セイリン ツボ2

家庭で簡単ツボ療法
もくじ
@めまい・立ちくらみ
A動悸・息切れ
B胸・脇の痛み
C髪の悩み
D視力低下
E鼻血
F難聴
G歯痛
H口内炎
I美容
Jカサカサ肌
K高血圧症
L低血圧症
M倦怠感
N自律神経失調症
O糖尿病
P痔の悩み
Q夜泣き・かんの虫
R乗り物酔い
S二日酔い


セイリン ツボ1

家庭で簡単ツボ療法
もくじ
@からだの疲れ
A肩こり
B腰痛
C頭痛
D目の疲れ・鼻づまり
Eのどの痛み
F吐き気・嘔吐
G食欲不振・下痢
H肥満
I不眠症
Jイライラ
Kむくみ
Lのぼせ
M生理痛
N不妊症
Oつわり
P乳腺炎
Q夜尿症
R膀胱炎
S前立腺肥大


からだの疲れ
肉体的な疲れは集中力や気力を奪い、精神的な疲労感にもつながりやすいものです。日常の生活でたまってしまった疲労にはツボ療法が効果的。疲労に対する基本のツボは、みずおちとへそを結んだ線の中央「中かん」、へその真下指二本分下がったところにある「気海」、手首甲側の関節の中央「陽池」、腰の第一腰椎棘突起下から左右外側に指二本分「三焦兪」です。さらに、補助的なツボとして、足の裏で足指を曲げると最もくぼむ場所の「湧泉」、手のひらのほぼ中央で、こぶしを握ると中指と薬指が手のひらにあたるところの中間「労宮」も使うとよいでしょう。しかし、ツボ療法に頼るだけではなくまず生活のリズムを整えることも大切です。十分な睡眠と心安らぐ休憩を心がけましょう。

中かん(ちゅうかん) 中指のはらで押してみましょう
湧泉(ゆうせん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
気海(きかい) 中指のはらで押してみましょう
三焦兪(さんしょうゆ) 親指のはらで押してみましょう
陽池(ようち) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
労宮(ろうきゅう) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


肩こり
今日、OA機器の長時間使用などによって、“肩こり予備軍”は年々増えているのが現状です。そんな肩こりには、首を前に倒した状態で首の突っ張りと肩の骨を結んだ線の中間、筋肉の盛り上がった辺りの「肩井」が効果的です。また第四胸椎棘突起下より左右外側へ指四本分の「膏肓」も効果的です。肘を曲げた時にできる横しわの外端「曲池」も、いつでもどこでも手軽に使える便利なツボです。

雲門(うもん) 人差指のはらで押してみましょう
肩ぐう(けんぐう) 人差し指のはらで押してみましょう
肩外兪(けんがいゆ) 中指のはらで押してみましょう
肩井(けんせい) こぶしで貸軽く「トントン」たたいてみましょう
肩りょう(けんりょう) 中指のはらで押してみましょう
曲池(きょくち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
天宗(てんそう) 中指のはらで押してみましょう
膏肓(こうこう) 中指のはらで押してみましょう


腰痛
腰の痛みというと、昔はお年寄りのものと思われがちでしたが、最近は若い人にも多く見受けられるようです。特に、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、変形性腰椎症などを患った場合は、その痛みに音をあげてしまうことでしょう。そのような時、腰痛をやわらげてくれるツボは、腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、第四腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」、第五腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「関元兪」で、腰痛の三大ツボといわれています。さらに、へその左右外側へ指二本分にある「天枢」、ふくらはぎのほぼ中央筋肉がアキレス腱に変わる位置の「承山」、足首正面中央のくぼみ「解谿」を押さえるといいでしょう。三大ツボから順に「天枢」「承山」「解谿」と指圧していくのが治療のコツです。

天枢(てんすう) 中指のはらで押してみましょう
承山(しょうざん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
解谿(かいけい) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう
関元兪(かんげんゆ) 親指のはらで押してみましょう
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう


頭痛
風邪を引いた時はもちろん、そうでない時でも頭痛や頭重の症状は現れます。頭全体、特に頭の真が痛い時には、頭のてっぺんで、左右の耳を結んだ線と眉間から真っすぐ後ろに上がった線が交差する位置の「百会」のツボが効果的。さらに「百会」の後方指二本分の「後頂」も頭痛に効きます。また額の生え際の中心から親指幅半分上がったところの「神庭」、偏頭痛なら「神庭」から左右外側へ指二本分の「曲差」のツボを押さえてみてください。側頭部のこめかみのツボ「太陽」、も効果的です。肩こりをともなう頭痛には、首の後ろの根元と肩先を結んだ線の真ん中「肩井」を試してみましょう。また、風邪で下痢気味の時は、肘の曲がり目の親指側「曲池」、鼻水が出る時には「百会」のツボも効果的です。

曲差(きょくさ) 人差し指のはらで押してみましょう
百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
太陽(たいよう) 人差し指のはらで押してみましょう
神庭(しんてい) 人差し指のはらで押してみましょう
後頂(ごちょう) 人差し指のはらで押してみましょう
肩井(けんせい) こぶしで軽く「とんとん」たたいてみましょう
曲池(きょくち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


目の疲れ・鼻づまり
風邪を引いた際や花粉症になると鼻がつまったり、鼻水やクシャミが止まらない、目のかゆみや充血、涙目などで不快な思いをするころもあるでしょう。鼻づまりに悩まされている際にツボ療法では、まず頭のてっぺん中央にある、内目尻と鼻の根元の中間のくぼみ「睛明」、小鼻の両脇の「迎香」を押さえます。このほかにも、人差し指と親指の間のくぼみ「合谷」をいうツボが昔からよく効くとされています。また、アレルギー体質で花粉症などによる鼻づまりには首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上にある「大椎」のツボを押さえるのを忘れないようにしましょう。目のかゆみには内目尻と鼻の根元の中間のくぼみ「睛明」、目の下の「承泣」のツボを刺激してみてください。指で2〜3秒押したら離すという動作を繰り返し行うことで、徐々にかゆみが治まり、目がすっきりしてきます。ツボ療法は現代生活で失われがちな自然治癒力や免疫力を高めるためにも役立ちます。


太陽(たいよう) 人差し指のはらで押してみましょう
百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
承泣(しょうきゅう) 人差し指のはらで押してみましょう
睛明(せいめい) 人差し指のはらで押してみましょう
迎香(げいこう) 人差し指のはらで押してみましょう
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう
合谷(ごうこく) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


のどの痛み
のどが痛くて声が出せない、あるいは食べ物がのどを通らない、といった症状は風邪をひいたときなど誰もが経験することでしょう。のどの痛みを感じたら、のど仏の中心から左右外側へ指二本分で脈を触れたところにある「人迎」を軽く抑えてみてください。さらに、のど仏の下で胸の骨の上にあるくぼみの中心「天突」、そこから左右外側へ指二本分のツボ「気舎」も効果的です。風邪が原因ののどの痛みなら、風邪によく効くツボを押さえてみてください。風邪は東洋医学では、風邪という邪気が入ってきて鼻水が出たり、のどが痛くなる症状を現すと考えられています。この風邪が最初に入ってくるのが、第二胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分の「風門」というツボで、それが首の後ろの中央のくぼみと耳の後ろの骨を結んだ線の中間で左右に位置する「風池」にたまり、中央のくぼみから上へ親指幅約半分の「風府」に集まるといわれています。

人迎(じんげい) 人差し指のはらで押してみましょう
気舎(きしゃ) 人差し指のはらで押してみましょう
天突(てんとつ) 人差し指のはらで押してみましょう
風府(ふうふ) 中指のはらで押してみましょう
風池(ふうち) 中指のはらで押してみましょう
風門(ふうもん)中指のはらで押してみましょう


