのである。肺結核の一症に用いられるときは、乾痰、喀痰少なく切れ難く、胸部の聴診上乾性ラ音の場合によく奏功し、多く増殖型の肺結核に効果がある。もし熱が高く、自汗、盗汗、咳嗽、喀痰が多く、食欲不振、下痢しやすい滲出型の場合には禁忌である。
 当帰、芍薬、熟地黄は肝の熱を潤し、天門冬、麦門冬は肺を潤し、地黄、知母、黄柏は腎中の熱を清涼し、白朮、陳皮、肝臓、大棗は消化機能を調和する。
 以上の目標に従って、本方は肺結核の一症、乾性胸膜炎、急性慢性気管支炎、急性慢性腎盂炎、腎臓結核、糖尿病、腎膀胱炎、夢精、遺精などに応用される。



21)
桂枝茯苓丸加意苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)=しみ、そばかす、肌荒れによい漢方薬!

桂枝茯苓丸加よく苡仁
[構成] 本方は、桂枝茯苓丸料に皮膚の荒れやにきび、皮膚病に用いられるよく苡仁を加えた処方である。

[目標] 桂枝茯苓丸の証によく苡仁の効能である排膿、利尿、鎮痛を応用し、しみ、にきび、手掌角皮症を目標とす。

[応用] しみ、にきび、手掌角皮症。

[鑑別] ○当帰芍薬散料加よく苡仁:貧血性で冷え性の婦人。

薬 応用 比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ



19)乙字湯(おつじとう)=切れ痔、イボ痔、痔によい漢方薬!(叢桂亭医事小言:巻七)
[構成] 本方は原南陽の創方で、浅田宗伯が方中の大棗、生姜を去り、当帰を加味したもので、各種の痔疾患に一般的に用いられる。。
 方中の柴胡と升麻は下焦、即ち下腹部の湿熱を清解する能があり、当帰と甘草は緩和鎮痛と滋潤通和の能がある。黄ごんは腸の熱を清解する。

[出典] 痔疾、脱肛、痛楚、あるいは下血腸風、あるいは前陰痒痛するものを治す。諸瘡疥誤って枯薬にて洗傅し、頓に癒え、後上逆、鬱冒、気癖の如く、繊憂細慮、あるいは心気定まらざる如き者、ならびにこれを主る。
 理痔疾、脱肛痛楚、或下血膓風、或前陰痒痛者
柴胡 黄ごん各七分 升麻 大黄各四分  甘草三分 大棗四分 生姜二分 右七味、以水一合半、煮取一合分服、外たく吾莖葉煎汁、又煙草煎、洗之亦得、又井華水、頻灌亦良(叢桂亭医事小言:巻七)
此方は原南陽の経験にて、諸痔疾、脱肛、痛楚甚しく、あるいは前陰痒痛、心気不定の者を治す。(中略)其内升麻は古より犀角の代用にして、止血の効あり。此方 甘草を多量にせざれば効なし。(勿誤薬室方函口訣)

[目標] 諸痔疾患に用い、虚実に偏しない一般的な病状を目標とする。

[応用] 諸痔疾、とくに痔核の疼痛、痔出血、肛門裂傷などによく用いられ、又脱肛初期軽症のものに用いられる。又婦人の陰部そう痒症にも転用され、また皮膚病を治療して内攻の結果、神経症になったものに用いてよい事もあるという。

[鑑別] ○桂枝茯苓丸:お血によるもの。
○大黄牡丹皮湯:症状が劇しく、急迫症状のあるもの。
○虚証のものには、桂枝加芍薬湯、当帰建中湯、小建中湯、補中益気湯などを撰用する。

[備考] 本方の向く患者は体力が中ぐらいで、あまり衰弱しているものには用いられない。



20)抑肝散(よくかんさん)=認知症の患者さんによい漢方薬!(保嬰撮要:巻一・直指方)
[構成] 「釣藤鈎は鎮痙鎮静の作用があり、漢方ではこれを肝木を平らにするという表現を用いている。この釣籐と柴胡と甘草が一緒になって肝気の緊張を緩解し、神経の興奮を鎮めるのである。当帰は肝血を潤すといわれ、肝の血行をよくし、貧血を治し、川きゅうは肝血をよく疎通させる。これも肝の血行をよくさせるもので、ともに肝気の亢ぶるのを緩解させる結果となる。茯苓と白朮は肝気の亢ぶりのため、交感神経が緊張し、その結果胃の障害を起こし、胃内に停滞した水飲を去るものである。」

[出典] 抑肝散は、肝経の虚熱、発ちく或は発熱咬牙、或は驚悸寒熱、或は木が土に乗じて痰涎を嘔吐し、腹脹少食、睡臥安からざる者を治す。(保嬰撮要・巻一・肝臓)
 軟柴胡、甘草各五分 川きゅう八分 當歸 白朮炒 釣藤鈎 各一錢
 右水煎、母子同服、如蜜丸、各抑青丸

[目標] 「本方は小児直指方の急驚風門に掲げられた処方で、小児のひきつけに用いられるものである。肝気が亢ぶって神経過敏となり、怒りやすく、いらいらして性急となり、興奮して眠れないという、神経の興奮を鎮静させる働きがある。」
 (この精神状態に着目すれば種々の病気に適用できる。なお、肝火に引き起こされる症状には、めまい、しめつけられるような頭痛、頸頭部のこり、四肢のしびれ、肢体ちく動、眼瞼・顔のひきつれや痙攣、唇・舌・指のチック症状、歯ぎしり、言語障害、歩行障害、手足の痙攣など、筋攣急に関係有ることが多い。)
 「本方は四逆散の変方で、左の脇腹が拘攣しているのが目標である。神経系の疾患で、左の腹が拘急し、突っ張り、四肢の筋脈が攣急する病気には何病でも用いられる。」

