心臓病と生活習慣病


心臓病と生活習慣病
〜自己管理が大事です〜

手軽に血糖測定
家庭で血圧測定


生活習慣病tと心臓病

生活習慣病により動脈硬化が加速
 食生活の欧米化やライフスタイルの変化に伴い、高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満などの生活習慣病の患者さんが増えています。生活習慣病は初期にはほとんど自覚症状はありませんが、放置したままでいると動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞といった心臓病の引き金となる恐ろしい病気です。心臓病や生活習慣病を予防するためには、ふだんから血圧や血糖値をチェックするとともに、悪い食習慣、喫煙、過労、ストレス、運動不足といった生活習慣を改善することが大切です。


メタボリックシンドロームとは?
 生活習慣病は一人がいくつも合併しているケースが多く、危険因子が複合した状態では、動脈硬化が進行しやすく、狭心症や心筋梗塞などの心臓病になる危険がさらに高まります。こうした病態は、かつては、「死の四重奏」「シンドロームX]などといわれていましたが、最近では「メタボリックシンドローム」と呼ばれています。
 このほど、日本循環器学会など8学会から発表されたメタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト周囲径をはじめ、血圧や血糖値といった家庭でも手軽に測定できるものが基準となっています。定期的に病院で健康診断を受けるだけでなく、毎日の“自己管理”も心がけてください。

メタボリックシンドロームの診断基準

 内臓脂肪蓄積
ウエスト周囲径 男性85p以上 
          女性90p以上
(内臓脂肪面積が男女とも100cu異常に相当)
上記に加え、以下のうち2項目以上に当てはまる場合は、メタボリックシンドロームです。

脂質代謝異常
トリグリセリド(中性脂肪)150mg/dL以上
かつ/また
HDL(善玉)コレステロール 40mg/dL未満 男女とも

血圧高値
収縮期血圧 130mmHg以上
かつ/また
拡張期血圧 85mmHg以上

血糖値
空腹時血糖値 110mg/dL以上



メタボリックシンドロームが心臓病の引き金に!
〜端野・壮瞥町研究より〜

 北海道の端野町・壮瞥町の住民を対象に行われている免疫調査によれば、心筋梗塞を起こした人の多くは、高血圧や糖尿病、肥満といった生活習慣病をもっている人でした。
 住民の中で、いくつかの危険因子が重なったメタボリックシンドロームの人は、40歳以上の男性で26.4%、女性で8.8%もおり、メタボリックシンドロームに該当しながら高血圧や糖尿病の治療を受けていない人もそれぞれ17.6%、5.5%いました。
 同町での長期間にわたる追跡調査から、メタボリックシンドロームの人は、そうでない人に比べ、心臓病になる危険が高くなることがわかっています。



高血圧と家庭血圧測定

高血圧は“サイレントキラー”
 生活習慣病の中でも高血圧の患者さんは最も多く、その数は約3500万人といわれています。
 高血圧は自覚症状なく進行し、気づかないうちに心臓病や脳卒中、腎不全などを引き起こす恐ろしい病気で、欧米では「サイレントキラー(静かなる殺し屋)」ともよばれています。年齢とともに増加し、50歳では2人に1人ともいわれる高血圧は、社会の高齢化に伴い、今後さらに増加が予想されています。

脳出血 脳梗塞
心筋梗塞 狭心症 心肥大 心不全
腎不全

血圧が高いとどうなるの?
 血圧とは、心臓から送り出される血圧が全身へと流れて行く際、動脈の血管にかかる圧力のことです。心臓に近いほど血圧は高く、末梢血管にいくほど低くなります。
 血圧が高い状態が続くと、心臓はいつも強い力で血液を押し出さなければならないため、筋肉を肥大させ力を振り絞りますが、やがて機能が低下して心不全を起こしてしまいます。また、高血圧では血管の壁に強い圧力が加わるため、動脈硬化が進行しやすくなり、血管が硬くもろくなって、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。

どこからが高血圧?
 心臓が収縮したときの値を収縮期血圧(最高血圧)、心臓が拡張したときの値を拡張期血圧(最低血圧)といいます。日本高血圧学会の基準では、収縮期血圧が140mmHg、拡張期血圧が90mmHgの両方か、または一方でも超えていれば、高血圧として治療が必要としています。高血圧の手前の正常高値血圧でも、動脈硬化は進行するため、生活習慣を改善して血圧を下げる努力をしましょう。

高血圧の原因と生活の改善
 高血圧には、心臓、腎臓などの病気が原因で起こる「二次性高血圧」と、原因がはっきりわからない「本態性高血圧」があります。高血圧の約9割は本態性高血圧といわれ、遺伝的な要因に、肥満、運動不足、塩分の摂りすぎ、喫煙をはじめ、ストレスや過労、飲みすぎなどの生活習慣などが加わることで発症するのではないかと考えられています。