吐き気・嘔吐
吐き気や嘔吐は、消化器系の病気や風邪をはじめ、怖いところでは脳卒中や脳腫瘍、さらにはメニエール病などによっても起こります。このうち、いちばん多いのは、やはり胃の病気によるもの。効果的なツボとしては、まず背中の第十一胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分にある「脾兪」、さらに棘突起1つ分下の「胃兪」が有名です。また、のど仏真下のくぼみから指二本分左右両側の「気舎」も、吐き気によく効くツボとして知られています。食あたりに効きm、解毒作用があるのは、向こうずねの内側で内くるぶしから指五本分上がったところの「築賓」。各ツボを指で刺激したり指圧することで、症状を軽くすることができます。慢性胃炎に悩まされている方の場合は、灸治療を行えば一層効果を発揮するでしょう。

築賓(ちくひん) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
気舎(きしゃ) 人差し指のはらで押してみましょう
脾兪(ひゆ)中指のはらで押してみましょう
胃兪(いゆ)中指のはらで押してみましょう


食欲不振・下痢
食欲不振の時、夏場に多い食あたりや下痢症状にとてもよく効くツボがあります。食欲不振には背中の第九胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、同様に第十一胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分にある「脾兪」、背中の第十二胸椎棘突起下より左右両側へ指二本分の「胃兪」をまず指圧してみてください。 東洋医学では、食欲は「脾の臓と胃の腑」がコントロールしているといわれているからです。さらに膝下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」も効果的です。下痢には、第四腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」、第一正中仙骨稜より左右下外側へ指二本分にある「小腸兪」、へその左右外側へ指二本分にある「天枢」、そこから下へ指三本分の「大巨」が下痢に効くツボです。さらに、膝の下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」もを指圧すれば、狂っていた胃腸の機能のバランスが整います。なお「天枢」や「足三里」のツボは便秘に悩まされている人にも役立ち、覚えていると損はありません。

天枢(てんすう) 中指のはらで押してみましょう
大巨(だいこ) 中指のはらで押してみましょう
肝兪(かんゆ)中指のはらで押してみましょう
脾兪(ひゆ)中指のはらで押してみましょう
胃兪(いゆ)中指のはらで押してみましょう
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう
小腸兪(しょうちょうゆ)親指のはらで押してみましょう
足三里(あしさんり) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


肥満
標準体重({身長-100}×0.9)に比べ+20%以上を肥満といい、減量を必要とします。摂取カロリーを制限する食事療法、適度に身体を動かす運動療法に加えてツボ療法で全身の機能を整えましょう。指圧、マッサージ、灸ともに効果は大。ツボとしては頭のてっぺん中央にある「百会」、へそから真下へ指四本分の「関元」、背中では第十一胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分にある「脾兪」、第十二胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」が効果的です。また内くるぶしから上へ指四本分の「三陰交」、膝の下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」のツボもよいといわれています。」

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう
足三里(あしさんり) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
脾兪(ひゆ) 中指のはらで押してみましょう
胃兪(いゆ) 親指のはらで押してみましょう
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう


不眠症
心地よい眠りが得られない、いわゆる不眠症の原因は精神的なものが考えられますが、加えて肉体的な症状をともなう場合もあります。不眠で悩む人はみずおちから左右の脇腹にかけて重苦しい、背中が凝る、足が冷えるといった症状を訴えることが多いのも事実です。こういった際には、ツボ療法を試みてみましょう。たとえば第九肋軟骨付着部の下際「期門」、へそから指三本分下の「関元」、足の裏で足指を曲げると最もくぼむ場所の「湧泉」。さらに、首の後ろ髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右両側天柱」、第七胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分「膈兪」、同じく第九胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分「肝兪」、腰の大二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」などを刺激すると効果的です。体調が整えば気分もスッキリ、眠りもグッスリ。ツボ療法で快適な眠りと目覚めを。

期門(きもん) 中指のはらで押してみましょう
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう
湧泉(ゆうせん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう
膈兪(かくゆ) 中指のはらで押してみましょう
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう


イライラ
ストレスがたまりやすい現代社会では、何かとイライラすることも多いのでは。でもいら立ちが高じると血圧が上がって脳卒中や心臓病の引き金にもなりかねません。そんなイライラを押さえるツボがあります。頭のてっぺん中央にある「百会」と、首の後ろ髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右両側「天柱」を押さえ、頭の重さを取り除いて下さい。続いて、第七胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分「膈兪」、同じく第九胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分「肝兪」を指圧するといいでしょう。また消化器官を整えるために膝下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」、内くるぶしから上へ指四本分「三陰交」を押さえるのも効果的。肘を曲げた時にできる横しわの外溝「曲池」、人差し指と親指の間のくぼみ「合谷」も、いくでもどこでも手軽に使える便利なツボ。イライラした時にツボを押さえるこころの余裕が、気を静めてくれます。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう
足三里(あしさんり) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
膈兪(かくゆ) 中指のはらで押してみましょう
三陰交(さんいんこう) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう
曲池(きょくち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
合谷(ごうこく) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


むくみ
1日立ち仕事をしたり、座って過ごしたりして、夕方になって靴が窮屈に感じたことはありませんか?これは血液の循環が悪くなったことによって起こる足のむくみの一種です。こんな場合、ツボ療法が効果的です。腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、さらに正中仙骨稜第二仙椎 棘突起下より左右外側へ指二本分のところにある「膀胱兪」は特に腎臓に関わる症状の場合に効果的です。へそから親指幅分上の「水分」、へその左右外側へ指二本分にある「天枢」、手首甲側の関節の中央「陽池」、内くるぶしから上へ指三本分でアキレス腱の縁に位置する「復溜」なども、ぜひ押さえてみてください。一方、むくみがひどい場合、軽い血行障害ではなく他に原因があることなども考えられますから、、専門医に相談するなど、症状に応じた対応を取ることも肝心です。

水分(すいぶん) 中指のはらで押してみましょう
天枢(てんすう) 中指のはらで押してみましょう
復溜(ふくりゅう)  指全体を使いもみほぐしてみましょう
陽池(ようち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう」
腎兪(じんゆ)  親指のはらで押してみましょう
膀胱兪(ぼうこうゆ) 親指のはらで押してみましょう


のぼせ
精神的な興奮や、自律神経の失調などの体調の変化が原因で起こる「のぼせ」。その他、高血圧や更年期障害の症状として、血圧や血液循環に異常がある時にもみられます。頭と顔がのぼせ手足が冷えているのが特徴で、東洋医学では、「上熱下寒」といい、天(頭)と地(足)のツボをそれぞれ刺激し、血の巡りを天地の境のへその位置に整えるようにします。天部では、頭のてっぺん中央にある「百会」、首の後ろ髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右外側「天柱」、さらにその外側のくぼみに位置する「風池」などが有効。地部では、内くるぶしから上へ指四本部「三陰交」、さらに上へ指三本分からややふくらはぎよりに位置する「築賓」がよく効きます。そのほか、へそから指四本分下の「関元」、そこから左右外側へ指三本分よりやや上に位置する「大巨」なども下半身の血行をよくし、のぼせを抑える効果があります。ツボ療法と同時に「足浴」をすることも効果的。ご家庭で試してみてはいかがでしょう。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう
風池(ふうち)中指のはらで押してみましょう
大巨(だいこ) 中指のはらで押してみましょう
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう
築賓(ちくひん) 指全体を使いもみほぐしてみましょう指全体を使いもみほぐしてみましょう
三陰交(さんいんこう)指全体を使いもみほぐしてみましょう