[応用]「神経系で、刺激症状が激しく、一般に癇が強いといわれているが、その興奮を抑え、鎮静させるところから、抑肝散と名づけたものである。
 本方は主として癇癪持ち・夜の歯ぎしり・癲癇・不明の発熱・更年期障害・血の道症で神経過敏・四肢痿弱症・陰痿症・悪阻・佝瘻病・チック病・脳腫瘍症状・脳出血後遺症・神経性斜頸等に応用される。」

[鑑別]○抑肝散加陳皮半夏:神経症、虚証は同じ、左臍傍大動悸、腹軟弱。
○桂枝加竜骨牡蛎湯:神経症、上衝、不眠、倦怠、腹動、直腹筋拘攣、性的(陰痿、遺精、性的過労)症状。
○柴胡加竜骨牡蛎湯:桂枝加竜骨牡蠣湯より著しい神経症、狂驚、胸腹の動悸、比較的実証、胸脇苦満。
○半夏厚朴湯:神経症、気鬱、咽中炙臠、胃腸虚弱。
○加味逍遥散:神経症、多怒、易労、逍遥性熱感、虚証、腹部虚脹。
○苓桂甘棗湯:神経症、驚狂、臍下悸、腹皮拘急、右腹直筋攣急。
○大麦大棗湯:狂症、気鬱、急迫,騒狂、神経症状甚だしく、両直腹筋とくに右腹筋拘急









21)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)=花粉症、アレルギー性鼻炎によい漢方薬!
 小青竜湯(傷寒論:太陽病中、金匱要略:痰飲咳嗽病・婦人雑病)
[構成] 桂枝は麻黄と組んで表邪を去り、麻黄・細辛・半夏は水毒を去り、利尿の効がある。乾姜は、裏の寒を去り、五味子は麻黄・細辛とともに咳嗽を治す。芍薬は桂枝と組んで、血行を促し、うっ血を去る。

[出典]傷寒、表解せず、心下に水気あり、乾嘔、発熱して咳し、あるいは渇し、あるいは利し、あるいは噎し、あるいは小便利せず、少腹満し、あるいは喘するものは小青竜湯これを主る。(傷寒論)
 病溢飲のものはまさにその汗を発すべし、大青竜湯これを主る。小青竜湯もまたこれを主る。(金匱要略・痰飲咳嗽病)
 麻黄三兩去節 芍薬三兩 五味子半升 乾薑三兩 甘草三兩炙 桂枝三兩去皮 半夏 半升湯洗 細辛 三兩
 右八味以水一斗先煮麻黄減二升去上沫内諸薬煮取三升去滓温服一升
 加減法若微痢者去麻黄加蕘花 如鶏子大熬令赤色若渇者去半夏加括ろう根 三両 若噎者去麻黄加附子 一枚炮 若小便不利少腹満去麻黄加茯苓 四両 若喘者去麻黄加杏仁 半升去皮尖(条文一部
省略)
[目標]心下に水飲があって、しかも表の邪が解せず、この水によって諸症状を現わす。表の熱症状と喘咳のある場合、熱なく喘咳のある場合、浮腫や飛沫過多など溢飲のあるものを目標とする。喘鳴や呼吸困難を伴う咳嗽で、泡沫水様痰を出し、心下部にしばしば抵抗を増し、腹部は比較的軟らかく、尿量減少すること多し。背中が冷えるものあり。石膏、杏仁を加えるとき、証がはげしく、煩躁を表わす場合あり。

[応用] 本方は気管支炎、気管支喘息、百日咳、肺炎、胸膜炎、アレルギー性鼻炎、関節炎、結膜炎などに用いられ、またネフローゼ、腎炎などの発病初期の浮腫に用いることがある。
(中略)浮腫が長引いたものに用いると却って悪いことがあるので、注意を要する。気管支喘息では皮膚病を伴うものには本方の適応することが多い。

[鑑別]○苓甘姜味辛夏仁湯:冷え性、貧血、息切れ、水様性の痰、浮腫など、小青竜湯に似て表証のないもの。
○麻杏甘石湯:口渇、喘咳、発作時油汗が出る。
○神秘湯:呼吸困難が主。
○麦門冬湯:咽喉乾燥し、乾いた、はげしい咳嗽、痰が切れにくい。

[備考]○原典では、ハンゲが5gとなっている。またマオウを先に煮た後諸薬を入れて煎じることになっている。
○出典にあるように各種の加減方がある。







22)大建中湯(だいけんちゅうとう)=腸の問題はこれで解決!腹痛、腹部膨満感、術後イレウスによい漢方薬!
大建中湯(金匱要略:腹満寒疝病)

[構成]建中の名は中焦の虚を補い建て直すとの意で大は小に対して有力なことを示す。乾姜・蜀椒は温熱剤で裏の寒を温め、停滞した気をめぐらせ、活力を与える。人参・膠飴は共に補剤で且つ滋養の意味をもち、膠飴には急迫症状を緩和する。従ってこの四味の協力によって蠕動不安を鎮め、腹痛を解する。

[出典]心胸中大寒痛し、嘔して飲食すること能わず、腹中寒え上衝し、皮をついて起り出であらわれ、頭足有りて上下し、痛みて触れ近づくべからず、大建中湯之を主る。(金匱要略・腹痛寒疝)
 蜀椒二合去汗 乾薑 四両 人参二両
 右三味以水四升煮取二升去滓内膠飴一升微火煎取一升半分温再服如一炊頃可飲粥二升後更服当一日食糜温履之

