薬局

自己点検項目

薬局
1.管理薬剤師等について
  (1) 管理薬剤師は他の薬事に関する実務に従事していないか。
  (2) 薬剤師は常時薬局に勤務しているか。
  (3) 管理薬剤師は調剤、医薬品の販売、授与、取扱いその他これに関連する事項について責任をもって行っているか。
  (4) 管理薬剤師は試験、不良品の処理、その他薬局の管理に関する記録を作成しているか。

2.薬局開設者の配慮等について
  (1) 薬局開設者は薬局の管理者の業務の遂行に充分配慮しているか。
  (2) 法第10条に定める変更届は遅滞なく行われているか。管理薬剤師は試験、不良品の処理、その他薬局の管理に関する記録を作成しているか。
  (3) 薬局機能情報を都道府県知事に報告するとともに、当該情報を記載した書面を薬局において閲覧に供しているか。
  (4) 薬局機能情報のうち、薬事法施行規則第11条の4に規定する「基本情報」が変更された際に、速やかに都道府県知事に報告するとともに、書面の記載を変更しているか。
  (5) 医薬品の安全使用のための責任者を設置しているか。
  (6) 従業者から薬局開設者への自己報告の体制を整備しているか。
  (7) 医薬品の安全使用のための業務に関する手順を作成するとともに当該手順書に基づく業務を実施しているか。
  (8) 医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集その他医薬品に係る医療の安全確保を目的とした改善のための方策を実施しているか。

3.店舗について
  (1) 許可証を店頭その他業務所の見やすい場所に掲示しているか。
  (2) 医薬品を通常陳列し又は交付する場所の明るさは60ルックス以上あるか。
  (3) 店舗の換気は充分か。
  (4) 店舗は清潔にしているか。
  (5) 冷暗貯蔵のための設備があるか。また、かぎのかかる貯蔵設備があるか。
  (6) 店舗は常時居住する場所及び不潔な場所から明確に区別されているか。
  (7) 面積は概ね19.8平方メートル以上あるか。

4.調剤室について
  (1) 調剤室の面積は6.6平方メートル以上あるか。
  (2) 調剤室の天井・床面は板張りかコンクリートになっているか。
  (3) 調剤台の上の明るさは120ルックス以上あるか。
  (4) 調剤室の換気は充分か。
  (5) 調剤室は清潔になっているか。
  (6) 調剤に必要な構造設備規則にある設備器具を備えているか。
  (7) 調剤用医薬品は、変質、変敗その他不良品となっていないか。
 
5.医薬品などについて
  (1) 不良医薬品等を貯蔵、陳列、販売、授与等していないか。
  (2) 不良表示医薬品等を貯蔵、陳列、販売、授与等していないか。
  (3) 医薬品と他の薬品を区別して貯蔵陳列しているか。
  (4) 冷暗所に貯蔵すべきものは必ず貯蔵しているか。
  (5) 医薬品について虚偽またはただいな誇大な広告等をしていないか。
  (6) 承認を受けていない医薬品について効能・効果等に関する広告をしていないか。
  (7) 処方せん医薬品の取扱いは正しく行われているか。
  (8) 使用期限のある医薬品について充分注意をはらっているか。
  (9) 医薬品の販売に当たって譲渡・譲受の記録をつけているか。
  (10)製造専用医薬品を直接一般消費者に販売していないか。
  (11)医薬品の適正な使用のために必要な情報提供等を行っているか。
  (12)医薬品による危害を防止するために必要な情報提供等を行っているか。

6.毒薬・劇薬
  (1) 毒薬、劇薬の表示は正しく行われているか。
  (2) 毒薬、劇薬は他のものと区別して陳列しているか。
  (3) 毒薬は鍵をかけて貯蔵してるか。
  (4) 毒薬、劇薬を一般の人に販売する場合、譲渡文書に必要事項を記載して譲受人の捺印を受けて渡しているか。
  (5) 毒薬、劇薬を医師、薬剤師等に販売授与する場合、公務所の証明によって渡しているか。
  (6) 毒薬、劇薬の譲渡記録を2年間保存しているか。
  (7) 毒薬、劇薬を14歳未満の者に交付するようなことはないか。




T 管理、運営、サービス等に関する事項

1 基本情報
 (1)薬局の名称
 (2)薬局開設者
 (3)薬局の管理者
 (4)薬局の所在地
 (5)電話番号及びファクシミリ番号
 (6)営業日
 (7)営業時間
 変更が生じた場合、速やかに都道府県知事に報告

2 薬局へのアクセス
 (1)薬局までの主な利用交通手段
 (2)薬局の駐車場
  (@)駐車場の有無
  (A)駐車場の台数
  (B)有料又は無料の別
 (3)ホームページアドレス
 (4)電子メールアドレス

3 薬局サービス等
 (1)相談に対する対応の可否
 (2)対応することができる外国語の種類
 (3)障害者に対する配慮
 (4)車椅子の利用者に対する配慮
 (5)受動喫煙を防止するための措置

4 費用負担
 (1)医療保険及び公費負担等の取扱い
 (2)クレジットカードによる料金の支払いの可否

U提供サービスや地域連携体制に関する事項

1 業務内容、提供サービス
 (1)認定薬剤師の種類及び人数
 (2)薬局の業務内容
  (@)無菌製剤処理に係る調剤の実施の可否
  (A)一包化薬に係る調剤の実施の可否
  (B)麻薬に係る調剤の実施の可否
  (C)浸煎薬及び湯薬に係る調剤の実施の可否
  (D)薬局製剤実施の可否
  (E)医療を受ける者の居宅等において行う調剤業務の実施の可否
  (F)薬剤服用歴管理の実施の有無
  (G)薬剤情報を記載するための手帳の交付の可否
 (3)地域医療連携体制
  (@)医療連携の有無
  (A)地域住民への啓発活動への参加の有無

2 実績、結果等に関する事項
 (1)薬局の薬剤師数
 (2)医療安全対策(医薬品の使用に係る安全な管理のための責任者の配置の有無)
 (3)情報開示の体制
 (4)症例を検討するための会議等の開催の有無
 (5)処方せんを応需した者(以下この表において「患者」という。)の数
 (6)患者満足度の調査
  (@)患者満足度の調査の実施の有無
  (A)患者満足度の調査結果の提供の有無

 


Ads by Sitemix