生理痛
生理痛や月経不順は、女性特有の大きな悩みです。下腹の張りや痛み、頭痛、肩こり、腰痛、のぼせ、足の冷えなど、症状は人によってさまざま。一般に月経の周期は25〜36日以内といわれていますが、この範囲を超えて短かったり長かったりしたら、注意が必要です。そうした方は、気軽にできるツボ療法をまず試してみてください。腰の第二仙椎棘突起下から左右に指四本分のところにある「胞膏」は、特に子宮をつかさどるツボとして婦人病治療には欠かせません。さらに、へその真下指二本分下がったところにある「気海」と指六本分下がったところにある「中極」も、婦人病によく効くツボです。また、ひざ上の内側のくぼみ上端の「血海」、内くるぶしから上へ指四本分「三陰交」も月経周期を整え、整理に伴う不快な症状を緩和する働きがあります。

気海(きかい) 中指のはらで押してみましょう
中極(ちゅうきょく) 中指のはらで押してみましょう
胞膏(ほうこう) 親指のはらで押してみましょう
血海(けっかい) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
三陰交(さんいんこう) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


不妊症
巷間、「子宝に恵まれる」という言葉は耳にしますが、望んでいても「恵まれない」ケースもあるのでは。そんな時、ツボ療法が効果を発揮する事があります。不妊症は、婦人科臓器に支障がない限り、一般的に言って虚弱体質や冷え性の方に多いようです。頭がのぼせて足が冷える、といった症状には、背中の第四胸椎棘突起の下から左右指四本分の場所「膏肓」、手首甲側の関節の中央「陽池」、足のうちくるぶしから上へ指四本分「三陰交」などのツボがもってこい。このほか、婦人科の病気に対しては、腰に位置する「三焦兪」、「胞膏」、へそから指四本分下の「関元」などが有効。しかし、不妊症においては、精神的な状態も大事な要素のひとつとして考える事ができます。日常生活のうえでの“ツボを押さえる”ことも重要なことではないでしょうか?

壇中(だんちゅう) 中指のはらで押してみましょう
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう
三陰交(さんいんこう) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
膏肓(こうこう) 中指のはらで押してみましょう
三焦兪(さんしょうゆ) 親指のはらで押してみましょう
胞膏(ほうこう) 親指のはらで押してみましょう
陽池(ようち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


つわり
TVドラマなどで、女性が突然吐き気を訴え、周りの人間が「妊娠?」と騒ぎ出すシーンがしばしば見受けられます。このように妊娠初期特有の悪心、嘔吐感をつわりといい、軽症のものを含めると妊娠の50〜60%に認められるそうです。妊婦にはとてもつらいつわりですが、ツボ療法でこの状態を多少なりとも和らげることができるでしょう。まず、背中の第十二胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分の「胃兪」、みずおちとへそを結んだ線の中央「中かん」、手首内側の中央から上へ指三本分の「内関」、膝の下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」のツボを押さえてみてください。このツボ刺激により、だいぶ楽になるはずです。特に胃気虚弱な人は、妊娠による月経停止にとって気が胃を突き上げ(上逆)、かなり強い悪心・嘔吐の症状が現れますが、ツボ療法を行うことで胃の機能を正常な状態に戻すことができます。

中かん(ちゅうかん) 中指のはらで押してみましょう
足三里(あしさんり) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
内関(ないかん) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
胃兪(いゆ) 親指のはらで押してみましょう


乳腺炎
母乳授乳中に乳頭の亀裂や乳汁」滞留などによって起こるのが乳腺炎。乳首の傷からブドウ球菌などの化膿菌が入って感染します。乳房が腫れて堅くなったり、痛みもひどく、38度前後の発熱も。炎症の激しい場合は専門医の受信が必要ですが、比較的軽い場合にはツボ療法を試してみるのも一手です。基本となるツボのひとつは、まず肘を曲げた時にできる横しわの外溝「曲池」。そして、人差し指と親指の間のくぼみ「合谷」。さらに、足の甲で親指と第二指が組み合わさるtところの前のくぼみ「天宗」などが効果のあるツボとして知られています。これらのツボは、いずれも爪楊枝などで刺激するといいでしょう。また、症状の初期のうちは、搾乳を怠らないと共に、乳首を清潔にしておくことが肝心です。

壇中(だんちゅう9 中指のはらで押してみましょう
曲池(きょくち) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
合谷(ごうこく) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
太衝(たいしょう) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
天宗(てんそう) 中指のはらで押してみましょう


夜尿症
漫画などで、庭先に干した布団の前で子どもが立っている、そんな光景を何度も繰り返してみた経験があります。「おねしょ」してしまうのは、小さいお子さんの常。いわゆる夜尿症です。同症状は、冷え性の子供に多くみられます。ツボ療法では、腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、そこから外側へ指二本分の「志室」、腰の第二仙椎棘突起下より左右外側へ指二本分のところにある 「膀胱兪」、へそから指四本分下の「関元」、さらに指二本分下の「中極」などが効果的なツボとして知られています。足にも効果的なツボが存在します。膝の下の外側のくぼみから指四本分下の「足三里」、足の親指の爪生え際の小指側「太敦」など。就寝前の水分摂取を控え、排尿を済ましておく、また日中の定期的な排尿習慣を養うことも大切。幼児期の「おねしょ」に関しては、精神的な部分も多いといわれています。ツボを押さえるという行為が子どもに対するスキンシップにつながるなら、それは意味があることなのでは?

関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう
中極(ちゅうきょく) 中指のはらで押してみましょう
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう
膀胱兪(ぼうこうゆ) 親指のはらで押してみましょう
志室(ししつ) 親指のはらで押してみましょう
足三里(あしさんり) 指全体を使いもみほぐしてみましょう
太敦(たいとん) 指全体を使いもみほぐしてみましょう


膀胱炎
冷房の効いた職場が増えていることもあって冷え性に悩まされている女性は、かなり多いことでしょう。その冷えが原因で膀胱炎になるケースも見られます。一般に膀胱炎になると尿の回数が増え、残尿感や痛みを伴うこともありますが、そんなときにツボ療法は効果があります。腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、腰の第二仙椎棘突起下より左右外側へ指二本分のところにある「膀胱兪」、そこから外側へ指二本分の「胞膏」などが効果的。へそから指六本分下の「中極」、そこから左右両側へ指二本分「水道」は尿の出を正常にします。内くるぶしから上へ指四本分「三陰交」は、足の冷えを和らげます。ただし、ツボ療法が適するのは冷えから来る膀胱炎の場合で、細菌感染による症状には向きません。体の保温を心がけ、安静を保つことも重要です。指圧とともに灸療法を行うとより効果的でしょう。

水道(すいどう) 中指のはらで押してみましょう。
中極(ちゅうきょく) 中指のはらで押してみましょう。
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしたみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。
膀胱兪(ぼうこうゆ) 親指のはらで押してみましょう。
胞膏(あぶら) 親指のはらで押してみましょう。


前立腺肥大
50歳を過ぎたあたりの中年から初老にかけて、男性に多く現れる症状のひとつが前立腺肥大症です。そうすると、排尿が困難となり、残尿感に悩まされます。年齢と共に前立腺が肥大して尿道を圧迫し、尿が出にくくなるのですが、ツボを刺激することで次第に改善することが可能です。腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、腰の第二仙椎棘突起下より左右外側へ指二本分のところにある「膀胱兪」、へそから左右両側へ指一本半分の「膏兪」、へそから指四本分下の「関元」、さらに指二本分下の「中極」などが効果的なツボとして知られています。いずれにせよ、年齢とともに訪れる人間の老化現象の一種ですから、ツボ療法で不快な症状が進むのを抑えると同時に、あまり気に病まず気長につき合うのが肝心。継続してツボ療法を行うことで徐々に効果が現れてきます。