肥満
高血圧だけでなく糖尿病、高脂血症などすべての生活習慣病の原因となります。動物性脂肪が多い、高カロリー、高コレステロールの食習慣を見直しましょう。

運動不足
軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を1日30分以上行いましょう。ストレス解消法としても効果的です。

塩分の摂りすぎ
食塩の摂取量をできるだけ減らし、高血圧の人は1日6g 、そうでない人も10g以下を目標にしましょう。

喫煙
たばこを吸うと、血圧は急激に上昇します。禁煙を心がけましょう。


血圧は変動しています
 血圧は1日中変動しています。睡眠中の血圧は低く、食事や喫煙、入浴、排泄などによって高くなります。日常動作のほか、血圧は年齢や性別、季節や気温、緊張、健康状態などによって大きく左右されます。

危険な仮面高血圧
 血圧は刻々と変化しているため、病院で測る「外来血圧」が正常だからといって、高血圧ではないと安心できません。ふだんは正常血圧でも、医師などの白衣を着た人に測定されると、緊張して血圧が上がってしまう「白衣高血圧」もその一例です。
 その逆で、最近では、外来血圧は正常なのに、家庭では家庭では高血圧の「仮面高血圧」の人も多いことが分かってきました。仮面高血圧では、心筋梗塞や脳卒中の発生頻度が、きちんと血圧をコントロールできている人の約3倍も高いといわれています。
 外来血圧測定だけでは見逃されやすい仮面高血圧を見つけるためにも、家庭での血圧測定が大切なのです。

血圧を上げる動作とは?
 ●熱い風呂に入る
 ●たばこ・お酒
 ●寒暖の激しい場所に行く
 ●興奮したり怒ったりする
 ●ふとんから急に起き上がる
 ●激しい運動をする


正しい家庭血圧測定の方法
 家庭血圧計が普及し、誰でも簡単に血圧測定を行えるようになりました。家庭血圧計は、上腕で測るタイプの機種を選び、毎日同じ時間に測定するようにします。測定した血圧値は、薬剤の選択や服薬の量、時間など、診断や治療の参考となりますので、すべて記録して、受診の際に医師に見せてください。

家庭血圧測定の手順
 @座って安静にする
 Aアームインタイプ:肘が出るまで腕を通す  カフタイプ:肘の上(指2本分)にカフを巻く
 B測定開始ボタンを押す
 C血圧手帳に測定値を記録する
 
測定の条件
<朝>・起床後1時間以内・排尿後
   ・座って1〜2分の安静後
   ・降圧薬服用前・朝食前

<晩>・就床前
   ・座って1〜2分の安静後

●上腕で測るタイプの血圧計を選びましょう
●測定値はすべて記録しましょう

家庭血圧測定の基準
家庭で測る血圧は、外来血圧よりも低めになります。
家庭では、135/85mmHg以上が高血圧になります。

早朝高血圧は家庭血圧測定がカギ
 高血圧の人の多くが、早朝から午前中にかけて血圧が高くなる「早朝高血圧」です。この時間帯には心筋梗塞や脳卒中の発作も多いといわれています。起床してすぐの運動や喫煙は控えましょう、。また、高血圧の治療を受けている人でも、降圧薬効果が朝まで持続せず、早朝高血圧になる場合があります。病院では見つかりにくい早朝高血圧。家庭血圧測定が早期発見のカギになります。



糖尿病は「血管病」

糖尿病はどんな病気?
 糖尿病は、膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンというホルモンが不足したり、分泌パターンが悪くなり、血液中のブドウ糖が異常に多くなる病気です。通常、糖尿病は自覚症状なく進行するため、放置しているうちにさまざまな合併症を引き起こし、心臓病や脳卒中などの命を脅かす病気の引き金となります。

つぎのいずれかに該当する場合、糖尿病型と判定されます
 @早期空腹時血糖値126mg/dL以上が確認された場合
 A随時血糖値200mg/dL以上が確認された場合
 B75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)de2時間値200mg/dL以上が確認された場合

 〈75gOGTTによる判定区分と判定基準〉

       血糖測定時間

      空腹時            負荷後2時間     判定区分

 血  126mg/dL以上 または  200mg/dL以上  糖尿病型
 糖
 値   糖尿病型にも正常型にも属さないもの        境界型
 
 静  110mg/dL   および   140mg/dL     正常型
 脈    未満                未満  
 血
 漿

◆日本人の糖尿病患者の推移
 増え続ける糖尿病
 糖尿病患者は増加の一途をたどり、「予備軍」もあわせるとその数は1620万人にものぼります。
 これほど多い病気にもかかわらず、治療を受けている人は未だ少ないのが現状です。