[目標]裏に寒があって、腸が蠕動不安を起こして腹痛するものに用いる。腹診すると、腹部は軟弱無力で弛緩し、水とガスが停滞し易く、腸の蠕動を外から望見することができる。蠕動のはげしいときには、腹痛を訴え、ときに嘔吐することもある。腹中は冷え、脈は遅弱で、手足は冷えやすい。しかしガスの充満はなはだしいときには、腹一体に緊満状態となって腸の蠕動を望見できないこともある。この場合でも腸のグル音は必ずあるからこれを目標とする。

[応用] 腸疝痛、回虫による腹痛、腹痛嘔吐の劇しいもの、慢性腸狭窄、胆石痛、腹膜炎等。

[鑑別]
(1)腹痛について
○附子粳米湯:寒による腹痛、腹鳴は似ているが痛みが胸脇にかかる。
○鳥頭桂枝湯:寒疝腹痛は似るが蠕動不安はない。
○桂枝加芍薬湯:冷えの症状はない。

(2)腹鳴について
○半夏瀉心湯、旋覆代赭湯:症状 胃部が主体。

[備考]
○原典では、2回分となっている。また、服薬後30分くらいたって100ml位の温かい粥を飲ませ、2〜3時間して再服する。なお、本湯を服しているうちは、半粥を食べ、温かくする様に指示されている。これも重症の場合は守るようにしたい。
○サンショウは汗を去って用いるとされている。焙烙の上にて軽く火にかけ気を散じて用いるのである。その方法はあらかじめ焙烙を軽く熱しておきその上にサンショウを入れ蓋をして1分位して蓋を去るとよい。



23)芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)=足がつるなど、筋肉のけいれんによい漢方薬!
芍薬甘草湯(傷寒論:太陽病上)
[構成]この場合の芍薬は筋の拘攣を緩め、血液の渋滞を散じ、痛みを止め、麻痺を除くなどの薬能が考えられる。また甘草は急迫、攣急を緩解する聖薬で、なお毒を解し、経脈を通ずる等の薬能が作用し、発汗後の残った邪を解し、急を緩め気血を調和して脚攣急、その他の筋痙攣を治すものと考えられる。

[出典]傷寒、脈浮、自汗出で小便数、心煩、微悪寒、脚攣急するに、反って、桂枝湯を与えて、その表を攻めんと欲するはこれ誤りなり。これを得れば便ち厥し、咽中乾き、煩躁、吐逆する者には、甘草乾姜湯を作りて、これを与え、以って其の陽を復す。もし厥癒え、足温なる者には更に芍薬甘草を作ってこれを与うれば其の脚即ち伸ぶ。(傷寒論・太陽上)
 問日証象陽旦按法治之而増劇厥逆咽中乾両脛拘急而譫語師日言夜半手足当温両脚当伸後如師言何以知此答日寸口脉浮而大浮測為風大則為虚風則生微熱虚則両脛攣病証象桂枝因加附子参其間増桂令汗出附子温経亡陽故也厥逆咽中乾煩躁陽明内結譫語煩乱更飲甘草乾薑湯夜半陽気還両足当熱脛尚微拘急重与芍薬甘草湯爾乃脛伸以承気湯微溏則止其譫語故知病可癒(傷寒論・太陽上)
 白芍薬 四両  甘草四両炙
 右二味艾咀以水三升煮取一升半去滓分温再服之
 去杖湯(本方の別名)脚弱力なく、歩行困難なるを治す。(朱氏集験方)

[目標] 急迫性の激しい筋肉の攣急と疼痛が主目標で、多くは腹直筋の攣急を現わす。本方は表裏ともに作用し、四肢腹部腰背の筋攣急ばかりでなく、胃痙攣や胆石症・腎石の痛み等裏の急迫性疼痛にもよく奏功し、その疼痛は筋肉局所のみの症状であることが多い。
 局所の筋肉が堅く、強く収縮し、痙攣を起しているものによいので、多くの場合、腹直筋の攣急をともなっている。しかし腹壁の弛緩しているものでも腹底のどこかにひっぱりのあるものに用いてよいことがある。

[応用」 本方は発汗過多の後、邪気が内に迫って、筋肉の拘急、腰脚の攣急等を現わしたとき、この筋肉の攣急や疼痛を緩解させる目的で頓服として用いる。四肢の筋肉ばかりでなく腹直筋を始め、胃、腸、気管支、胆のう、輸尿管等の平滑筋の攣急にも用いられる。
 本方は主として腓腸筋痙攣、坐骨神経痛、腰痛、キヤリ腰、五十肩、筋肉リウマチ、アキレス腱痛、脚気、胃痙攣、腸疝痛、嵌頓、ヘルニヤ、腸閉塞、胆石疝痛、腎石疝痛、膵臓炎、舌強直、寝違えによる筋痛などにしばしば用いられ、また排尿痛、痙攣性咳嗽、小児の夜啼き、気管支喘息、痔痛、膀胱痛、歯痛、小児腹痛等にも広く応用される。さらに下肢運動麻痺、下肢無力症、脚弱、放屁癖等にも転用される。

[鑑別」○八味地黄湯:腎気(腎臓、副腎、性器等の作用を含めた機能)が虚して、利尿不調となり下虚のため血行停滞して血熱をおこし、下焦の麻痺を招来し脚弱になった。之は腎虚から起った脚弱歩行困難であり、芍薬甘草湯は筋肉拘攣、腰脚の攣急である点の違いがある。
○大建中湯:虚状と寒状を帯び、水とガスの停滞著しく腸の蠕動亢進が発作性にきたり、腹痛の激しいものに用いる。
 芍薬甘草湯は筋肉の拘攣、攣急から起る腹痛である。