地黄のはなし

加工法によって異なる地黄の薬効
生地黄(=掘り取った生のもの) 中医学では「清熱涼血」(熱を冷まし、血中に停滞している熱を下げる)の効用があります。

乾地黄(=乾燥したもの) 中医学では「涼血滋陰」(血中に停滞している熱を冷まし、からだに潤いと栄養を与える)の効用があります。

熟地黄(=蒸したもの) 中医学では「補血滋陰」(量や質が不足、低下している血液を補強し、からだに潤いと栄養を与える)の効用があります。

地黄と漢方
 地黄は、保健強壮薬、尿路疾患用薬、皮膚疾患用薬、婦人用薬、数多くの漢方生薬に配合されています。

●瓊玉膏 
●八味地黄丸
●十全大舗湯
●消風散
●当帰飲子
●潤腸湯

 老化のシグナルにも地黄は有効 こんな症状出ていませんか?「まだまだ自分は若い」と油断せずにちょっとチェックしてみましょう。
□疲れやすい
□冷え症である
□顔色が悪い
□体力がなくなってきた
□食欲があまりない
□貧血ぎみ
□不安感・健忘がある
□痩せ始めた
□風邪をひきやすい
□目が乾く
□口が渇く
□肌荒れしやすい
□動悸・息切れする
□インポテンツである

●0〜1項目  今の状態をキープできるようにしましょう。
●2項目以上  老化のシグナルがでています。体質に合った漢方を服用しましょう。

解説
チェック項目であげた老化のシグナルともいうべき症状は、中国医学で腎虚といわれ、内分泌系や免疫機能などの機能低下により起こります。腎虚に有効な生薬として名高いのが地黄。上手に利用して、健康や若々しさを維持しましょう。


地黄と血液改善について  さまざまな薬効がある地黄ですが、なかでも血流を改善し、血液をキレイにする働きは大きく注目されています。

 ◎赤血球変形能を高める
変形能が低下すると血液がつまりやすくなります。⇒変形能が高まると血液がキレイに流れます。
 赤血球は毛細血管より大きいため、赤血球自身が変形能を使って血管を通っていきます。地黄はこの変形能をサポートし、血流悪化を改善します。

 ◎血栓を溶解する
血栓⇒不要な血栓は溶ける
 線溶系機能を高めることにより、不要な血栓を溶かして血液をキレイに整えます。

 ◎血管を拡張する
静脈系の血流を亢進させることで、血圧を上げずに血液の流れをサポートします。

その結果
 動脈硬化 高脂血症 貧血 糖尿病 脳出血 脳梗塞 心筋梗塞 しびれ いたみ 冷え
地黄は血行不良が原因でおこるさまざまな生活習慣病を予防します。

地黄って?
地黄は漢方薬として使われるゴマノハグサ科アカヤジオウの根。古くは河南省で、現在は山西症で主に栽培されています。
その薬効は中国最古の薬草の本である「神農本草経」にも記載されており、「あらゆる関節痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、内臓の損傷を治し、血行がわるくなって起こる麻痺、しこりを取り除く」と明記されています。日本に渡来したのは天平時代、最初は奈良県で栽培が始まりました。その名残から、奈良県の橿原市には今も「地黄町」という名が残っていますが、現在の主産地は北海道。信州製薬で使っている地黄も全て北海道で、契約栽培により丁寧に育てられています。そのなかでも薬用として使われるのは、根が大きく肥大し、水に入れると完全に沈む比重の重いものだけ。血流改善作用や利尿作用などさまざまな薬効で、今では多くの漢方薬に配合されています。

地黄の薬理作用
利尿作用-鈴木良雄「日薬理誌」60.550(1964)

血糖降下作用-閔丙祺「日薬理誌」11.22.181(1930)
/北川勲ら「薬誌」91.593(1971)
/木方正ら「薬誌」112.393(1992)

静脈血流増加作用
皮膚組織血流増加作用
脾臓組織血流増加作用
血圧降下作用
-松田秀秋ら「和漢医薬誌」12.250(1995)



瓊玉膏  パナックス・ケイギョク  第2類医薬品
専用釜でじっくり熟成させた7つの生薬を配合 

1 生地黄(ショウジオウ) 利尿作用があることから葛根紅花湯、竜胆瀉肝湯(排尿痛・残尿感)などの漢方薬に処方されます。
2 薬用人参(ヤクヨウニンジン) 保健強壮薬、健胃薬として、体力低下、冷え、多汗を防ぐ目的で漢方処方に配合されます。
3 茯苓(ブクリョウ) 利水(水分代謝の調整)の目的で、五苓散(尿量減少の症状)などの漢方薬に、健胃の目的で茯苓飲などに用いられます。
4 蜂蜜(ハチミツ) 滋養強壮に用いられ、鎮吐薬などの処方に配合されています。
5 地骨皮(ジコッピ) 清熱の効果があり、肺熱による咳喘、吐血に応用されるほか、高血圧の治療に使用されます。
6 麦門冬(バクモンドウ) 鎮咳・虚痰、炎症の軽減、滋養強壮を目的とした処方に配合されます。地黄と配合すると、麦門冬の薬力を助けます。
7 天門冬(テンモンドウ) 滋潤・滋養の目的で、滋陰降火湯(鎮咳・去痰)などの漢方に配合されます。

瓊玉膏は、養生薬として歴代の中国皇帝や徳川将軍家に愛用されてきた漢方薬。厳選した7つの生薬の薬効がじんわりと体を巡り疲れや手足の冷え、胃の不調を和らげながら本来の健康な状態へ導いていきます。

効能・効果
□冷え性 手や足の指先、肩や腰が冷えてつらい方に。
□肉体疲労 つかれやだるさが取れにくく、活力がわかない方に。
□胃腸虚弱 消化器官が弱く、消化不良や胃もたれ、下痢を起こしやすい方に。
□虚弱体質 疲れやすく、季節の変わり目に風邪などにかかりやすい方に。
□病後の体力低下 病中、病後で体力をつけたい方、体力の低下が気になる方に。
□食欲不振 食欲がない方、食べたいのに食べられない方に。
□血色不良 顔色が悪い方、肌につやがなくカサカサ乾燥している方に。
□発育期 育ち盛りの子供、思春期の中高生に。

飲み方
基本は1回10g(添付スプーン1杯分)を1日に2回服用してください。
 お湯に溶かして  スプーンからそのまま 小児は大人の半分の量を


瓊玉膏安心のヒミツ
北海道で国産契約栽培
 パナックス・ケイギョク〈瓊玉膏〉の主成分、生地黄が栽培されているのは、北海道の十勝平野。信州製薬では専業農家との契約栽培により、ひとつひとつ丁寧に育てられた生地黄を使用しています。
防腐剤不使用のこだわり製法
 防腐剤を使わない製法も特徴のひとつ。水や添加剤を使わず、地黄の搾り汁と生薬のみを合わせ、専用釜で加温します。そのまま1週間かけて薬剤を熟成。安心できる漢方をお届けしています。
600g 15,750円   210g 6,300円   20g オープン価格




吉祥蘇霊廣
笑顔の暮らし お酒が好き  ストレス 忘れっぽい  ご用心!メタボで、気分たそがれ

いつまでも健康でいたい!
やり続けたいこと、一緒にいたいひと

  名称:動植物性加工食品
  原材料名:田七人参、乳糖、蘇合香、霊芝・蜜柑果皮エキス、蛇胆、ショ糖エステル、安定剤(セルロース、繊維素グリコール酸Ca)、微粒二酸化ケイ素
  内容量:90g(180mg×10粒×50袋)
内容成分:2袋中(1日分)
  田七人参1,500mg/霊芝400mg/蘇合花80mg/蜜柑果皮40mg/蛇胆20mgを含有します。
 健康補助の食品として、1日2袋を目安にお召し上がりください。

安全性実証試験済み
◆残留農薬◆
「残留農薬一斉分析(メタミドホスを含む最大241種類)」を始めとする検査を実施しており、より安全で安心な製品を提供いたします。

◆毒性試験◆
安全性を確認するためマウスを用いた「単回経口投与毒性試験」を実施し、安全性を確保しています。


◆からだが、なかなか言うことを聞いてくれない
◆いまひとつ元気がわかない
◆今後のからだに、不安がある
 お腹のまわり、気になりますか? パワー不足を感じますか?
 ドキドキ不安を感じますか?  休肝日は必要ですか?