糖尿病と動脈硬化
予備軍でも心臓病に!
 糖尿病の3大合併症(網膜症・腎症・神経障害)はよく知られていますが、糖尿病は全身の血管が障害されてゆく「血管病」でもあることはあまり知られていません。血糖値が高いと、血管が傷ついたり、つまりやすくなって、動脈硬化が進行します。心臓に血液を送っている冠動脈で動脈硬化が進行します。
心臓に血液を送っている冠動脈で動脈硬化が起こると、心筋梗塞や狭心症などの心臓病の原因となるほか、脳卒中も起こります。
 動脈硬化は血糖コントロールが少し悪いだけの状態から進行するため、糖尿病の人だけでなく、予備軍の人でも、血糖値が正常な人に比べると、心臓病にかかる確率が高いことがわかっています。また、高血圧や肥満など他の生活習慣病があれば、動脈硬化はいっそう早く進むといわれています。

◆糖尿病の合併症
三大合併症
 糖尿病網膜症
 糖尿病腎症
 糖尿病神経障害

 ●立ちくらみ
 ●神経痛
 ●下痢・便秘
 ●排尿障害
 ●四肢のしびれ
 ●こむら返り・・・など

脳卒中(脳梗塞など)
心臓病(心筋梗塞 狭心症 不整脈など)

痛みのない心臓病にご用心
激しい胸の痛みを伴うといわれる心筋梗塞や狭心症。しかし、糖尿病による神経障害を合併していると、痛みが強く現れないため、心臓からの危険サインを見逃してしまう危険があります。症状がなくても、定期的な受信を心がけましょう。

血糖値はどうして高くなるの?
 食後、体内にブドウ糖が取り込まれると、血糖値は上昇します。すると、膵臓から速やかにインスリンが分泌され、ブドウ糖は肝臓や筋肉などの全身の細胞に取り込まれ、血糖値は下がるため、血糖値は上がりすぎることなくほぼ一定の範囲で変動します。
しかし、インスリンが十分に分泌されなくなると、血糖値を抑えることができなくなり、高血糖の状態が続くようになります。

血糖コントロールの目安は?
 血糖値は食事や運動のほか、その日の体調によっても左右されます。食べすぎた時に、勝手に薬を中止することはよくありません。重要なことは、生活習慣を改善し、血糖値をチェックしながら、きちんとした治療を受けることです。

できるだけ、「優」または「良」を目標にしてください。
◆血糖コントロールの目安」
コントロールの評価とその範囲

     
     指標        ヘモグロビンAlc(%)      空腹時血糖値(mg/dL)    食後2時間血糖値(mg/dL)

     優              5.8未満          80〜110未満          80〜140未満ン   
     良            5.8〜6.5未満        110〜130            140〜180未満ト    
       不十分        6.5〜7.0未満        130〜160         180〜220未満
     可  不良          7.0〜8.0未満    
     不可            8.0以上            160以上            220以上価とその範囲


血糖自己測定のすすめ
 体重や血圧と同じように、血糖値も家庭で簡単に測定することができます。とくに、糖尿病予備軍の人、家族が糖尿病の人、太っている人、40歳以上の人などは、糖尿病を予防するためにも、血糖自己測定を行い、血糖値を把握して、きちんとコントロール  することが大切です。
 血糖自己測定器は、高度管理医療機器等販売業許可のある薬局などで購入することができます。
 家庭で手軽にできる検査として、尿をかけるだけで尿糖や尿タンパクを検査できる尿試験紙もあります。

血糖値はいつ測ればいいの?
 測定時間は糖尿病のタイプによっても異なり、朝食前や就寝前、空腹時、食後など、さまざまです。糖尿病の初期には、食後の短時間にしか高血糖にならない「食後高血糖」のみの人もいますので、夕食後1〜2時間後血糖値も測ってみましょう。

血糖自己測定の手順
@チップ(試験紙)を測定器にセットする(内蔵型の機種もあります)
A穿刺具で採血する
B血液をチップに吸引する
C測定がはじまり血糖値が表示される

こんなに簡単!
家庭での尿検査
@「尿試験紙」を知っていますか?
 尿糖、尿タンパク、尿潜血が測定できる試験紙は、薬局で購入することができます。
A検査は簡単
 試験紙に1秒、尿をかけるだけ。
Bいつ測るの?
 尿糖は食後2時間くらい、尿タンパク、潜血は朝一番の尿がよいでしょう。
 
 陽性反応が毎回出るようなら、医療機関を受診してください。











Ads by Sitemix