[備考]○原典では2回分となっている。
○この処方に附子が加わったものに芍薬甘草附子湯がある。



24)葛根湯(かっこんとう)=風邪のひきはじめ、肩こりなどに、すぐ効く漢方薬!
葛根湯(傷寒論:太陽病中、金匱要略:し病)

[構成」本方の主薬は方名のように葛根で、血滞による筋攣縮(とくに項背の)を緩解し、麻黄と桂枝と組んで表を発し、他はこれらの補助薬である。生姜は表の気をめぐらし、甘草は諸薬を調和させる。芍薬は葛根とともに血をめぐらし、筋肉の攣縮をやわらげ、大棗は上部を和し、かつ潤す。
 ただし、胃腸の弱い者や筋肉の弛緩している者に、本方を用いると、脱力感がきたり、食欲が減退したりすることがある。

[出典]太陽病、項背こわばること几几、汗なく悪風するものは葛根湯これを主る。(傷寒論・太陽病中)
 太陽と陽明の合病は必ず自下利す、葛根湯これを主る。
 太陽病、汗なくして小便反って少なく、気上って胸を衝き、口噤して語るを得ず、剛病をなさんと欲するは葛根湯これを主る。(金匱要略・し濕えつ)
 葛根 四両 麻黄 三両去節 桂枝 二両去皮 芍薬二両切 甘草 二両炙 生薑 三両切 大棗 十二枚擘 
右七味○咀以水一斗先煮麻黄葛根減二升去沫内緒薬煮取三升去滓温服一升覆取微似汗不須啜粥余如桂枝法将息及禁忌

[目標] 体力が充実して自然発汗のないもので、項背部のこり、悪寒、発熱、頭痛などがあり、咳嗽、下痢、化膿証による身体痛などを伴うものを目標とする。

[応用] 陽実証の体質のものが感冒その他の熱性病にかかり、いわゆる太陽病を発して、悪寒、発熱、項部および肩背部に炎症充血症状が起こって、緊張感があり、脈は不浮かんで力がある。(中略)結腸炎、赤痢等の初期で悪寒、発熱して脈浮のときにも用いられる。また項背部の緊張を緩解することから、眼・耳・鼻の炎症、すなわち結膜炎、角膜炎、中耳炎、蓄膿症、鼻炎等に応用される。(中略)
 その他、肩こり、肩胛部の神経痛、リュウマチ、五十肩、化膿性炎症(加石膏、桔梗)の初期、湿疹、蕁麻疹、種痘後の発熱、歯痛、歯齦腫痛には石膏を加える。

[鑑別] ○桂枝湯:表虚、上衝、汗が出る。
○麻黄湯:喘咳があり、鼻つまり、関節痛などを伴う。
○桂枝加葛根湯:桂枝湯の証で項背の強ばりを伴う。

[備考] ○原典では、カッコンが4.0g、マオウが3.0g、ケイヒが2.0g、シャクヤクが2.0gとなっている。また、カッコンとマオウを先に煮た後、諸薬を入れて煎じることになっている。なお、マオウは節を去って用いるとされている。



25)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)=低下した気力、体力を補い、免疫能を高める漢方薬!
補中益気湯(弁惑論:巻中)
[構成」
 人参・白朮・陳皮・甘草は健胃強壮の効があり、黄耆・当帰は皮膚の栄養をたかめて盗汗を治し、柴胡・升麻は解熱の効能がある。生姜・大棗は諸薬を調和し、薬力を強化する。

[出典] 中気不足、肢体倦怠し、口乾発熱、飲食味なきを治す。あるいは飲食節を失い、労倦身熱、脈大にして虚し、あるいは頭痛、悪寒、自汗、あるいは気高くして喘し、身熱して煩し、(中略) を治す。(古今医鑑)
 古之至人、窮於陰陽之化。究乎生死之際、所著内脛悉言、人以胃気爲本、蓋人受水殻之氣、以生所謂清氣、榮氣、衛氣、春升之氣、皆胃氣之別稱也、夫胃爲水殻之海、飲食入胃、遊溢精氣上輪於脾、






26)六君子湯(りっくんしとう)=食欲不振によい漢方薬!

27)抑肝散(よくかんさん)=イライラ、怒りやすい、不眠によい漢方薬!

28)牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)=お年寄りの頻尿改善によく効きます!下半身のしびれや痛みにもよいです!

29)加味逍遥散(かみしょうようさん)=更年期の女性、いつも不安や不満があり、焦りを感じているタイプによいです!

30)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)=さらさら鼻汁、鼻カゼ、花粉症によいです!眠くならないので安心です!

31)麦門冬湯(ばくもんどうとう)=空咳が続いて困っている人に最適の漢方薬です!











14)五積散(ごしゃくさん)=女性の腰痛症(冷えて痛むもの)によい漢方薬!