あなたの健・康・生・活
 田七人参  人参と並ぶ貴重な植物素材が、雲南省特産の「田七人参」です。ウコギ科ニンジン属、播種後3〜7年でようやく収穫出来る事から三七人参とも呼ばれます。
 霊芝  中国では「神芝・祥芝」、日本では「吉祥茸・幸茸」と呼ばれ、幸運を呼ぶ素材とされます。サルノコシカケ科マンネンタケに分類されます。
 蘇合香  芳香・清涼感を持ちます。マンサク科植物の樹脂、ムスク(麝香)と同様化粧香料にも使われます。
 蛇胆  マムシ一匹からわずか0.1gしか採取できない貴重な素材です。
 蜜柑果皮 柑橘類の香りは、ひとをさわやかな気分にさせてくれます。



1 いつまでも若々しく、健康を守る『吉祥蘇霊廣』
●心臓肝臓の不安・高血圧高血糖・ストレス・肌の不調などに、田七人参のちから●

 吉祥蘇霊廣は、“肝炎に有効な秘薬”と言われる中国製剤「片仔廣(へんしこう)」をモデルに設計した健康補助食品です。血液サラサラに、ストレスが多い暮らしに、心臓・肝臓に不安がある方に、田七人参から始まる健康生活を。

【内容成分】田七人参1,500mg 霊芝400mg 蘇合香80mg 蜜柑果皮40mg 蛇胆20mgを含有(20粒中)
【服用方法】1日2袋を目安として、お召し上がり下さい。(健康補助食品)

品名     
 用量       容量       希望小売価格    標準仕切価格   JAN
吉祥蘇霊廣  10粒×50袋    9,800円      5,880円     4987457201050

血液サラサラ生活に、田七人参!
 高貴薬剤として知られる田七人参は、その有効性から「金不換(お金にも換えられないほど貴重なもの)」と呼ばれています。それを主にした健康補助食品を考えた場合、中国製剤・片仔廣の構成成分(田七人参麝香・牛黄・蛇胆)の中で、日本で医薬品に分類される「牛黄・麝香」は配合する事が出来ません。けれど、それらと同様な開竅効果を示す「蘇合香(そごうこう)」をパートナーに加え、一匹のマムシから採取できるのが0.1g程と言う希少な「蛇胆」と、更に高貴薬(上薬)に位置している「霊芝(れいし)」等を原料にしています。
 配合素材の「田七人参」は、高麗人参と同じウコギ科の植物。「肝を保護し、血流を調節する(活血・止血の両方の作用がある)。身体を温める」働きが知られています。「蘇合香」は強い芳香を持つ植物で、この突き抜けるような香りで気分の塞がりや血流の滞った部分に穴を開ける作用(開竅作用)があります。また「蘇合香・蛇胆」は漢方的に「心」に働きかける組み合わせで精神的なストレスやイライラした気分を改善します。

「吉祥蘇霊廣」は、弊社が自信を持ってお勧めする健康補助食品で、現代病と言われる諸症に利用できます。高血圧・高血糖・血の巡りが悪い、なんだか疲れが抜けない等々、健康に不安を感じている方にお奨め致します。

 ご推売いただいているお得意先様からの情報を「からだ安心読本@」に掲載しておりますので詳しくは、弊社営業員までお尋ねください。

※生活習慣により血のトラブル(血虚・お血)は増加します。夜更かしをせず、適度な運動を心掛けるようご指導ください。


メタボリック予防に!(血糖降下、脂質代謝改善)
「吉祥蘇霊廣」は、肝障害モデル・糖尿病モデルに対するラット試験でGOT・GPT値の上昇抑制、血糖降下作用及び脂質代謝改善作用(中性脂肪代謝改善と遊離脂肪酸代謝改善)を確認しています。
また残留農薬一斉分析(メタミドホスを含む最大241種類)を始めとする検査を実施しており、安全性を確認する為、マウスを用いた単回経口投与毒性試験も実施し、安全性を確保した安全・安心な製品として提供しております。


四季の養生法について(素問)
冬の養生法
 冬は「閉蔵」の季節と呼び、この3カ月は万物の生機が閉じこもります。至る所で川が凍り、地が裂け、天の陽気は万物から遠ざかります。冬の養生法は「夜は早く寝、朝はゆっくり起き、日の出日没に伴って起居する」「欲望を潜めながら、すでに遂げたような満足感を持つ」「体内の陽気を洩らさない様に、寒い刺激を避け、体を暖かく包む」事。これに背くと、冬によく活動する腎気が傷みます。すると、翌春に足がしびれ腰が曲がる病気になるのです。

春の養生法
 春は「発生」の季節と呼び、すべての物が芽生え、天池間の万物は生き生きと栄えます。春の養生法は「夜更かしをしてもかまわないが、朝は早く起きる」「朝、庭をゆったりと散歩し、髪の結びをほぐして、体をのびのびと動かす(春に芽生えた万物と同様に、心身とも生き生きと陽気を発生させる)」「天地間の陽気を胸いっぱいに取り込み、体内の陽気を大事に育てる」事。これに背くと、」春によく活動する肝気が傷みます。すると、夏になって寒性の病にかかりやすいのです。

夏の養生法
 夏は「生長」の季節と呼び、この3カ月は天地間に陰陽の気が盛んに交流します。陽気が多く発生するので、万物がどんどん成長し咲き栄えます。夏の養生法は「夜は遅く寝、朝は早く起きる」「日の長さと暑さを厭う事なく、物事に怒らずに気持ちよく過ごす(夏に満開になる花と同じ様に、体内の陽気を程良く発散させる)」事。これに背くと、夏によく活動する心気が傷みます。すると、秋になって瘧(おこり)になるのです。

秋の養生法
 秋は「収斂(しゅうれん)の季節と呼び、、万物が熟成して収穫されます。空からは徐々に強い風が吹き、大地には粛清とした気配が漂います。秋の養生法は「鶏と同様に、早寝早起きをする」「心を安らかにし、陽気を潜め、天地の粛殺した気の影響を和らげる」事。これに背くと、秋によく活動する肺気が傷みます。すると、冬には下痢がちになるのです。



2 花粉症・鼻の治療チャート

鼻水〈透明)-苓甘姜味辛夏仁湯   温肺化痰・平喘止咳《金匱要略》




セイリン ツボ3

家庭で簡単ツボ療法
もくじ
@眼精疲労
A腕・手の痛み
B膝・足の痛み
C太り過ぎ
D痩せすぎ
Eしもやけ
F風邪
G花粉症
H肌の荒れ・皮膚の異常
Iじんま疹
Jニキビ・吹き出物
K夏バテ
L冷え性
M寝違い
Nねんざ・こむら返り
O便秘・下痢
P脱毛・髪の異常
Qストレス
Rノイローゼ
Sヒステリー

ツボの押し方の基本
ツボを押す時は、強すぎず、ほどよく気持ちのいい刺激で3〜5秒押すのが効果的です。
【押す】 中指のはらを使って押す方法です。
【押す】 親指のはらを使って押す方法です。
【押す】 人差し指のはらを使って押す方法です。
【押す】 親指の先を使って押す方法です。
【もむ】 手のひら、指全体を使ってもみほぐす方法です。
【たたく】 こぶし、手のひらを使い軽く「トントン」たたく方法です。


眼精疲労
行楽時のロングドライブともなると、遊びを満喫したあとの帰りの運転中、どうしても疲れが出てきます。特に目の疲れは、動体視力や視野、集中力に影響するので十分な注意が必要です。ちょっと車を止めてツボを刺激してみるのもいいでしょう。眼精疲労によく効くツボは、眉毛の内端のくぼみび位置する「攅竹」、眉毛の外側の端のくぼみに位置する「絲竹空」、内目尻と鼻の根元の中間のくぼみに位置する「晴明」、目尻外側のくぼみに位置する「瞳子りょう」、これら4カ所のツボを軽い力で2秒くらいゆっくり押してみてください。軽い疲れ目程度なら、回復するはずです。また、目の奥が痛い時には目尻の外側でややくぼんだ所に位置する「太陽」のツボを強く押し、さらに目が充血した際には頭のてっぺんに位置する「百会」をこねるように指圧してください。

絲竹空(しちくくう) 人差し指のはらで押してみましょう
太陽(たいよう) 人差し指のはらで押してみましょう
瞳子りょう(どうしりょう) 人差し指のはらで押してみましょう
攅竹(さんちく) 人差し指のはらで押してみましょう
晴明(せいめい) 人差し指のはらで押してみましょう
百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう


腕・手の痛み
年齢とともに腕や手に痛みしびれを感じる、首の頸椎が老化してくると、手首が伸びない、物が握れないなどといった症状がでてくることがあります。そんな腕や手の症状に効果的なツボは、首の後ろのすぐそばに位置する「肩中兪」と鎖骨のくぼみに位置する「欠盆」、上腕の手のひら側の乳首と同じ高さに位置する「侠白」、肘のほぼ中央の親指側に位置する「尺沢」、肘の小指側に位置する「曲沢」があります。さらに、こぶしを握ると中指と薬指が手のひらに当たる中間に位置する「労宮」、手首の関節の小指よりの端に位置する「神門」、肘を曲げてできるしわの外側に位置する「曲池」、親指と人差し指の間のくぼみに位置する「合谷」なども効果的です。若くても手首を激しく使う人の場合、手首の痛みやしびれが起こりますが、これは筋肉の疲労。この際も前述のツボを指圧するといいでしょう。

欠盆(けつぼん) 人差し指のはらで押してみましょう
侠白(きょうはく) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
曲池(きょくち) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
合谷(ごうこく) 親指の先で押してみましょう
尺沢(しゃくたく) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
曲沢(きょくたく) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
神門(しんもん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
労宮(ろうきゅう) 親指の先で押してみましょう
肩中兪(けんちゅうゆ) 中指のはらで押してみましょう


膝・足の痛み
スポーツやトレーニングに励んだり、普段体を動かさない人が急な運動をした時には、決まって膝や足が痛くなるもの。膝がだるい、足全体が痛む、むくむといった症状は関節に問題がある場合や筋肉疲労が原因です。そうした際に効くツボとしては、膝の皿の内側のへりから指三本分上に位置する「梁丘」が挙げられます。膝の皿のすぐ下の内側のくぼみに位置する「内膝眼」、外側のくぼみに位置する「外膝眼」、膝の裏のくぼみの真ん中に位置する「委中」も効果的。足の痛みに関しては、腰の第四腰椎作棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」、ふくらはぎのほぼ中央で筋肉がアキレス腱に変わるところに位置する「「承山」、足首の正面中央のくぼみに位置する「解谿」が有効です。スポーツ等で傷めた時には早めのツボ療法が、そうした症状をやわらげてくれます。
梁丘(りょうきゅう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
血海(けっかい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
外膝眼(がいしつがん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
解谿(かいけい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
大腸兪 親指のはらで押してみましょう
血海(けっかい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
内膝眼(ないしつがん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
委中(いちゅう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
承山(しょうざん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう


太りすぎ
過度の肥満は万病のもと。高血圧症や動脈硬化・心臓病など成人病の原因にもなりかねません。ですが、無理なダイエットなどもまた、病気の原因を引き起こしたり、体調を崩す原因となります。体に過度の負担をかけることなくやせるためには、ツボ療法も選択肢の一つです。まず、腰の第二腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」は体調を整え、ホルモンの分泌を正常にしますから、このツボを中心に指圧を行います。さらに背中の第十一胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「脾兪」、腰の第二仙椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「膀胱兪」、胸の第九肋軟骨付着部の下側に位置する「期門」、へそから左右外側へ指五本分よりやや上に位置する「大巨」、内くるぶしから上へ指四本分に位置する「三陰交」、足裏で足の指を屈して最もくぼむところに位置する「湧泉」などのツボも、全身の機能をコントロールし、太りすぎ解消に役立ちます。ただし、療法に頼っているだけではダメ。カロリーの取り過ぎや運動不足を解消することと併せてツボ療法を行ってこそ効果が生まれます。
期門(きもん) 中指のはらで押してみましょう
大巨(だいこ) 中指のはらで押してみましょう
脾兪(ひゆ) 中指のはらで押してみましょう
膀胱兪(ぼうこうゆ) 親指のはらで押してみましょう
湧泉(ゆうせん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう


痩せすぎ
「スマートでいいわね」といわれても実際はやせ過ぎで悩んでいて、素直に喜べない方も多いはず。一言で痩せすぎといっても、食欲不振・病気・太れない体質など原因は様々です。ツボ療法にはそれぞれのケースに効果があるので、一度試してみてください。食欲不振の時は、背中の第十一胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「脾兪」、第十二胸椎棘突起下から左右両側へ指二本分に位置する「胃兪」、のど仏真下のくぼみから左右外側へ指二本分に位置する「気舎」、向こうずねの内側の膝下に位置する「地機」のツボが効果的。病気、たとえば糖尿でやせてきたら、首の後ろの根元、第一胸椎棘突起上に位置する「大椎」を指圧します。体質でやせ過ぎの場合、背中の第七胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、腰の第二腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」で体力をつけ、膝下の外側のくぼみから指四本分に位置する「足三里」で胃腸を丈夫にし、さらに内くるぶしから上へ指四本分に位置する「三陰交」で肝臓・脾臓の機能を整えると良いでしょう。

気舎(きしゃ) 人差し指のはらで押してみましょう。
地機(ちき) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう。
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
胃兪(いゆ) 中指のはらで押してみましょう。
足三里(あしさんり) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。 
脾兪(ひゆ) 中指のはらで押してみましょう。


しもやけ
しもやけになると、指がかゆくなったり指先がひび割れていたかったり、苦労するものです。しもやけになったら、まず体調を整え、体内の血液循環を改善していくことが肝心です。ツボとしては、内くるぶしから上へ指四本分の「三陰交」、へその左右外側へ指二本分にある「天枢」、首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上に位置する「大椎」、第三胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肺兪」、第九胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、第二腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、第四腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」などが効果的。しかし、しもやけになったら、ツボに頼るだけでなく体力の回復を図ることが大切なことを肝に銘じておきましょう。

天枢(てんすう) 中指のはらで押してみましょう。
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
大椎(だいつい)  中指のはらで押してみましょう。
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。