五積散(和剤局方:巻二)

[構成] 本方中の白朮・陳皮・厚朴・ 甘草はすなわち平胃散で、飲食の停滞を散じ、半夏・茯苓・陳皮・甘草はすなわち二陳湯で、枳殻とともに胃内停水、痰飲を去る。当帰・芍薬・川きゅうはすなわち四物湯去地黄で、血行をよくし貧血を補い、桂枝・乾姜・麻黄・白し・桔梗は寒冷を温め風邪を発散し、血行を良くする。
 薬味は複雑であるが、二陳湯、平胃散、四物湯、桂枝湯、続命湯、半夏厚朴湯等の意味を備えていて、気、血、痰、寒、食の停積を治し、それらによって起こった諸病に応用される。

[出典] 中を調え、気を順らし、風冷を除き、痰飲を化す。脾胃宿冷、腹脇脹痛、胸膈停痰、嘔逆悪心、或は外風寒に感じ、内生冷に傷られ、心腹痞悶、頭目昏痛、肩背拘急、肢体怠惰寒熱往来、飲食進まざるを治す。及び婦人血気調わず、心腹撮痛(つまむような痛み)経候勺しからず(月経不順)或は閉じて通せず、並びに宜しく之を服すべし。(和剤局方)
陳橘皮 去白 枳殻 去穣麩炒 麻黄 去根節各陸兩 白芍薬 川きゅう 當歸 去蘆洗 甘草 炙ざ 茯苓 去皮 半夏 湯洗○次 肉桂 去そ皮薑製 乾薑炮各肆兩 桔梗 去蘆頭拾貳兩 瘡朮 米かん浸浄洗去皮貳拾肆兩(太平恵民和剤局方・巻二)

[目標] 体質的には肝と脾の虚弱のものが、寒と湿とに損傷されて起こる諸病に用いる。顔色はやや貧血気味で、上半身に熱感があって下半身が冷え、腰・股・下腹等が冷え痛み、脈は一般に沈んでいて、腹は多くは軟かいが、ときに心下部の堅く張っているものもある。
 津田玄仙は、この方を用いる目標として、腰冷痛・腰股攣急・上熱下冷・小腹痛の四つの症をあげている。必ずしもそれと限定し難いものである。

[応用]慢性に経過し、症状の厳しくない次の諸病:胃腸炎、腹痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え性、更年期障害、感冒。

[備考] ○平胃散:胃の消化がわるく、宿食停水が停滞して、心下部が痞えて膨満感があるものに用いるが、他の症状は少ない。
    ○八味丸:腰脚の冷えと痛みに用いうる点は似るが、口渇、夜間の頻尿、手足の煩熱、下脚の麻痺などの点が異なる。
    ○当帰四逆湯:冷え症に用うる点は似るが、裏寒にて四肢が厥寒し、腹腸満・腹鳴して下痢するなどの点が異なる。
    ○桃核承気湯:のぼせと下半身の冷え、腰痛、関節痛、月経痛などの点が似るが、お血性の炎症や便秘、興奮性の神経症状などが異なる。
    ○加味逍遥散:上熱下冷、胃症状、整理障害や更年期障害などの点で似るが、腹痛、腰痛などの症状が少なく、神経症状が著明である点が異なる。






15)清心蓮子飲(せいしんれんしいん)=神経症、不眠症、膀胱神経症(慢性膀胱炎)によい漢方薬!
1 出典 『和剤局方』
 ●心中蓄積、時常(ふだん)に煩噪するに因りて、思慮労力、憂愁抑うつし、是れ小便白濁、或は沙漠あることを致し、夜夢走泄、遺瀝渋痛、便赤くして血の如し。(治痼冷門)
 ●或は酒色過度に因り、上盛下虚し、心火炎上、肺金剋を受け、口舌乾燥し、ようやく消渇をなし、唾臥安からず、四肢倦怠し、男子の五淋、婦人の帯下赤白。(同上)
 より深い理解のために  五淋とは、五種の淋疾のことで、石淋、気淋、膏淋、労淋、熱淋を指している。
2 腹候
 腹力中等度前後(2−4/5)。心下痼ごうを認める。
 気血水
 気水主体の気血水。
4 六病位
 小陽病。
5 脈・舌
 脈は沈細数、あるいは沈細無力。舌質は紅、乾燥、舌苔は少。
6 口訣
 ●上盛下虚というのが目標となる。上盛下虚というのは、上部の心熱が盛んになって下焦の腎の働きが弱くなり、上下の調和を失って、下焦にあたる泌尿器に症状を現わすことを意味するものである。(矢数道明)
 ●イライラと疲労感が同時にあり、陰虚して虚熱を発した状態に泌尿生殖器系の異常を伴ったもの。(道聴子9
7 本剤が適応となる病名・病態
 a 保険適応病名・病態
効能または効果
全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶるものの次の諸症:残尿感、頻尿、排尿痛。
b 漢方的適応病態
気陰両虚・心火旺。すなわち、いらいら、焦燥感、不眠、多夢、口や咽の乾燥感、口内炎、胸が熱苦しい、動悸、手のひらや足のうらのほてりなどの陰虚火旺の症候に、元気がない、疲れやすい、気力がない、食欲不振などの気虚の症候を伴う。尿量減少、濃縮尿、頻尿、排尿痛、、残尿感(淋病)、あるいは遺精、あるいは不正性器出血などがみられることも多い。
8 構成生薬
 麦門冬4、茯苓4、黄ごん3、車前子3、人参3、黄耆2、 甘草1.5 蓮肉4、地骨皮2.(単位g)
9 TCM(
Traditional Chinese Medicine)的解説
 益気滋陰・清心火・止淋濁。
10 効果増強の工夫
  いらいら、不眠などの状態が強いときには黄連解毒湯を少し混ずる。
   処方例) ツムラ清心蓮子飲  9.0g
         ツムラ黄連解毒湯  2.5g   混合し分3食前
11 本方で先人は何を治療したか?
 ●矢数道明著『臨床応用漢方処方解説』より
 尿意頻数や尿混濁、遺精や遺尿、残尿感等である。婦人の帯下で、米のとぎ汁のようなものが大量に下るというもの、また糖尿病で神経症を兼ねて体力衰え、食欲少なく、全身倦怠感を訴えるものなど。
 ●龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』より
 性的神経衰弱、夢精、無精、腎臓炎、膀胱炎、糖尿病。
 ●桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』より
 慢性膀胱炎・尿道炎、慢性腎炎や糖尿病でイライラのあるもの、性的神経衰弱者の遺精。



















 1)温経湯(うんけいとう)=不妊症、月経不順、無月経、更年期障害、女性の自律神経失調症によい漢方薬!
[構成] きゅう帰膠艾湯の類方とされているが、さらに当帰四逆加呉茱萸生姜湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸等の意味をも含んでいるといわれている。当帰・芍薬・川きゅうは血虚を治し、阿膠・麦門冬は血の枯燥を潤し、人参・ 甘草は気の虚を補い、呉茱萸・生姜・桂枝は冷えを去ってよく身体を温める。半夏は気を補い水を去り、よく嘔吐、腹中雷鳴、咳逆等を治す。牡丹皮は下腹部のお血をめぐらすはたらきがある。これらの配剤によって気血を補い、冷えを去り、燥を潤し、諸症を治すものである。

[出典]問うて曰く、婦人年五十所、下痢を病み、数十日止まず、暮れば即ち発熱し、少腹裏急、腹満、手掌煩熱、唇口乾燥するは何ぞや。師の曰く、此れの病帯下に属す。何を以ての故か、曽て半産を経て、お血少腹に在りて去らずと。何を以てか之を知ると、其証唇口乾燥するが故に之を知る。当に温経湯を以て之を主るべし。亦た、婦人少腹寒え、久しく胎を受けざるを治す。兼ねて崩中去血或は月水来ること多きに過ぎ及び期に至りても来らざるを取る。
 呉茱萸三兩 當歸 きゅうきゅう芍薬 各二兩 人参 桂枝 阿膠 牡丹皮 去心 生薑  甘草各二兩 半夏 半升 麦門冬湯一升去心 
 右十二味以水一斗煮取三升分温三服(金匱要略・婦人病)
[目標] 少陰病に属し、陰虚証のもので、婦人雑病篇に掲げられている。気血の虚より起る、手掌の煩熱口唇の乾燥、下腹部の膨満感または不快感があり、その他月経不順、不妊、帯下、不定期出血、子宮出血、腹部の冷え、腹痛、下痢、のぼせ、嘔気、咳嗽等の症候のいずれかを参考目標とする。脈も腹も力のない者が多い。腹中に腫塊がないことが条件である。

[応用]気血虚して(元気が衰え、貧血している)、寒冷を帯びる諸婦人病に用いる。すなわち、本方は主として月経不順、帯下、子宮出血、不定期出血、血の道証、更年期障害(のぼせて足冷えするもの)子宮発育不全、不妊症、流産癖、神経症、凍瘡、乾癬、手掌角皮症、手掌煩熱し、あるいは乾燥するものなどに多く用いられる。その他下痢、月経時に下痢するもの、上顎洞化膿症、虫垂炎等にも応用されることがある。
[鑑別]○当帰建中湯:煩熱、足温、腹中刺痛
○三物黄ごん湯:煩熱、四肢煩熱
○当帰芍薬散:不妊症、貧血、冷え性、手掌煩熱と口唇乾燥がない
○八味丸:煩熱、足心煩熱、渇、臍下不仁

[備考]原典では、アキョウを別包とせず諸薬と共に煎じることになっている。












 2)柴朴湯(さいぼくとう)=気管支喘息、気管支炎によい漢方薬!
柴朴湯(本朝経験方)

[構成] 小柴胡湯と半夏厚朴湯との合方である。

[出典] 傷寒五六中風、往来寒熱、胸脇苦満、黙々として飲食を欲せず或は心煩喜嘔或は胸中煩して嘔せず、或は渇し、或は腹中痛み、或は心下痞硬し、或は小便不利し、或は渇せず身に微熱あり。あるいは咳する者は小柴胡湯これを主る。(傷寒論・太陽病中)
 小柴胡湯方
 柴胡 半斤 黄ごん 三兩 人参 三兩  甘草 三兩炙 半夏 半升洗 生薑 三兩切 大棗 十二枚擘 右七味以水一斗二升煮取六升去滓再煎取三升温服一升日三服
 婦人、咽中炙臠あるが如き者は半夏厚朴湯これを主る。(金匱要略・婦人雑病)
 半夏厚朴湯方 
 半夏 一升 厚朴 三兩 茯苓 四兩 生薑 五兩 乾蘇葉 二兩 右五味以水七升煮取四升分温四服日三夜一服

[目標] 胸脇苦満も、上腹部の膨満、抵抗も、ともに軽微のもので、喘息、咳等の発作がおこりはしないかと心配する等の神経質な症状を目標とする。激しい呼吸困難はない。患者の多くは、やせ型で、胃腸があまり丈夫ではないものが多い。

[応用] 心臓神経症、呼吸困難。
 百日咳の発作をおそれる神経質な小児、精神不安と食欲の減退の傾向があるもの、百日咳の小児に用いる。喘息性発作などによる呼吸困難。
 神経衰弱、ノイローゼ、発作が起きないかと気にしすぎる、気管支喘息などによく用いられる。

[鑑別] ○大柴胡湯:胸脇苦満があって、上腹部が膨満して抵抗が強く、筋骨質の体格である。便秘の傾向があり、口渇を訴える。
 ○木防已湯:心下痞堅があり、呼吸促迫、喘鳴浮腫などがあって血色すぐれず、尿利減少のあるものを目標とする。
 ○苓甘姜味辛夏仁湯:喘息に肺気腫を兼ねて、気力、体力ともに衰えているものに用いる。