風邪
「風邪は万病のもと」とはよく言われる言葉です。風邪くらい大丈夫…というおごりが、重大な事態を引き起こす例は多々あります。東洋医学の治療法のツボの中に第二胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分の「風門」があります。第三胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分にある「肺兪」 というのは息苦しさを和らげる作用のあるツボで、ドライヤーを使った温熱刺激も効果的です。風邪に伴う鼻水や鼻づまり、咳などの症状を和らげる肘から手首まで3分の1降りたやや親指よりのところにある「孔最」、首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上にある「大椎」、頭の重さを緩和する首の後ろの中央のくぼみから上へ親指幅約半分の「風府」など、人体には様々なツボが存在します。ただし、発熱して風邪の本格的な症状が現れたら、専門医の診断を受けることも忘れずに。

孔最(こうさい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
風府(ふうふ) 中指のはらで押してみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
風門(ふうもん) 中指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。


花粉症
花粉症の時期、街ゆく人や職場の同僚などの中にマスク姿を見かけるのはそう珍しいことではありません。かぜをひいているのかな?と思うと、花粉症に代表されるアレルギー性びえんというケースも多いようです。鼻水、鼻づまりなど花粉症の諸症状で悩まされている時は、ぜひツボ療法を試してみましょう。不思議とアレルギー体質の人に共通して背中上部の一点で強い痛みを感じますが、これが首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上に位置する「大椎」で、指先でゆっくり時間をかけてもみほぐすのが効果的です。この症状では、鼻づまりの際には頭のてっぺんに位置する「百会」、内目尻と鼻の根元の中間のくぼみに位置する「睛明」、小鼻の両脇に位置する「迎香」を指圧してみてください。また足の外側のくるぶしと膝のほぼ中央に位置する「飛陽」も、昔から鼻づまりに効くツボとして知られています。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう。
飛陽(ひよう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
迎香(げいこう) 人差し指のはらで押してみましょう。
晴明(せいめい)人差し指のはらで押してみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。


肌の荒れ・皮膚の異常
カサつく、ザラザラするといった肌の荒れを治すためには、やはり全身の体調を整える事が基本。先天の気(人間が生まれたときから備えている生体のエネルギー)が宿るといわれる腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、後天の気(飲食物から得るエネルギー)が宿るといわれる第一腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「「三焦兪」を刺激してみましょう。手首の甲側の関節の中央に位置する「陽池」、足の内くるぶしのすぐ後ろに位置する「太谿」は、内臓の状態を整え、栄養を体中に行き渡らせるのに効果的なツボです。へそから指四本分下に位置する「関元」も胃腸の働きを整えます。アレルギー体質からくるじんま疹や湿疹には、首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上に位置する「大椎」、しみ、そばかす、いぼなどの皮膚の異常には、背中の第三胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肺兪」と鎖骨の外側のくぼみから指一本分下に位置する「中府」、皮膚病には手首の小指側の骨の隆起のところに位置する「養老」が効果的。それぞれの症状にあったツボ療法をしてみましょう。

中府(ちゅうふ) 中指のはらで押してみましょう。
太谿(たいけい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。
三焦兪(さんしょうゆ)
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。
陽池(ようち) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
養老(ようろう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。


じんま疹
食べたものでじんま疹がおき“かゆい”思いをした人も多いはず。これはアレルギー体質が原因の場合が多いものです。じんま疹以外でも、湿疹・ニキビ・吹き出物・そばかす・いぼなどの皮膚の異常に悩む人は多いでしょう。首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上に位置する「大椎」はアレルギー体質に効果があるツボとしてよく知られていますこの場合、指圧でもよいのですが、ドライヤーを使った温熱刺激も効果的です。さらに背中の第三胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肺兪」、第九胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、第十二胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「胃兪」、鎖骨の外側のくぼみ下に位置する「「中府」、手首の小指側の骨の隆起のところに位置する「養老」といったツボも皮膚病に効果を発揮します。

中府(ちゅうふ) 中指のはらで押してみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう。
養老(ようろう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
胃兪(いゆ) 親指のはらで押してみましょう。


ニキビ・吹き出物
「ニキビは青春のシンボル」などとはいってもニキビは悩みの種。また、吹出物も、特に女性にとっては美容上からしても決して好ましいものではありません。これらの皮膚の異常に直接・間接的に作用するツボとして背中の第三胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肺兪」、第七胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」があります。さらに鎖骨の外側のくぼみから指一本分下に位置する「中府」、手首の小指の付け根に位置する「養老」、手のひら側の手首の親指側に位置する「太淵」などのツボも非常に効果的です。ニキビや吹き出物のほか、じんましんや湿疹といった皮膚の疾患はアレルギー体質の人がかかりやすいため、同体質の改善に効果がある首の後ろの根元、第一胸椎棘突起上に位置する「大椎」を刺激するといいでしょう。

中府(ちゅうふ) 中指のはらで押してみましょう。
太淵(だいえん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。
養老(ようろう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう。


夏バテ
夏を迎え、暑さが増してくるととたんに体力が衰えてくることがあります。それが、いわゆる夏バテ。“駅やデパートの階段などですぐ息切れするな”と感じたら、鎖骨外端下のくぼみから指一本分下がったところに位置する「中府」のツボを押してみてください。指先で体の芯に通るほど強く、3〜5回繰り返します。さらに首と胸の境目のくぼみに位置する「天突」というツボも、同様に効果的です。疲れやすい体質を東洋医学では“腎虚”と呼ぶので、腎臓の機能を高めるのも体力回復につながります。腰の第二腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」、第一腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「三焦兪」といった個所が、顕著な効き目があるツボとして知られています。ムシムシ暑い日本の夏ですが、健康管理に役立つこれらのツボを利用して、元気に乗り切りましょう。

天突(てんとつ) 人差し指のはらで押してみましょう。
中府(ちゅうふ)中指のはらで押してみましょう。
三焦兪(さんしょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。


冷え性
人が急な温度変化に対応できるのは5℃以内といわれています。外気温と室内気温の差が、その境目を超えると…。自律神経機能が低下して、いわゆる冷房病に。夏を迎え、屋外から冷房の効いた室内へ移動する機会が多い夏の時期、冷え性対策に万全な備えを。冷え性に効くツボとしては、へその両外側に位置する「肓兪」があります。さらに腰の第四腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」、第一仙骨椎棘突起下から斜め下へ指一本分に位置する「上りょう」も骨盤内の臓器を整える上で効果的です。特に足が冷えるという場合には、足裏で足の指を屈して最もくぼむところに位置する「湧泉」のツボも効果的。冷房の冷たい風邪を頭・首・上背部に受けると頭痛・肩こり・風邪の元になり、鼻の弱い人は鼻炎に、呼吸器の弱い人は喘息になりやすいので要注意です。

湧泉(ゆうせん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
肓兪(こうゆ) 中指のはらで押してみましょう。
上りょう(じょうりょう) 親指のはらで押してみましょう。
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。


寝違い
朝、起きたらなんか首のまわりがヘン。左右に首を回そうとすると痛みが走る。そんな経験、どなたも一度ならずとも味わったことがあるでしょう。そんな時m、ヘヤードライヤーが一役買ってくれます。首の後ろの太い筋肉と耳の後ろから首の前にある胸鎖乳突筋を触り、押すと強い痛みを感じる場所にドライヤーの熱風を気持ちよい程度で当ててみてください。ドライヤーの温熱効果で筋肉が緩み、痛みを和らげてくれます。寝違いを予防するには、普段からツボを指圧しておくのも効果的。肩が凝りやすい人は、首の後ろの根元と肩先を結んだ線の真ん中に位置する「肩井」、首の後ろ髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右外側に位置する「天柱」、首の後ろの中央のくぼみと耳の後ろの骨を結んだ線の中間で左右外側に位置する「風池」などを日常指圧していれば、ひどい寝違いも防げるはずです。

風池(ふうち) 中指のはらで押してみましょう。
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう。
肩井(けんせい) こぶしで軽く「トントン」たたいてみましょう。


ねんざ・こむら返り
足首や手首の関節が動ける範囲を通り越して無理に引っ張られた時に起きるのがねんざ。こむら返りは、ふくらはぎが痙って起こる筋肉の硬直した状態。ねんざの時は、まず腫れが引くまで十分冷やしてから、ツボを押さえます。手首の場合は、手首の甲側の関節の中央に位置する「陽池」、その小指寄りのくぼみに位置する「陽谷」、手のひら側の手首の中心に位置する「大陵」が効果的。足首の場合には、外くるぶしのすぐ後ろに位置する「崑崙」、足首の正面中央のくぼみに位置する「解谿」、内くるぶしのすぐ後ろに位置する「太谿」のツボを押さえて下さい。こむら返りの時は、膝の裏のくぼみの真ん中に位置する「委中」、腰の第四腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」、ふくらはぎのほぼ中央で筋肉がアキレス腱に変わるところに位置する「承山」、を指圧するといいでしょう。ねんざの時は冷やして腫れが引いたら温めること。こむら返りの時は温めてからツボを押さえましょう。スポーツ中のねんざもこむら返りも、予防するためには準備運動を欠かさないことが肝心です。

大陵(たいりょう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
太谿(たいけい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
解谿(かいけい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
陽池(ようち) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
崑崙(こんろん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
委中(いちゅう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。
陽谷(ようこく) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
承山(しょうざん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。


便秘・下痢
女性にとって“天敵”とも言える便秘(?)。経験しないと分からない不快感を取り除くツボの一つが「大巨」です。腹の中で一番高いところにあり、へその左右外側へ指三本分、そこからさらに下に指三本分の位置に四本指を当てて、両手を八の字に形にして、ゆっくりと圧を加えましょう。胃腸の気の機能を左右する要という意味の「天枢」も便秘に効果的。へその左右外側へ指二本分のところに位置し、膝を曲げて腹筋を緩めてから、四本指で便秘の時はやや強く、下痢の時には弱く数回押さえます。洋式トイレに腰掛けたら、四本指で腰の第四腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」のツボをもみながら排便するのも効果的です。


天枢(てんすう) 中指のはらで押してみましょう。
大巨(だいこ) 人差し指のはらで押してみましょう。
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。


脱毛・髪の異常
髪にツヤがなくなったり、抜け毛や白髪などの髪のトラブルは、中高年だけでなく、若い人でも心身のストレスから発生することがあります。いずれの場合も、若々しい髪であるためには、体調を整えることが基本となります。頭のてっぺんに位置する「百会」は頭の皮膚の栄養をよくします。首の後ろの根元、第一胸椎棘突起の上に位置する「大椎」、背中の第三胸椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「肺兪」、腰の第二腰椎棘突起下から外側へ指二本分に位置する「腎兪」、へそから親指幅分下に位置する「陰交」は、体全体の機能の調和を図ります。手首の甲側の関節の中央に位置する「陽池」、内くるぶしのすぐ後ろに位置する「太谿」は、ともに全身の血液の循環を良くします。これらのツボへの指圧またはマッサージ、灸を気長に続けてみましょう。 とくに「百会」を中心に頭皮のマッサージを毎日心がけて下さい。そのほか、首の後ろの髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右外側に位置する「天柱」、へそから指三本分下に位置する「関元」、手の甲側の親指と人差し指の間のくぼみに位置する「合谷」のツボも効果的です。

陰交(いんこう) 中指のはらで押してみましょう。
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう。
陽池(ようち) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
合谷(ごうこく) 親指の先で押してみましょう。
太谿(たいけい) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう。
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう。
大椎(だいつい) 中指のはらで押してみましょう。
肺兪(はいゆ) 中指のはらで押してみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指の先で押してみましょう。


ストレス
忙しい日々が続いてからだと心にストレスを抱え込んでいませんか?適度のストレスは心臓病や脳卒中の引き金になりかねません。まずイスにゆったり腰掛けて目を閉じ、大きな息を吐きながら、親指をのぞいた四指でみずおちを5〜8秒押してください。さらにわき腹のあばら骨に沿って、指が骨の内側に入るように3〜4回繰り返して押し、続いてへそとみずおちの真ん中をグっと押すと効果てきめん。頭のてっぺんに位置する「百会」、背中の第七胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「膈兪」、第九胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「肝兪」、腰の第二腰椎棘突起下から左右外側へ指二本分に位置する「腎兪」のツボも効果的です。また足の膝下外側のくぼみから指三本分下に位置する「足三里」、内くるぶしから上へ指四本分に位置する「三陰交」も有効。このツボ療法によって、体の緊張がほぐれ、神経の高ぶりも静まります。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう。
膈兪(かくゆ) 中指のはらで押してみましょう。
肝兪(かんゆ) 中指のはらで押してみましょう。
腎兪(じんゆ) 親指のはらで押してみましょう。
三陰交(さんいんこう) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
足三里(あしさんり) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。


ノイローゼ
ヒステリーや神経衰弱など主に心因的な症状を示すノイローゼ。ですが、身体的にも様々な症状が現れる場合が多々見られます。一番現れやすいのは、心臓を中心とした循環器系と胃腸炎に代表される消化器系の障害です。そうした際にツボ療法を行う場合、背中の第四胸椎棘突起下から左右外側へ指二本分のところに位置する「厥陰兪」で動悸や息切れなど循環器の症状を取り除き、みずおちとへそを結んだ線の中央に位置する「中かん」で胃腸の調子を整えます。また、頭痛を伴う場合には、頭のてっぺんに位置する「百会」、首の後ろ髪の生え際にある二本の太い筋肉の左右外側に位置する「天柱」を、便秘の際には、へそから指三本分下に位置する「関元」、腰の第四腰椎棘突起下より左右外側へ指二本分に位置する「大腸兪」などを刺激すると効果的です。病は気から―ストレスが多い現代社会ですが、心にゆとりを持つこともノイローゼに関わる様々な症状を防止する一助となるでしょう。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう。
中かん(ちゅうかん) 中指のはらで押してみましょう。
関元(かんげん) 中指のはらで押してみましょう。
天柱(てんちゅう) 中指のはらで押してみましょう。
厥陰兪(けついんゆ) 中指のはらで押してみましょう。
大腸兪(だいちょうゆ) 親指のはらで押してみましょう。


ヒステリー
東洋医学では、「ヒステリー」は五志(怒喜思憂恐などの感情)の乱れにより“気”と“血”の巡りが悪くなることで起きる症状だといわれています。同症状には効果的なツボを押さえ、気分のリラックスや血液の循環を良くすることで、状態が改善するケースもあるでしょう。ツボとしては、頭のてっぺんに位置する「百会」がキーポイント。胸の両乳首を結んだ線の真ん中に位置する「だん中」、へそから指四本分下の「関元」、足の膝下外側のくぼみから指三本分下に位置する「足三里」、てのひら側手首の関節で小指より端の「神門」などが効果的。また背中の棘突起下から左右外側へ指二本に位置する縦に並ぶツボ群を押さえ、体の緊張をほぐすことも有効。頭に血がカッとのぼる、そうした際の対処法は・・・体だけでなく心もリフレッシュすることが肝心です。

百会(ひゃくえ) 人差し指のはらで押してみましょう
だん中(だんちゅう) 中指のはらで押してみましょう。
関元 ((かんげん) 中指のはらで押してみましょう。
神門(しんもん) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。
足三里((あしさんり) 指全体を使い、もみほぐしてみましょう。




Ads by Sitemix