 3)葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)=鼻づまり、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)によい漢方薬!
葛根湯加川弓辛夷(本朝経験方)
[構成] 民間薬として鼻づまりや蓄膿症によく使われる辛夷と、血行を良くし、特に頭部の鬱血、充血をとり除き、気のめぐりを良くし痛みを止めるとされる作用のある川きゅうを加味したものである。

[出典] 鼻疾患に葛根湯に川きゅう・辛夷を加える。ただ、辛夷を加える出典ははっきりしない。

[目標] 葛根湯証で鼻閉、頭痛、頭部圧迫感が著しいものに本方が適応する。慢性副鼻腔炎で、記憶力思考力減退、臭覚欠如、膿様の鼻汁などに有効である。

[応用] 鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎

[鑑別] ○葛根湯:前述。
 ○小青竜湯:アレルギー性鼻炎で稀薄な鼻汁を多く出すもの、クシャミ、流涙、顔面の浮腫。
 ○辛夷清肺湯:身内乾燥し排膿困難、時に熱感や疼痛するもの。








 4)七物降下湯(しちもつこうかとう)=高血圧、眼底出血によい漢方薬!
七物降下湯(修琴堂方)
[構成] 四物湯に黄ごん・黄柏・釣藤鈎を加味して大塚氏が創製した処方である。四物湯は補血、造血、鎮静の効があり、血行をよくする(四物湯参照)。之に利尿、強壮の効ある黄耆、消炎作用のある黄柏、釣藤鈎の鎮静・鎮痙作用を加えて、虚症の高血圧症に用いる。

[出典] 15年前に大塚が創作した処方で、その頃、大塚は高血圧症で最低血圧が高く、眼底出血が反復し、下肢のしびれ、疲労倦怠、頭痛、衄血、盗汗などに苦しめられたが、この処方を用いるようになって、軽快した。その後、高血圧が慢性化して、最低血圧の高いもの、腎炎または腎硬化症のある高血圧患者に用いて効のあることを知った。(漢方診療医典・治療各論・循環器疾患・高血圧症)

[応用] 虚証ながら胃腸の働きがよい人の、血圧亢進に用いる。本態勢高血圧症、慢性腎炎、動脈硬化症。

[備考] 本方は柴胡剤や大黄剤を用いることのできない虚証に用いるが、四物湯を服用して胃腸障害を起すような人には用いられない。
○四物湯(熟地黄)の加減方であるが、ジオウは大塚の本では地黄となっている。










 5)釣藤散(ちょうとうさん)=脳動脈硬化症、脳血管障害(高血圧、耳鳴り、頭痛、不眠)によい漢方薬!
釣藤散(本事方:巻二)
[構成]この方は古方の竹葉石膏湯より竹葉と粳米を去り、釣藤・橘皮・茯苓・防風・菊花・生姜を加えたものである。すなわち虚証で気が逆上し、上部に鬱塞するのを引き下げ、鎮静するものである。
生薬の釣藤は肝気を平らかにするという。神経の異常興奮や沈滞を調節するものである。人参・茯苓はともに元気の虚を補い、精神を安定させる。菊花・橘皮・半夏・麦門等は皆気の上逆を下し、防風・菊花は上部の滞気をめぐらし、熱を清ますものである。石膏は精神を安んじ、鬱熱をさますものである。

[出典]肝厥頭暈を治し、頭目を清す。(本事方・巻二)
 釣藤 陳皮 去白 半夏 湯浸洗七遍薄切焙乾 麥門冬 略用水ゆう去心 茯苓 去皮 茯神 去木 人參 去蘆 甘菊花 去蕚梗 防風 去釵股各半兩 甘艸一分炙 石膏 一兩生 右爲そ末、毎服四錢、水一盞半、生姜七片、煎八分、去滓、温服

[目標]むかし、いわゆる疳症といった神経質のもので、気の上衝がひどく、頭痛・眩暈・肩背拘急・眼球結膜が充血し、神経症となって常に鬱陶しいものに用いる。朝方頭痛するということを目標にすることもあるが
必ずしも決定的なものではない。
 本方は愁訴の多い患者に用いられ、とくに頭痛が多く、頭重、肩こり、眩暈を訴え、さらに便秘・不眠・夜間尿・手足冷え・心下痞え・動悸・耳鳴り・のぼせ・怒りやすい・食欲不振等がある。頭痛はとくに早朝覚醒時、あるいは休息時に現れる。脳動脈硬化症のものが多い。頭痛とともに易怒性・のぼせ・耳鳴・不眠・眩暈などの神経症状が強く、また心下痞え、食欲不振等の消化器症状が見られることも興味深い。(細野史郎氏:日本東洋医学会誌)

[応用]老人の常習性頭痛、神経症、動脈硬化症、高血圧症、慢性胃炎、更年期障害等に前述の症状を目標に使用する。

[鑑別]○瀉心湯・黄連解毒湯:ともに実証に属し手足冷なし。
  注)肝厥頭暈とは肝に邪気が盛んで、上衝があり、頭痛、めまいするをいう。








 6)五苓散(ごれいさん)=慢性腎炎、ネフローゼ症候群によい漢方薬!
五苓散(傷寒論:太陽病中・下・陽明病・霍乱病、金匱要略:痰飲病・消渇病)

[構成]本方の沢瀉・猪苓・茯苓・朮は何れも体液の調整剤で、胃腸内の停水を去り、利尿をよくして浮腫をさる。沢瀉・猪苓は口渇を治し、茯苓とともに鎮静の効があり、桂枝は表熱を去り、気の上衝を治し、他薬の利尿の効を助ける。
 五苓散は胃内その他の体腔管外の水を血中に送り、血液は潤って口渇は止み、血液が潤うため自然に利尿がつき、煩躁も止んで眠れるようになるものと解釈される。

[出典]太陽病、汗を発して後、大いに汗出て、胃中乾き、煩躁眠るを得ず、水を飲まんと欲する者は、少々与えてこれを飲ましめ、胃気をして和せしむれば癒ゆ。もし脈浮、小便不利、微熱、消渇する者は五苓散これを主る。(傷寒論・太陽病中)
 発汗己って脈浮数煩渇するもの五苓散これを主る。(傷寒論・太陽病中)
 中風、発熱六七日解けずして煩し、表裏の證有り、渇して水を飲まんと欲し、水入れば則ち吐する者を名づけて水逆という。五苓散これを主る。(傷寒論・太陽病中)(金匱要略・消渇病)
 もし痩人、臍下に悸あり、涎沫を吐して癲眩するは、これ水なり、五苓散これを主る。(金匱要略・痰飲病)
 病陽に在りまさに汗を以って之れを解するに応ずるを反って







 7)越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)=関節リウマチ、痛風、尿酸値の高い人、帯状疱疹によい漢方薬!

 8)白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)=糖尿病、血糖値の高い人によい漢方薬!

 9)猪苓湯(ちょれいとう)=膀胱炎、尿路結石(頻尿、排尿痛、残尿感)によい漢方薬!

10)荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)=にきび、ふきでものによい漢方薬!

11)炙甘草湯(しゃかんぞうとう)=心悸亢進、心臓神経症、動悸、息切れ、心臓によい漢方薬!





 1)「二日酔い」にすぐ効く漢方薬は、「五苓散」です。





 2)「便秘」にすぐ効く漢方薬は、@大黄甘草湯
大黄甘草湯(金匱要略:嘔吐病)
効能又は効果  便秘
[構成] 大黄の下剤の成分であるセンノサイドは長く加熱すると分解して消炎作用が強くなる。これに甘草が入っているので消炎効果の強い便秘薬といえる。

[出典] 「食し巳れば即吐するもの大黄甘草湯之を主る。(外台方又吐水を治す)」(金匱要略:嘔吐)
 右
二味以水三升煮取一升分温再服

[目標] 強度でない便秘、大便秘結して食べた物を吐くもの。

[応用] 常習便秘
症(外の下痢で腹痛をしてしまうもの)

[鑑別] 大半夏湯・三黄瀉心湯・調胃承気湯・麻子仁

[備考] ○原典では、2回分となっている。



 A桃核承気湯です。
桃核承気湯(傷寒論:太陽病中)
効能又は効果  比較的頑丈な体質者で、のぼせや冷えがあり便秘がちのもの
月経不順、月経困難、常習便秘、高血圧症、更年期の神経症
[構成] 桃仁は実熱
の血症をつかさどるもので、桂枝と組んで下腹部のうっ血を去り、血行の障害を治すものである。かつ桂枝は甘草と協力して上衝を引き下げ、大黄・芒硝は実熱を瀉下によってさまし、気の上衝を下に誘導するものである。

[出典] 太陽病解せず、熱膀胱に結び、その人狂の如く、血自ら下る。下る者は癒ゆ。その下解せずんば、尚未だ攻むべからず。まさに先ず下を解すべし。外解しおわり、ただ少腹急結するはすなわちこれを攻むべし。桃核承気湯によろし。(傷寒論・太陽病中)
















 3)「乗物酔い」にすぐ効く漢方薬は、@乾姜人参半夏丸

 A小半夏加茯苓湯です。

 4)「こむら返り」にすぐ効く漢方薬は、「芍薬甘草湯」です。

 5)「かゆい人」には、@黄連解毒湯

 A消風散 

B当帰飲子が、すぐ効く漢方薬です。

 6)「だるい人」には、@十全大補湯 

A補中益気湯 

B人参養栄湯 

C当帰芍薬散 

D清暑益気湯が、すぐ効く漢方薬です。

 7)「食欲がない人」には、@六君子湯

 A半夏瀉心湯

 B補中益気湯が、すぐ効く漢方薬です。

 8)「眠れない人」には、@加味帰脾湯

 A抑肝散

 B酸棗仁湯が、すぐ効く漢方薬です。

 9)「肩がこる人」には、@葛根湯

 A二朮湯

 B加味逍遥散が、すぐ効く漢方薬です。

10)「冷える人」には、@当帰四逆加呉茱萸生姜湯

 A人参養栄湯

 B八味地黄丸

 C温経湯

 D当帰芍薬散

 E人参湯が、すぐ効く漢方薬です。

11)「咳が長引く人」には、@麦門冬湯

 A清肺湯

 B柴朴湯

 C半夏厚朴湯

 D参蘇飲

 E柴陥湯

 F五虎湯が、すぐ効く漢方薬です。

12)「風邪をひきやすい人」には、@補中益気湯

 A十全大補湯

 B柴胡桂枝湯が、よく効く漢方薬です。

13)「風邪をひいてしまった人」には、@葛根湯

 A麻黄附子細辛湯

 B麻黄湯

 C小青竜湯

 D葛根湯加川弓辛夷が、すぐ効く漢方薬です。

14)「手足がしびれる人」には、@牛車腎気丸

 A真武湯

 B八味地黄丸が、すぐ効く漢方薬です。

15)「認知症に伴う周辺症状」には、@抑肝散

 A釣籐散が、よく効く漢方薬です。

16)「お年寄りの諸問題」には、@牛車腎気丸

 A八味地黄丸が、すぐ効く漢方薬です。





Ads by Sitemix